三題噺のお部屋

千石京二

エピソードの総文字数=1,137文字

   三日連続の残業でくたくたになって帰宅すると、時計の針は既に夜9時を回っていた。

  俺が勤めている会社はいわゆるブラック企業というやつなのだろうか?  大学を卒業してすぐに就職した会社だったし、友達と言えるような友達もいなかったからよく分からなかった。ついでに言うと、毎日仕事で疲れているのでわざわざブラック企業の定義みたいなものを調べようと思わなかった。


  腹が減っていた。


  電子レンジに冷凍ご飯を入れ、500Wで3分。とても自炊する気分ではなかったので、レトルトカレー辛口の封を切り皿に移した。ラップをかけてぼんやりしているとライス部分の解凍が終わったので、辛口カレーを入れ違いでレンジに投入した。


  疲れたなあ。


  このまま仕事を続けて毎日疲れて帰ってきて、特にやり甲斐もない毎日の繰り返しで年をくっていく。会社の付き合いで飲み会に行ったとしても、別に楽しい訳でもない。何のために働いているんだろう。金のためか。それ以外の理由は思いつかなかった。


  ネガティブな思考に沈みつつ、レトルトの温めが終わったようだったので扉を開いた。


  ターンテーブルの上にあるはずの深皿が無かった。


「は?」


  思わず変な声が出た。


  それと被さるようにして、間の抜けた女の声が聞こえた。

sengoku_kei_ji

おいしー!
  どういうことだ。俺のアパートに知らない金髪美女がいる。おまけにコタツに入ってぬくぬくしながら、俺のレトルトカレー辛口とライスを食べていた。

sengoku_kei_ji

あら、この美味しいカレーライスを作ったのは貴方ですか?
  呆気にとられた俺がぽかんと口を開けていると、美女は続けた。

sengoku_kei_ji

私はカレーライスの女神。美味しいカレーライスを食べさせてくれたお礼に、貴方に奇跡を起こして差し上げましょう。
  意味不明過ぎて、思わず俺は奇跡ってなんだよ、とツッコミを入れてしまった。

sengoku_kei_ji

週に五回、貴方のアパートに私が来て、貴方のカレーライスを食べて差し上げましょう!

私は名だたる女神ですから、人の子にこれほどの奇跡を与えることはありませんよ!喜びなさい!


  この女は不法侵入した挙句、これからも押しかけるなどと言っている。おまけに俺の晩飯を週に五度も食べるらしい。無茶苦茶だ。

sengoku_kei_ji

まあ実は私、厳密な定義で申しますと女神ではないのですけれども……
  じゃあお前誰だよ。ていうか出てけよ。警察呼ぶぞ。

sengoku_kei_ji

夜な夜なカレーライス辛口を求めて、色々なご家庭にお邪魔させていただく妖怪です!
  ……ちょっと思考が追いつかなかった俺は、その夜、謎の女を部屋から追い出した。ご馳走さま! と元気よく言って大人しくどこかに帰っていった。


  初邂逅から何年も経つが、カレーライスの妖怪は未だに俺のアパートにやってくる。週に五度。




作:千石京二

sengoku_kei_ji

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ