リバイアさんとネフシュたん ~へブル人への手紙を護る者~

聖書囮化作戦立案

エピソードの総文字数=4,947文字

 レギオンの基本訓練の一部を終えた一行は、自分らの存在が魔物や近隣住民に暴露しないように、居場所を変えるべく再移動を開始した。
 トラクターカーゴは多脚歩行システムであるために道を選ばない。
 平坦地では車輪と履帯によって走破し、それ以外の険阻な場所は多脚歩行システムに切り替えて、文字通り道なき道を乗り越えていく。そこに地面がありさえすれば、どんな場所でも移動できるのが強みだ。そもそも古代のパレスチナの地に道というものはほとんどなく、あったとしても獣と人が兼用するただの路だ。山間部に至ってはもはや人跡未踏である。
 トラクターカーゴが通った痕跡を残さないために、UAV(無人航空機)が後方から併進し、バキュームで吸い上げた土や埃を上から散布してそれを隠蔽する。
 こうしてしばらくは順調に平坦な道を自動運転で進んでいたトラクターカーゴだが、突如強烈な横風が発生し、緊急アラームを警報し、停車した。
 ボーは慌てて簡易椅子から立ち上がり、背を伸ばして窓の外をにらんだ。

「今日はいつもより特に風が強いな。どうしたんだ」
「私も今まで見たことがありません。ただ、分析に結果によると危険性はあまりないようです」

 どんよりと曇った空は、強烈な風によって徐々に地平線との境界を覆い隠し、辺り一面が瞬く間に灰色一色に染まっていった。

「なんだか、嫌な雰囲気だ」
「この地域ではあまり見られる光景ではありませんが、特に珍しい気象現象ではないはずです」
「それならいいけどな」
「何か気になりますか?ご主人様」
「いや、魔物がこちらの様子をうかがっているようにも感じられなくもない」
「確かに、雰囲気的にはそういう感じですが、でもそれは考えすぎです。まだ緒戦にも至ってないので緊張なさるのはわかりますが」

 ボーは、ネフシュの言葉に幾分落ち着いたのか、椅子に着座しなおすと、今後の作戦についてネフシュに相談を始めた。

「とりあえず強風が収まって視界が回復するまで、ここで一時停車しよう。その間、簡単な作戦について打ち合わせしておきたい」
「わかりました。その前に何か飲み物でもご用意しますか」
「そうだな、今日の分のボトル紅茶と森永の塩キャラメル、それと栄光堂のゼリコ二つを出してもらえるかな」
「かしこまりました」

 ボーは、メモ用の生徒手帳と時空転送された幼馴染の聖書を取りに個室へと戻っていった。その間に、ネフシュは手慣れた様子で即座にボトル紅茶を開封加熱した後、ティーカップと茶請けの小皿を整えた。

「ご主人様、用意できました。こちらへどうぞ」
 
 ボーは個室から用具を携えて戻ってきて簡易テーブルにつこうとしたとき並べられたカップに目が留まった。

「カップが二つもあるが?ネフシュたんも飲むのか?」
「はい、今日は私もいただこうかと思いまして」
「機械でも飲食するんだっけか?」
「いえ、さすがに食はいたしませんが、飲なら必要に応じて行うこともできるのです」
「今日は紅茶を飲みたい気分なのか」
「そういうときもありますが、今日の理由は二つです」
「理由が二つもあるのか」
「まず一つ目は、私のボディ冷却は人工皮膚からの放熱と、循環冷却液によって行われています。この循環冷却液の補充です」
「なるほどな、でもそれなら何も紅茶のような不純物が入ったものより単なる水の方がいいんじゃないのか?」
「はい、水の方が適していますが、水はここでは貴重品です。水以外の液体でもフィルター機能があるので紅茶でも問題はありません。そしてこれが理由の二つ目になりますが、ご主人様にお付き合いしたいという気持ちから紅茶を飲もうと思ったのです」
「そうか、気遣いありがとうな。確かに一人だけってのは味気ない。だが、僕はそういうのには慣れてるよ。むしろぼっちが気が楽でいいくらいだ」
「それなら、ご一緒しない方がよろしいでしょうか」
「いやいや、そうじゃない、ネフシュたんの気遣いとは別のことさ。冷めないうちに飲もう」
「いただきます、ご主人様」

 ボトル紅茶の単純な味わいが舌にしみわたるわずかの間に、ボーはおぼろげに考えた。

 相手の気持ちになって行動決定するという処理プロセスには、いったいどのような変数がどれだけ定義され、最終的に合理的判断として出力されるのだろうか、いやそもそも相手の気持ちに立つというような曖昧で不確定な処理が合理的判断にいったいどれほど寄与するものだろうか。人間でさえ、脳が直接処理をしなければならないハードな処理だというのに……。
 しかし、考えた込んだところで今の状況には、それこそ何も寄与しない。
最初の一杯目を飲み終えたとき、ボーは話題について切り出した。

「この聖書を使った囮作戦で、思惑通り魔物は、のこのこと僕らの前に姿を現すだろうか」
「それは何とも言えません。というのも、この時代、つまり紀元65年には新約聖書はまだ成立していないのです。
「どういうことなんだ?」
「諸説ありますが、新約聖書に収められることになる27の文書は、紀元200年あたりまでには全て出揃います。そこでようやく今日見るような聖書の基本が出来上がるわけです。
一方、旧約聖書は39の書物からなっていて、最も古い時期のもので紀元前800年くらい前、おおよそ紀元前200年くらいまでにまとめられたと言われています」
「なるほど、それで?」
「旧約聖書に比べると、新約聖書は、成立までの時間は短いと言えますが、これだけの書物が突然に出来上がったのではありません。ですから、聖書イコール手紙ではないのです。魔物がこの聖書を見つけたところで、聖なる書物だとは思わないかもしれません。それに当時の手紙は羊皮紙を使っていますが、この聖書は印刷された漂白紙です。直筆の持つ聖なる権威はないでしょう。むしろ魔物は偽物かと思うかもしれません」
「おいおい、話が違うじゃないか。お前さんが、囮に使えるって言ったから時空転送してもらったんだろう?」

「ご主人様、話は最後まで聞いてください。確かにこの聖書自体はヘブライ人への手紙の代用としての囮にはなり得ません。しかし、この持ち主の切なる神への祈りと信頼、希望、愛といった強い信仰心が、この聖書から認められます。
魔物は、こうした聖なるものを破壊するのが習性ですから、きっと必ずこの聖書の持つ神への信仰心に魔物は引き寄せられます」

 ボーはネフシュの話を聞きながら、幼馴染の聖書に視線を移した。古びた表紙、彼女が引いた線、すり減った角、色褪せた聖書カバー。その様子を改めてみてみると、この聖書のやつれ具合は単なる経年劣化だけではなく幼馴染が最初の持ち主ではないことを物語っていることに、ここにきてようやくボーは気が付いた。
 この聖書は、幼馴染の母親あるいは祖母以前から受け継いだのかもしれないのだ。
 
「わかった、仮に囮として有効だとしよう。では具体的にどういう風にこの聖書で罠を仕掛けるかだ」
「ご主人様には何かすでに作戦でも?」
「まず、魔物自体の情報が少なすぎる現状では、手紙を持った使者の護衛戦闘が最初の会敵機会ということはあり得ない」
「おっしゃる通りです」
「よって、魔物の会敵は数段階を経ることが必要になってくる。そのためには、UAVで哨戒し、まずは魔物の行動を把握することが先決だ」
「UAVの作戦行動範囲は100㎞以上ありますので哨戒は十分に可能です」
「魔物の正体を把握したうえで、トラップを仕掛ける。正攻法だが、聖書を目立つように山岳の突端辺りに設置して、その周囲に地雷を埋設、行き場をなくしたところを、レギオンで包囲攻撃し、魔物の動きを封じたところで遠距離から急所を狙撃する、という作戦はどうだ?」
「さすが、オンゲのシューターですね。まずはそれが一番の方法かと思います。待ち伏せしながら、こちらが有利な場所へ相手を引き込んで、一方的に攻撃を加えるのは、狙撃の基本です」
「だがそう単純にうまくいくか、だな」
「やってみないとわかりません」
「それと、いつどこでヘブル人への手紙を持った使者が、この付近を通るかだ」
「それは作戦上、大変重要なポイントです」
「場合によっては、近隣の都市まで行って、二人で現地民の格好しながら情報取集する必要も出てくるだろう」
「その覚悟はできております」
「現地民といっても、見慣れない我々の姿を見れば、こちらを警戒するだろうし、余計な騒ぎを立てれば魔物にも感づかれてしまう。それに、ローマ軍の駐屯部隊に報告されでもしたら、さらにことは厄介になる」
「できるだけ隠密行動が基本ですね」

「だが、ネフシュたん。ここで、ふと全く別の疑問が生じてきたんだが……」
「何でしょうか?」
「今こうしてヘブル人への手紙を護ろうとしているが、実際に、この聖書の中に、その手紙が編纂されているよな」
「されていますね」
「ということは、僕あるいは他の誰かが護り抜いた、っていうことじゃないのか?」
「確かに。そのような疑問を抱くのは当然です。いわゆるドラえもんのパラドックスですね」
「もしかすると……」

 ネフシュは、そっと片手を膝の上からあげて優しくボーの言葉を遮った。
「ご主人様の言いたいことはわかります」
「ほんとにわかるのか?」
「実はもう一万回くらい同じミッションを繰り返しているんじゃないかとか、多意識解釈的宇宙の中にいるんじゃないかとか、お考えなのでしょう?」
「さすがだな。まぁ、そのとおりだ」
「ご心配なく。我々には実際にどうなっているかは認識できませんから」
「どういうことだ?」
「客観的な事実の中に私たちがいるのではなく、私たちの実存が実在に常に先行します。
ただし、その状態を観測して時間表現することや事象変換することはできません」
「ネフシュたん、悪いが日本語で説明してくれ」

 ネフシュは、姿勢を正し、言い諭すようにボーの要請に応えた。
「ご主人様は、この聖書を無事に幼馴染の方へ返したいのですね?」
「そうだ」
「そのためになすべきことは?」
「このミッションの完遂だ」
「そのとおりです。そしてそれだけが、私たちが知ること、出来ることの全てです」
「まるで禅問答だな。こんな調子が続くと、さすがに読者も、いよいよこの作品に興味なくしやしないか?」
「ご主人様、何かがうまくいっているときに、この世界は本当に存在するのか、とか、実はシミュレーション宇宙じゃないか、とかお考えになりますか?」
「まぁ、あまり考えないな」
「宇宙の存在に懐疑的になる気持ちの動機は現実逃避から由来するものです」
「おいおい、いきなり何を言い出すよ」
「宇宙創造のことをお知りになりたければ旧約聖書の創世記をご覧になってください」
「いや別に現実逃避なんかしてないし、してたらこんなところにくるわけない。僕は単に、この聖書に実際にヘブル人への手紙があるのは、今回のミッションの結果と、どういう風に関係しているんだという、疑問を抱いただけなんだが……」
「ご主人様、いざとなったら私が盾となってでも必ずご主人様をお守りいたします」
「突然、どうしたんだ。しかも、その初期設定の声でそんなセリフ言われるとシャレにならないんだが……」
「ところでご主人様、すでにボトル紅茶は冷めきってしまっております。まだ燃料は充分にありますので、温めなおしてきましょうか」
「じゃあ、手間をかけるが、そうしてくれ」

 ネフシュの後ろ姿を目線で見送りながらボーは、ゼリコを口に含んだ。
 そして独特の淡い甘みが口に広がっていく中、そっとボーはつぶやいた。
「に、逃げちゃだめだ……逃げてるつもりなんかないけど」

 二人がそういうしているうち、いつの間にか窓からは日差しが差し込んでいた。さっきまで続いていた、纏わりついてくるような強風と気が重くなるような灰色の空は地平から一掃され、辺りは一面青空に様変わりしていた。
 まるで、二人の会話を聞き終えたら、そそくさと立ち去さっていくかのように……

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ