もしも敬虔な女子高生が〈神は死んだ〉のニーチェ作『ツァラトゥストラ』を読んだなら

『肉体を軽蔑する者たち③~冷静と情熱のあいだの図』

エピソードの総文字数=2,400文字

肉体を軽蔑する者たち編最終回である。

なぜか肉体の部分的に軽蔑されていると思い込んでいた菅原(すがわら)ひとみと、彼女をなだめつつ話を進める二人の先輩、小早川栞理(こばやかわ・しおり)早乙女(さおとめ)れいか。

目の前に置かれた100年前の書物が語りかけてくるメッセージを、うまく彼女たちは受け止めることができるのだろうか?

 肉体を軽蔑する者たちに一言いおう。彼らは軽蔑する。が、それは何かを尊敬すればこそである。では、尊敬と軽蔑、価値と意志を創造したのは何か。

 創造する「自己」こそが、おのれのために、尊敬と軽蔑を創造した。快楽と苦痛を創造したのだ。創造する肉体は、おのれのために、精神を創造したのである。みずからの意志の手先として。

「ツァラさんってば本当に表現クドイですよね……。『肉体を軽蔑する者』ってなんどもなんども……。しつこい男は嫌われますよねー」
「恰好をつけて言い換えている気もするが。単に『神を信ずる者』とは大人の事情で言えなかったのかもしれないな」
「もしかして隠語というやつなのでしょうか?」
「それでなぜに頬をあからめているのだ」
「ひゃー、隠語~!大人の事情~☆  おいんごぼいんごー♪ ////」
「ひとみ君は最近は2回に一回ぐらいわけのわからないことを言っていないか……?」
「えー、そうですかあ?」
「まあいいのだが。これは隠語というか用語だな。確かに同じ言葉を連続で使う傾向があるよな、ツァラ殿は。現代の出版社に持ち込んだら同一表現の多用で校閲ガールにしかられそうではある」
「いいですよねー、校閲ガール♪ ギョーカイ人ってちょっと憧れちゃいます!」
「また脱線してきているぞ」
「えー、先輩が言い出したのにー」
「校閲ガールはこの際関係ないからな。」

一見、栞理がたしなめているように見えるが、実はタイトルを聞いたことがあるだけで内容を知らないのだった。

詳しく語れないために話を軌道修正した模様である。

「ともあれ、ひとみ君的にはここで言ってる事は理解できているのかな?」

「ぎく! ちゃ、ちゃんとよんでますよぉー


 ええっと……つまり……」

と言いながら先ほどの文面を指で追い読み直すひとみだった。

「ほんと暗号みたい……えーと……ゲンダイ語にすると~」
(翻訳文だし十分現代語なんだがな……)
『神さま好きっ子さんにヒトコト言わせて! 軽蔑するってことは、何かを尊敬してるってことよね。で、そういう下に見たり上に見たりすることを発明したのはだあれ?』 ってこと、ですか?」
「おお、すばらしい、その通りだ。つづけてみてくれ」
「以前わたくしが紹介したシスターのお話にも似ておりますわ」

「ええっと、その次は……うーんと


『創造する【自己】さん、つまり肉体さんが、自分のために尊敬とか軽蔑とかって価値観や気持ちを、つまり精神をつくったのよ。肉体の手先として、ね』


 ってことです、よねえ?」

「自信なさそうだな、いいじゃないか。ほぼその通りだとおもうぞ?」
「精神が肉体を作る。わけではなくて、肉体が精神を作る。ということを言っているのですわね」
「健全な精神は健全ななんとやらに宿るというやつだな」
「ツァラさんがけなしている人たちって、あんまり健全じゃなかったのですかねぇ?」
「妖怪を信じる病気だとまで言っていたなぁ」
 諸君、肉体を軽蔑するものよ。諸君の愚考と軽蔑においてさえ、きみたちはみずからの「自己」に仕えている。言おう。諸君の「自己」そのものが死のうと欲しているのだ、生に背をむけているのだ。

「これも用語、ですわね。

 さきほどのもそうですけれど、自己を『ゼルプスト』と読み替えると意味がわかりやすい気がいたしますわ」

「ついでに『肉体を軽蔑するもの』を、なにか適当な用語に置換(ちかん)してもいいかもしれないな」

「きゃっ!!

 チカンっ!!」

「それはきっと違うチカンだ……」
 君たちの「自己」は、もっとも欲すること――おのれ自身を超えて創造することができない。それが「自己」のもっとも欲すること、その情熱のすべてであるのに。
「俺しか!!」
「また出たな。『俺の屍を越えてゆけ』だったか」
「そうでっす!! えっへん!」
「ええと、神の信者の自己(ゼルプスト)は、自分自身を越えていけないと言っているのですわね。それが、自己(ゼルプスト)の欲しいものだというのに。と」
「情熱的っ☆」
「ちゃんと理解して読んでいるのかな?

 神の信者にはその情熱がないといっているようだぞ?」

「えー……?」

 だがもう遅い――だから君たちの「自己」は没落しようとする。諸君、肉体を軽蔑するものたちよ。

 諸君の「自己」は没落を欲している、だから肉体を軽蔑するようになったのだ。君たちはもう、みずからを超えて創造することができなくなっている。

「病気の人はまだ治る可能性があるから良いとして、自己(ゼルプスト)自身が没落しようと欲している者たちは、もう、自分を越えて成長していこうとはしない、ということか」
 だから君たちは生と大地にむかって憤怒する。君たちが軽蔑するときの白眼視には、無意識の嫉妬がある。
「成長したくない人たちは、生命や大地を嫉妬しているってことですわね」
 わたしは君たちの道を行かない。肉体を軽蔑する者たちよ。わたしにとって、諸君は超人へと架かる橋ではないのだ――。
「♪男は~、ひとり~、道を行く~♪」
「流れ的にうまくまとめてくれるかと思ったら……、こんどはなんだ?」
「解決のーてん……じゃなくて怪傑ズバットのエンディングですー」
「前回も言ったが、いくらなんでも古すぎじゃないか?」
「流石ですわね」
「えへへへへ~」
「あまり褒めると図にのるぞこの子は……」
「まあ良いではありませんの。それで、ここではまた、表現を変えて決別の宣言をしたわけですわね」
「良いではないか~ 良いではないか~♪」
(ほら図にのってる……)
図にのって つづく。

◆作者をワンクリックで応援!

3人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ