【1/3】 恋愛ダンゲロスSS(79)鈴鹿歌音VSqaz

qaz

エピソードの総文字数=1,499文字

qazさんの執筆スペースはここです!

他の人は書き込んだらダメですよ!

店長! お疲れさまでした
2018/01/03 22:30
ああ、愛川君か。いつも最後まで残ってもらって悪いね
2018/01/03 22:30
いえいえ、ここ正社員いないんでバイトの私が頑張らないと!
2018/01/03 22:31
まあ、冬季限定だからね。本当はもっと儲けられると一年中やれるんだけど
2018/01/03 22:31
そうですねぇ~
2018/01/03 22:32
ところで、店長。噂の雪だるまパフェって食べました?
2018/01/03 22:32
いや、そういうのはあんまり……
2018/01/03 22:33
甘いのお嫌いなんですか?
2018/01/03 22:33
そうじゃないが、俺みたいな野郎が一人で食べにいくようなもんじゃないだろ?
2018/01/03 22:34
じゃあ、女の子に誘われたら?
2018/01/03 22:34
んー、どうだろうな?
2018/01/03 22:35
(頬が緩んでいる……これはいけそうね)
2018/01/03 22:35
まあ、あまり店長をいじるものでもないですね。今度こそ本当にお疲れさまでした~
2018/01/03 22:35
バタンッ
2018/01/03 22:37

qazdng

ふう、愛川君はこの頃やたらと探ってくるな……
2018/01/03 22:37
 * * *
2018/01/03 22:38

qazdng

翌日
2018/01/03 22:38

qazdng

――だから、大丈夫だよ!
2018/01/03 22:38
え~? そうかなぁ……
2018/01/03 22:39
ほらほら、勇気出して!
2018/01/03 22:39
じゃあ、行っちゃうね?
2018/01/03 22:40
店長!
2018/01/03 22:40
ん? どうした?
2018/01/03 22:41
私と一緒に雪だるまパフェ食べに行きませんか?
2018/01/03 22:41

あ、ああ、いいぞ

(昨日の今日でこれは……)

2018/01/03 22:42
(よかったね! よかった……んだよね?)
2018/01/03 22:43
 * * *
2018/01/03 22:43

qazdng

愛川君、率直に言うけど、俺はこういうやり方はあんまり好きじゃない
2018/01/03 22:44
え、な、何のことです?
2018/01/03 22:46
なんていうか、周りから固めていくというやり方が、な
2018/01/03 22:46
そんなこと言ったって、自分ひとりじゃ勇気の出ない女の子だっているんですよ!
2018/01/03 22:48
例えば君みたいなか?
2018/01/03 22:50
なっ……
2018/01/03 22:50
話してみなよ
2018/01/03 22:51

私……とうとうお見合いの話が決まってしまったんです

つい昨日

2018/01/03 22:51
店長人気だから、友達に頼まれていろいろ聞いていたんですよ
2018/01/03 22:52
そしたらだんだんと……好きになっちゃいました
2018/01/03 22:54
悪い、俺は……
2018/01/03 22:56
ええ、だから最後にっ!
2018/01/03 22:56
なっ、何をするんだ愛川君っ!
2018/01/03 22:57

愛川は無理やり店長の唇を奪った。

体に事故の後遺症を残す店長を倒すのは簡単だった。

味は、甘酸っぱいストロベリーではない。

ただ酸っぱいだけのレモンの味だった。

2018/01/03 22:58

qazdng

ごめんなさい、やっぱり違いました。
2018/01/03 23:00
(でも、これで帰ったら私は知らない人と結婚させられる)
2018/01/03 23:01
(嫌だ、もっと劇的な……映画みたいな恋がしたかったのに)
2018/01/03 23:04
(こんな世界……なくなっちゃえばいいのに!)
2018/01/03 23:05

そこで彼女は思い出した。

探りを入れる中で、偶然知ってしまった隠されていた彼の能力を。

そして彼女は店の棚に飾ってあるトロフィを見た。

2018/01/03 23:06

qazdng

(確か発動条件に実行する人の指定は無かったはず……!)
2018/01/03 23:09
おい、何をやっている!
2018/01/03 23:10
く、腰が……!
2018/01/03 23:10
私にとってはこの世界、恋愛が全てなんです!
2018/01/03 23:11
トロフィをすべてしまい込んだ愛川は、世界の崩壊を今か今かと待った……が、
2018/01/03 23:12

qazdng

あ、あれ? 何も……
2018/01/03 23:13
残念だったな、あれはレプリカ
2018/01/03 23:13
なっ! 本物はどこに?
2018/01/03 23:14

君がどうやって俺の能力を知ったのか知らないが、

あんな危ないものを人目に晒しておけるわけがないだろう

2018/01/03 23:15
じゃあ、私はこのまま知らない人と結婚するしかないんですね
2018/01/03 23:16
君はいろいろと勘違いをしているようだから教えておいてやるが
2018/01/03 23:17
お見合いと言っても即結婚ということにはならない
2018/01/03 23:20
それが1つ目
2018/01/03 23:20

2つ目は、あー、会話というのは双方向の意思疎通だ。

一方的に相手のことを引き出そうとしても、実のところ自分のことも話してしまっている。

2018/01/03 23:21

君との会話は多かったから、俺の方も君のことをよく知ったんだよ

それで、まあ、惚れた……わけだ

2018/01/03 23:22
い、今更そんなこと言われたって嬉しくありません!
2018/01/03 23:24
3つ目!
2018/01/03 23:24
どうやらお見合いの相手は、あながち知らない人というわけでもないようだぞ
2018/01/03 23:25
て、店長! そのハガキ……!
2018/01/03 23:26
ま、この冬知り合った仲だからこれから先どうなるか分からないが、まだまだこの世界も捨てたもんじゃないだろ?
2018/01/03 23:26

今度は店長が抱き寄せキスをした。

その味は今度こそストロベリー味だったという。

2018/01/03 23:29

qazdng

そこまでです!!

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ