超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

超お人好しに、超無茶ぶりをしてはいけない。本当にそれをやってしまうのだから。③

エピソードの総文字数=2,471文字

 で。


 朝。目を開けた瞬間、びびった。

 目の前に、召愛の寝顔、あった。

「――!?」

 寝ぼけた頭ではすぐに状況が理解できず、朝の光が入ってくる窓の外から、スズメがチュンチュン言ってるのを聞きつつ、十秒ほど硬直して、二つの事を理解した。


 まず一つ目。

 俺はなぜか、召愛にしがみ付かれた状態で寝ている。


 二つ目。

 昨日の夜は、あのまま風呂すら行かずに、居間の床で俺も寝ちまったんだろう。

「彩ぃ……むにゃむにゃ」

 なんて召愛は、俺にしがみつきながら寝言を言い出したよ。

 何やらゴニョゴニョ喋ってるようだが、聞き取れる言葉になってない。

 そんで――


    ――グリグリグリ

 ――と頬ずりしてきたわけだ。


 なるほど。と、そこで理解した。

 こいつ、いつも羽里と一緒に居間で眠ってたからな。

 しかも、羽里をぬいぐるみ的に抱っこしてだ。

 たぶん、そんな夢でも見てんだろう。



 が。

 んな事を考えながらもだ。

 

 密着した距離にある乙女の唇を見詰めてしまってたよ。


 俺の喉が勝手に生唾ごっくんしてた。

 でだ。

 なんと困ったことに、自分の顔をそこに――召愛の唇に近づけたい衝動に、もっと厳密に言えば、自分の唇を触れさせたい衝動に駆られてしまった。


 いや、もっと正直に言えば、キスだ。チューがしたくなってしまったのだ!


 何を考えてる。


 でもしょうがない、だって、全身に女の子の柔らかな感触と体温が伝わって来てて、それがなんとも言えない心地よさで、もっと体を密着させたいと感じてしまう。

 これが本能、クレームがあるなら人類の製造責任者へどうぞってやつだ。


 大丈夫、きっと召愛も怒らない。

 言ってたじゃないか。好きにしていいと。

 でも恋人でもない相手が寝てる間にキスなんて、最低すぎるんじゃないのか……?。

 

 せめて、召愛が起きてから正々堂々と言うべきだ。


 おいおい、待てよ。なんて言うんだ?

『召愛、お前とキスしたい』


       ――キラッ!

 ――とか言うのか?


 う、うおおお!


 やめろ、やめてくれ。なんかもう、その台詞を自分が言うのを想像しただけで、恥ずかしすぎて床を転げ回りたくなる。


 ――と、俺が片手で自分の頭を抱えてたらだ。


 召愛さん、ゆっくりお目めを、お開けになられてます。

 眩しそうに顔をしかめながら――

「………………?」

 ばっちり、目が合ったよ。

 召愛さんも、状況が良くわからない様子。

 ねぼけた頭で、現況を必死に考えてるようだ。

「彩、いつの間にか大きくなったな。まるでコッペのようだ」

 

 寝ぼけ声で、んな事を曰いました。

 ちくしょー。この状況で、斜め上の天然ボケをかましてくるのか。


 なら俺だってな。

「よ、良く気づきましたね、召愛――」

 自分でも寒気のするような女声を作って言ってみたよ。

 できるだけ羽里っぽい喋り方でだ。

「――わたしはコッペ君と体が入れ替わってしまったようなの」

「それは大変だな。でも、大丈夫。体がコッペになっても、彩は彩だ」


                       ――すやぁ

 いやいや、いくら寝起きだとしても、ここは、つっこんでくれよ!

 そのまま二度寝するなよ!


 俺の渾身のボケが台無しだ。

 この気まずい状況をギャグにして、さらっと流そうとする努力を察してくれさい。

「め、召愛。わたし、とても困った事になっているの」

「なんだ?」

「いきなり男性の体になってしまったから、着替えるためのブラがなくて、ショーツもその、コッペ君が履いていたのしかないから……」

「そういう事なら、任せてくれ。私のを貸しておこう」

 そう言って立ち上がり、自分の私室へ歩いていってしまった。


 いやいやいや、気づいてくれよ! 

 明らかにおかしいだろ。男の体になったら、ブラいらねえだろうが?



 で、少ししてから――


 召愛さん、私室から戻ってきたわけだ。

「おまたせ」

 まだボーッとしてるようだ。手には、まあ、あれだ。身だしなみに気を遣う女子らしい、それなりに可愛らしい下着を持参してきていてだな。


 ほお、こいつ、こんなの付けてたのか……とかしみじみ考えてしまってたらだな。


 それを俺に差し出して来たわけだ。


 が。


 召愛は自分がなんで俺へ向かってそんな事をしてるのか、いささか疑問そうな顔をしてたよ。


 こう、祭日に慌てて飛び起きて、休日だという事に気づかず、寝ぼけ半分にそのまま学校へダッシュしてしまって、校門がなぜか閉めきられてて、そこでやっと気づく的なあれだ。


 俺も小学生のころに経験がある。召愛の意識はまだ、校門にまでは到達してないようで、寝ぼけ半分に通学路をダッシュしてるところだ。『今日はやけに人通りが少ないな』と疑問に感じながら。

「あ、ありがとう、召愛。

 でも、わたし、この体でブラを付けたことがないから、付け方が良く分からなくて」


      ――もじもじ

 ええい、もう、やけくそだ。

 俺はすんげえキモくモジモジしながら言ってみた!

「私が付けてやる。服を脱いでくれ」

「え……」

         ///////

「恥ずかしがるな。体は男だが、女同士じゃないか」

「う、うん」

                            ///////

 俺は上半身の服を脱ぎ捨てたよ。


 で、召愛はブラの紐を俺にかけて、カップを胸に当て、

 背中へ紐を回そうとして――。

「……」
「……」

 そこで全ての動きが止まった。

 召愛の表情も固まった。


 召愛の意識はやっと『祭日の閉め切られた校門』に辿りついたようだった。

 完全にお目覚めになったのだ。

「……………」
「……………」

(俺はいったい何をやってるんだろうか。

 何をしてしまったんだろうか。

 俺は何者で、どこから来て、どこへ行くのだろうか)

 と、人生初、女子からブラを付けられるという行為をしながら、ついつい、哲学的な思考の迷路に迷い込んでしまった。





 で。








「君は変態かー!」


 脳天に振り下ろされる召愛チョップ。


 スコーン!とヒットしたそれのおかげで。

「ふぐぅはあっ!」

 俺は朝一で悲痛な叫びを上げることになってしまったのだった。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ