超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

【二日目】波虚は言った。「まだ何も終わっちゃいない」

エピソードの総文字数=2,834文字

 人形劇のおじさんが亡くなった数日後。

 召愛は教会での葬儀に参列した。

 この時に初めて、おじさんがキリスト教の聖職者だった事を知ったらしい。


 そして、召愛は施設の職員にこう訊ねた。

「キリスト教ってなあに?」

 すごく答えに困る質問だった。

 公立の施設は特定の宗教の教育をしてはいけなくて、もし扱う時には公平公正にしなければならない、という厳しーい決まりがある。


 なので、苦慮した職員は、施設に戻ったあと、百科事典を持ち出し、こう言った。

「キリスト教とは、開祖であるイエス・キリストの似姿(にすがた)として生きることを目指す宗教である、と書いてあるわ」

「似姿って、なあに?」

「その人に生まれ変わったように成りきる、みたいな意味です」

「じゃあ、人形劇のおじさんは、イエス・キリストって人の生まれ代わりに成ろうとしてたの?

 あ、わかった。そのイエスって人が、〝土方のおじさん〟なんだ! 『やったぜ』の人なんだ!」

 けして『やったぜ』などではない。そこは絶対に間違えてはいけない。

 しかし。

 この瞬間、リトル召愛ちゃんの中で、次のような公式が成り立ってしまった。

(私が目指すもの=人形劇のおじさん。

 おじさんが目指してたもの=イエス・キリストの生まれ代わり。

 つまり。

 私が目指すもの=イエス・キリストの生まれ代わり!)

 見事な三段論法である。

 できることなら、おじさんに墓場から復活してもらって、詳しい説法を召愛にしてやるべきだったんだろうが、それはおじさん的には審判の日までお預けだろう。


 これで召愛ちゃんは宣言してしまった。

「よし、じゃあ、私。

 今日からイエス・キリストの生まれ代わりになる!」

 こうして。

 聖書を1ページも読んだことすらない、非クリスチャンが、イエス・キリストの生まれ代わりを自称するようになってしまったのだ。


『人からされたい事を、人にもしよう』

 これのみを、ひたすら繰り返す、暴走クリーチャーの爆誕である。


______________________________________

「――と、こういうわけだ」
「おじさんが、今の召愛を見たら、どう思うんだろうな?」

「まあ、草葉の陰から苦笑いしながら、『聖書をせめて1行くらいは読んでから、それをやってくれ』くらいは言うかも知れないが――喜んでいるんじゃないか?」

「だと良いんだがな」

 どこかから豆腐屋のラッパが聞こえて来てる。

 近頃はレトロな雰囲気を出すために、こういう移動販売をする豆腐屋が横浜市内で増えてるのだ。


 辺りは暗くなりかけていて――俺たちの腹も鳴った。

「ラーメン、行くか?」
「よし、んじゃチャリ、後ろ乗れよ。今度は俺が漕いでやる」
 波虚(はうろ)を強引に荷台に座らせて、俺はさくっと漕ぎ出した。
「お、おい、ここら辺は二人乗り、大丈夫なんだろうな?」
「細けえ事は気にすんな。

 国道までなら9割は大丈夫だし、そんときゃ、そんときだ」

「き、貴様って奴はなあ。1割はやばいだろう、1割は!

 止めろ、おい止めろって!」

「やだ。めんどくせえ。

 せっかく下り坂なんだから、このまま行っちまおうぜ」

「おい、ふざけるな、こら、コッペ!」
 なんて抗議をガン無視。

 俺はチャリを操り、住宅街の坂道を、国道16号へ向け、一直線に下りて行こうとしたんだが――。


 波虚の奴が、強引に後ろからハンドルを握って来てだな。

 急にブレーキを掛けたもんだから、バランスが崩れて――

「うっ、うおお、ば、馬鹿、やめろ!」
「う、あああああ――!」


 ――ガッシャーン!


 とだな。

 派手に道ばたの植え込みに突っ込んじまった。

「いっててて……」
「くう……」
「何しやがんだ。このアホたれ!」
「こちらの台詞だ。低脳野郎が!」
 しかしだな。

 ただでもボコボコだった波虚の顔だったが、今度は眼鏡まで壊れて、目から落ち、顎まで垂れ下がるようになっててだな。そのあまりに間抜けな顔に、思わず笑けてきてしまったんだ。

「はは、あははははは!」
「まったく、何が可笑しいんだ……」
 と、言いつつも、たぶん、今の俺も相当に酷い顔になってるんだろう。
「ふっ、ふはは、くくくくくくく……」
 なんて波虚も笑い出したぜ。

 そして、俺たちはどちらからともなく、自転車を起こして、二人乗りし、坂道を降りていったのだった。

「で、コッペは進路。どうするつもりなんだ」
「俺の方が教えてもらいたいくらいだよ。

 高校中退とか、人生半分終わってる気もするしな……」

「私が何歳が知っているか?」
「あ? 俺と同じなんだから、15か16だろ?」
「17だ。一つ年上だな」
「……?」
「最初に入った高校でイジメを受けてな。

 中退からの、ひきこもりコンボという奴だ。学校など二度と行くものかと思ってたが――去年に羽里学園の広告を見たんだ。


 悪は存在が許されず、誰しもが穏やかに暮らせる楽園。

 本当にそんな場所があるなら、と受験したよ」

 こいつも羽里と同じような境遇だったわけか。

 だとしたら、あれだけ厳しい校則に拘ってた理由も、わからんでもない。

 事実として、こいつの最初の学校の校則は、こいつを守ってくれなかったわけだ。


 羽里学園の厳格な規制と、強力な罰則。あれらの校則は、生徒を縛り付ける鎖ではなく、身を守る鎧に思えていたことだろう。その鎧を脱がされそうになれば、死にものぐるいで抵抗するに決まってる。

「何を黙ってる。私は、重大な秘密を打ち明けているわけじゃない。

 友人には必ず話す事実を言っているだけだし、中退やイジメを受けていたことを、恥ずべきこととは思っていない」

「人生、案外どうにかなるもんだな、とか思ってただけだよ」
「だからな、コッペ――貴様は何も終わっちゃいない」
「ああ、なんも始まってすらいないんだからよ――

 とか、言うと思ったか?


 俺を退学に追い込んだ張本人から言われるとだな。

 むかついて、また殴りたくなってくるぞ?」

「ゆえに、それについては謝罪している」
「わかってるよ、馬鹿野郎。チャーシュー3倍増しで赦してやる。

 あと味玉4個追加な!」

「ふっ、安い奴だ。

 だが、本気でまた別の学校に行きたいと考えてはいないのか?」

 こいつでも出来たことなら、俺にもできる。

 そう、思ったよ。


 また新しい学校で一からやり直す?

 ああ、悪くない。

 そこにはまた、新しい出会いがあるだろうし、新しい仲間も出来ることだろう。

「それも良いかもな」
「なら、あとでメールで資料を送っておいてやる」
「資料?」
「編入手続きなんか、わからんだろう?

 自分で調べると手間が掛かるぞ」

「そいつは助かる」
「一応、もう一度謝っておくが――済まなかったな……」
「うるせー、済んだ事、蒸し返すな」
「もし、編入で、わからない事があれば連絡しろ。

 貴様の次の学校が見つかるまでは、全力でサポートしてやる」

「ありがとよ」
「だが、もし可能ならば……」
「なんだ?」
「いや……ただの独り言だ。

 成功するかはわからんしな――気にするな」

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ