超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

人の罪を赦すなら、あなたの罪も赦されループに入ります。①

エピソードの総文字数=4,276文字

 5月16日


 初代生徒会長選挙、公示日。


 選挙戦の初日だ。

 ポスターの張り出しや、学園内での演説が解禁となる。

 投票日までは、なんと、二ヶ月も期間がある。


 これは今年に新設されたばかりの学校ゆえに、生徒が一年生しか居ない事を考慮して設けられた期間だ。

 生徒たちが学校に十分馴染み、その上で、熟慮した投票が行えるように、とだ。



 

 公示のその朝。

 強めの風が吹いていて、も降っていた。

 召愛の前途多難な船出を象徴してるかのようだ。


 俺たちは選挙活動の準備のために、いつもより早い時間に登校しようと、寮を出ようとしていたよ。

「さあ、これが今日の弁当だ」

 と、玄関でいつもの弁当を受け取り、俺は鞄に詰め込んだ。

「ありがとよ」

 召愛は、物凄い量の荷物を持っていこうとしてたね。

 選挙用品だ。


 ポスター五十枚に、ビラ五百枚。拡声器。

 旗。タスキ。演説用の踏み台。そして鞄。


 んで、レインコートを頭まで着込んで、荷物を積み重ねて、一気にだな、持って行こうとしたわけだ。

「ふんぬぅー!」

 ――とか気合い入れて持ち上げたは良いけど、危なっかしいったらありゃしない。


 ビニール袋で包装された荷物が、今にも崩れて落ちそうだ。

 玄関から外へ歩き出すと、途端にが打ち付けて、手元が濡れ、滑りそうになっている。

「おいおい、無茶するなって……」

 俺は傘をさして、隣を歩いたよ。

「だ、大丈夫だ。君は先に行ってていいぞ。

 私は……ゆっくり行くから」

 と言うが、この天候じゃ足下も悪い。

 絶対、手伝わないと宣言した手前だが、ついさっき弁当を受け取ったばかりで、ここで放っておいて先に行くってのは、良心の呵責がやばい。


 なんで、こいつはこうも、俺の心を煩わせるのか!


 畜生、俺は絶対、手伝わない。

 今回ばっかりは絶対に手伝わないからな。

 予めそう宣言してあるんだし、こんな無茶するのは、こいつの自己責任。


 俺は一切、悪くない。

「台車かなんか、借りてくれば良かったじゃないか」

「用務員さんが、今朝はまだ来てなくて」

 なんつって、よっちよっちと歩いて行くわけだ。


 が、召愛の前に太い木の枝が落ちているのに俺は気づいたよ。

 道の脇の雑木林から風で折られたのだろう。

 跨いで乗り越えられる大きさの物だが、躓けば危ない。

「足下気をつけろよ。枝が落ちてるぞ」

 言うのが遅かった。

 召愛は荷物のせいで足下が見えてなかった。見事に躓いた。

「うわっ」

 バランスを立て直そうとするが、荷物が崩れ、召愛は前のめりに転倒しようと――。


 ――俺は咄嗟に、傘を投げ捨てて、召愛の前から荷物を支えたよ。

 抱えるようにしてだ。


 どうにか危機回避成功、荷物は一つも落下せず、召愛も朝っぱらから膝小僧をすりむいたりせずに済んだ。


 ミニスカートで膝に絆創膏なんかで、演説台に上がったら、格好悪くて仕方なかったろう。


 が、こう、あれだ……。

 神様の悪戯と言うやつで、荷物挟んで召愛と抱き合うみたいなポーズになってしまってだな。そのポーズのまま、至近距離から目が合ってしまったわけだ。

「……」

「まったく、しょうがないな、お前は」

 とか、俺はなんか反射的に言ってたよ。

 言おうと思って言ったんじゃない。言っちゃってた。

 んで、積み重ねられた荷物の上の七割を、俺は召愛から取り上げてだ。

「昇降口までは、俺が持ってってやる。

 そっからは自分で、分割して運ぶんだぞ」

「し、しかし、コッペはレインコートを着ていない。

 雨に濡れてしまうじゃないか!」

「先行ってるぞ」







 俺は荷物を抱えて昇降口まで走ったよ。


 そんで上履きに履き替えて、荷物を邪魔にならなそうな隅っこのスペースに置いてから、下駄箱まで戻ってたら、羽里の声が聞こえてきてるのに気づいた。


 なんとまあ、一階の中央廊下で早速、辻立ち演説してたんだ。

 朝も早いというのに、人だかりが出来てた。


 見事な滑舌、明快な主旨、説得力のある主張。

 弁論大会があったら、こういう奴が入賞するんだろうなという演説っぷりだった。

 俺もついつい、遠くから眺めちゃってたよ。

「さすが彩だ」

 いつの間にか召愛も到着していて、俺の隣から暢気に言ってた。

「今はライバルなんだ。感心してる場合じゃないだろ」

「そんな事より、コッペ。

 風邪をひいてしまう、ちょっと屈んでくれないか」

「あ?」

 なんだと思いながら屈んでみたらだ。

 召愛は鞄からタオルを取り出して、俺の頭をワッシャワッシャと拭いだしたわけだ。

「ははは、犬を洗ってるみたいだ」

「じ、自分でやるから貸せ」

 タオルを取り上げたよ。

「なにを照れてるんだコッペ。

 これくらい、良いじゃないか」

「こういう事を廊下でやってっから、

 不本意な夫妻認定されちまうんだぞ」

「私は別に構わない」

「な……何言ってるんだよ」

「私は、おかしな事を言ったか?」

「……と、とにかくだ。さっさと荷物運んじまうぞ。

 こっからはお前一人でやれよな。俺が運んだ分は、隅っこに置いてあるから、無茶せず二回に分けて運んでおけ」

「わかった、場所は三階の選挙事務所室だ。

 案内を頼む。空間制御能力を持つ勇者よ」

「おう、任せとけ」

 で、

 その途中、階段の踊り場にある掲示板に、羽里のポスターがあるのに気づいた。

「おお……」

 ――と、敵ながら思わず関心してしまうほどの出来だった。

「ほお……」

 ライバル本人の召愛も暢気に感心してたくらいだ。


 なんかもう、衆議院選挙とかに出れそうな勢いのプロっぽい仕上がりだ。

 それでいて、学生らしいポップさも全開で、見るからにお洒落感いっぱい。


 これはプロのデザイナーがやったんじゃないかと思ったが、それはあり得ない。

 校則によれば、選挙の公平性を期すために、動画やポスター製作は、本人以外していけない事になってる。


 召愛は一枚だけ持って来てた自分のポスターを、その隣に貼ったよ。

「……」
「……」

 召愛もなんとも形容しがたい表情で、自分のポスターを見詰めてらっしゃる。


 うん。けして、ダメじゃないんだ。召愛のポスターは。


 でもね、羽里のと比べるとね……。

 うん、がんばった。超がんばったとは思う。

「召愛、中学のころの美術の成績、いくつだった」

「2だ。ちなみに彩は5だった」

 俺は召愛の肩をポンと叩いたよ。慰めるようにだ。


 羽里のポスターにはQRコードもあった。広報動画のURLのだ。

 俺はスマホでそれを読み込んでみたよ。


 ポスターがこんだけ凄いなら、動画はどうなってんだと、ドキドキしながら、俺と召愛は食い入るように画面を見てました。


 したらね、もうね。動画が始まった瞬間ね。

 うわ……。ってなっちゃった。


 もう、ドン引きするくらい上手い。

 なんだこれ。ハリウッド映画の予告編かという感じでね。

 スタイリッシュすぎた。

 既に動画投稿サイトのタグで、『プロの犯行』というのが付けられてしまってるレベルだ。


 対する召愛の広報動画は、良く言えば、ほのぼのとした手作り感、という奴で、悪く言えば、しょぼ――ゲフン、ゲフン、おっと思わず咳き込んでしまったぜ、な感じだ。


 なんだ……この圧倒的な戦力差は。

 選挙戦さえ上手く戦えば、どうにかなるなんて、甘い考えすぎたんじゃないか……?

「だ、大丈夫だ。召愛。

 お前には、謎のカリスマ力がある。

 演説なら、羽里にだって張りあえるはずだ!」

「そ、そうだな。よし、荷物を置いたら、早速だ!」








 というわけで。

 召愛は二階の中央廊下の真ん中を選んだ。


 一階ほどじゃないが、生徒が多く通る場所だ。

 そこに踏み台を置いて、演説を始めたよ。

 気合いが入ってて、本気モードって感じだった。


 が、どうしたことだ……。


 誰も立ち止まってくれない。一応はみんな召愛に顔を向けるんだけど。

『なんだ、名座玲召愛が立候補したのか……。

 あの珍獣が生徒会長とかありえんだろ』

 みたいな感じで男子はすぐに去ってしまったり。

『うわ……。あいつ自分の立場分かってなさそー。

 学校のみんなを裏切って、自分だけテレビで目立ったくせに、本気で生徒会長に選ばれると思ってるの?』

 みたいな嘲りを残して、女子たちはクスクス笑いながら、通り過ぎて行ってしまう。


 これは……。

 演説の内容がどうとかいう話しじゃない。

 召愛のイメージが悪すぎて、立候補者としての土俵にすら上がれてない。


 結局、5分ほど続けても、誰も立ち止まってくれなかった。

「こりゃあ……。

 このまま、普通に選挙戦を続けても、どうにもならんな」

「そ、そのようだ」

「打開策が必要だ。

 せめて、悪すぎるイメージだけでも、どうにかしないと」

「安心しろ。あるぞ打開策」

「本当か、言ってみろ」

「トランプとプーチンと習近――」

「寝言は寝てから言おうぜ。

 今は現実を見詰めなきゃいけない時だ」

「私は本気だ。彼らと会談し、世界平和をもたらせば――」

「とりあえず、俺が一階に置いといた荷物の残り、運んじまおうぜ」

 力説しまくってる召愛を置いて、俺はさっさと一階に下りて行ったよ。

「おーい、コッペ、待て。話しは途中だぞ!」









 で。

 一階の荷物を置いておいた隅っこに行ってみたらだ。


 積み重ねてあった荷物が、散乱していた。自然に崩れて散らばったというよりは、蹴り飛ばされたかのような、状態だ。そして、気づいた。

「ポスターとビラの束がない……!」

「確かに、ここに置いておいたのか?」

 俺は肯定して頷いた。

 状況から見て、盗まれたとしか判断しようがない。

「すまない。俺の油断だ」

 でも、この学校は防犯カメラで埋め尽くされてる。

 大方、犯人は召愛への嫌がらせのつもりなんだろうが、馬鹿な事をしたもんだ。


 俺はここを映してるであろう防犯カメラがどこにあるのか、周りを見回したよ。

 だが、見当たらなかった。死角、だ。


 考えれば当たり前、誰も来なそうな所だから、邪魔にならんだろうと荷物を置いておいたわけで、んな場所に、カメラを設置するわけがない。

「でも、周りの廊下にはカメラが設置されてる。

 そこに束を持った奴が映ってる可能性もある。

 俺は警備室に通報してくる」

 だが、手を掴まれたよ。召愛にだ。

「……」

 召愛は黙って、首を横に振った。

 通報しなくていい、という意味だ。

「お前な、いくらなんでも――」

「あのポスターやビラは、私の私物だ。

 私の好きにして構わないだろう?」

「はぁ…………」

 先が思いやられるどころじゃない。

 ただでもライバルとの戦力差は絶望的なのに、選挙妨害まで食らうとは。

 しかも、それを本人が許容してしまってる。

「わかったよ。お前はそれいい」

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ