兜海老のどらくら日記

ネタバレについて

エピソードの総文字数=1,459文字

こちらは、2013年7月25日に発売されたPS3・VITA用のドラゴンズクラウンというゲームのプレイ日記となります。


発売より数年経っておりますので、当然兜海老のプレイ時間も相当のものとなっておりますのでご了承ください。

? 最近買ったからプレイ日記を付けるわけでは?

発売日に買いました。

999時間より先は(ゲームシステム上カンストしているため)数えていません。

なぜそのようなもののプレイ日記を今さら始めようとするのか・・・
それはですね、2018年2月8日にPS4で出るんですよ「ドラゴンズクラウン・プロ」が・・・!

「プロ」・・・?

というと、続編か何かで?

いや、基本的にはPS3・VITAで出てたのと同じです。

グラフィックと音楽が豪華になったぐらいでしょうか。

でもプロというからには、何か変更点はあるんでしょう?

あります。

ありますが、同様のバージョンアップがPS3・VITAでも行われる予定です。

そして、PS4版とのクロス・プレイが可能になるという・・・!

それはまた豪気な・・・
私自信、1年半程ゲームをやる時間が取れなかったのですが、今回を期に復帰しようと思い立ち、ついでに日記もつけてしまおうかと考えた次第です。

なるほど。

ちなみに、海老さんのプレイ状況はどのような感じで?

その前に、簡単にゲームの流れを説明しましょう。

このゲームは、ノーマル→ハード→インフェルノの順でクリアしていくこととなります。


そして、インフェルノをクリアした時点で開放される隠し要素が混沌の迷宮。

3エリアを一層とし、99層まであるエンドコンテンツだったものです。

エンドコンテンツ・・・「だったもの」?

はい。

発売後、幾度のアップデートを重ねて追加された新しい難易度「ウルティメイト」と共に、新たなエンドコンテンツとして追加されたのが「夢幻の天廊」。


混沌の迷宮の99層に対してどれぐらいのボリュームかというと、現時点ではまったくもって不明です。

不明って・・・4年以上前のゲームですよね?

夢幻の天廊追加のアップデートは2013年12月20日のようですから、ちょうど4年ぐらいですかね。


実際に行ってる人がいるようなので、少なくとも万単位はあるみたい。

まんたんい。

・・・それで、海老さんはどのあたりに?

一番進んでるキャラで700階ぐらいですね。

6キャラ×2ずつ通してやってるので、進行は遅いです。


あと、単純にプレイスキルの不足でなかなか進めない状況にあるとも言えます。

700っていっても大概ですよね。

まぁ、そこまでやる人間が何人いるのかという話はありますよね。

アップデートを知らずにプレイを終えた人も多いでしょうし・・・

まぁ、どんなゲームなのかは大体分かりました。

よろしい。

では、次回から詳しい説明を始めたいと思いますので、ここで注意書き。


ここから先は、ゲームのネタバレしかありません。

まぁ、エンドコンテンツの、しかも途中からですからね・・・

むしろ、ストーリーについては忘却の彼方にあります。

ですが、それでもネタバレ満載ですので、そういうのが嫌いな方々は、これ以上は見ないでください。


もし、興味があるようでしたら、ドラゴンズクラウンのノーマルをクリアして、また見に来てくださいませ。


PS3・VITA版なら2000円せずに売ってるはずです。

お試しで買うのもありな値段ですね。

はい。

このゲームの醍醐味はネット通信による協力プレイにありますので、少しでもプレイ人口が増えることをドラゴンズクラウン・プレイヤーは望んでおります。

では次回、またよろしくお願い致します。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ