【ユーザー参加企画★リレー小説】イブに初デートしたらヤバい世界に飛ばされた件

【ユウア03】 碧るいじ

エピソードの総文字数=2,871文字

【ユウア02】ささきさんの続き(碧るいじ)
2017/12/18 00:47

midori64

とても優しい狼男さん達が去った後、城中が慌ただしくなった。

家来の男の人だけでなく召使い(?)の女の人もバタバタ。

2017/12/18 00:48

midori64

でもこの人達、中身はワンコなんだよね?
2017/12/18 00:50

犬耳や尻尾が生えてないかとしばし観察。

でもどう見ても人間にしか見えない。


もしかしたら鼻や耳がいいのかな?

だとしたら、この騒ぎは狼男さん達が侵入したのがバレたのかも。

喧嘩してるって言ってたし。


……あたしのせいじゃないよね?



ちょうど於犬(おいぬ)さんが部屋の前を通りかかる。

タイトに似てるためか、あたしは遠慮なくぶしつけに尋ねてみた。

2017/12/18 00:50

midori64

すまぬ、異国の客人。

だっふるは今しばらく御貸しいただきたい。

祝言の儀が早まり、それどころではなくなったのだ。

2017/12/18 00:55

言いながら於犬さんが空を見上げた。

あたしの視線も釣られるように空に向かう。

さっきまで曇ってたので見えなかったけど、今は綺麗なお月様がくっきりと見える。


――ただしその色は赤い。


これってどういう現象なんだっけ?

月食?(理科の成績2)


(自分も分かってないけど)理屈を知らない昔の人は良くないことの前触れみたいに考えてると思ったけど、おめでたい事にも使われるんだね。

2017/12/18 00:56

midori64

結婚式の準備をしてたんだね。

この様子からすると……お方様が主役かな?

2017/12/18 00:58
左様。

お相手は月満守(つきみつるのかみ)様であらせられる。

2017/12/18 00:59

そう答えた於犬さんの表情はどこか寂し気だった。

それを見てピーンと来ちゃったね。

2017/12/18 01:05

midori64

おぬし、お方様に惚れておるな?
2017/12/18 01:05
だ、断じてそのようなことは!
2017/12/18 01:06

女子高生をなめるなよぉ?

あたしはすべてお見通しなんだから!

2017/12/18 01:06
タイトに似てるからだろうか、於犬さんの態度は分かりやすい。
2017/12/18 01:06

midori64

”じょしこぉせぇ”とは(あやかし)の術者であったか、不覚っ!
2017/12/18 01:07
みるみる赤く染まっていく頬がまたそっくりで可愛い。
2017/12/18 01:07

midori64

しかし手前に出来ることは、この儀をただ見届けること。

たとえお方様の意向に沿えずとも……。

2017/12/18 01:08
お方様も於犬さんに惚れてるの?
2017/12/18 01:08

め、滅相もござらぬ! 手前のことなど……。


ただ、お方様は国と民を第一に思うてくださる御方。

俗世を絶って旅立たれることが、真に正しきことなのか悩んでおられる。

2017/12/18 01:09
よく分かんないけど、ここで結婚式を挙げるってことはそんなに遠くないんじゃ?

まるで今生の別れみたいな……

2017/12/18 01:09

旅先は現世(うつしよ)とは異なるゆえ。

今宵、月からの使者がお方様を迎えに来られ、天翔ける船で幽世(かくりよ)へと渡られるのだ。

2017/12/18 01:11

まさかのかぐや姫!?

新婚旅行が月旅行なんて、絶対1時間で飽きるやつじゃん!!

たとえ帰って来れてもウラシマ効果でおばあちゃんになってるよ!(理科の成績2)

2017/12/18 01:11

それは真か?

おいたわしや、お方様……。

2017/12/18 01:12

於犬さんは静かにマジ泣きし始めた。

タイトに似た顔でそんな……あたしまでもらい泣きしちゃうじゃん。


涙ぐみながら自分のことのように脳をフル回転させる。

あたしの取り柄は行動力。

後悔は行動してからってね!

2017/12/18 01:12

midori64

於犬さん、駆け落ちしよう!!

月の人が諦めて帰るまででもいいから!


月に行ってもウサちゃんと餅ぺったんなんて出来ない!

何にもないところなんだよ!

2017/12/18 01:13

し、しかしこれは一族の掟。

手前の意を通すことなど……。

2017/12/18 01:15

あぁもう!

お方様と掟、どっちが大事なの!?

於犬さんのお方様への想いはその程度なの!?

2017/12/18 01:15
むむぅ……。
2017/12/18 01:16

優柔不断なところもタイトにそっくりだ。

だけどこんな時、どう扱えばいいのかあたしは知っている。

2017/12/18 01:16

midori64

於犬さんだけじゃない、お方様を慕っている人達も喜ぶよね?

みんなお方様に幸せになってもらいたいはず。

でもみんな恐れ多くて躊躇してるんだよ。

きっとどこかの誰かさんがキッカケ作ってくれるの待ってるんじゃないかな。


どこかにそんな人居ないのかなぁ~。

自分を犠牲にしてでも、お方様をお守りしたいと考えてる人~。

2017/12/18 01:17
……名を何と申す?
2017/12/18 01:17
あたし? ユウアだけど。
2017/12/18 01:18
ゆうあ殿。

ぜひ、じょしこぉせぇの力で秘策を授けていただきたい。

2017/12/18 01:18
恋の悩みは女子高生に任せてっ!
2017/12/18 01:19
かしこまって土下座する於犬さんの前で、どんと胸を張るあたし。


ただしちょっと考える時間くださいね、と一人きりにさせてもらう。

期待の眼差しを向け、一礼して去っていく於犬さんの後ろ姿を見送った後、あたしは部屋の片隅で大きくため息をついた。

2017/12/18 01:20

midori64

どぉぉぉぉしよぉぉぉぉ!?


好物のコイバナに突っ込んだあまり、勢いで引けなくなっちゃった!

行動力はあるけど後先考えないのがあたしの悪い癖!


月と全面戦争になっちゃうんじゃ!?

タイト、助けてぇぇぇ!!

2017/12/18 01:21
ユウア!
2017/12/18 01:22

midori64

突如、背後からあたしの名を呼ぶ聞き覚えのない声がしてビックリする。
2017/12/18 01:23

midori64

えっ……誰?
2017/12/18 01:23

振り向いたあたしの瞳に映ったのは、部屋に面する庭園に佇む案山子(かかし)だった。

さっきまでこんなのあったっけ?

2017/12/18 01:23

midori64

ねっ……猫耳?
2017/12/18 01:26

ん? 猫……なんだって?

小刻みに震える案山子以外に気配はない。

何だろう、これ。物の怪?


狼男も居るくらいだし、喋る案山子が居ても不思議じゃないよね?

でもあたしに物の怪の知り合いなど居ない。

2017/12/18 01:27

midori64

なによ……急に人の名前呼んで? どっかで会ったっけ?
2017/12/18 01:28
すす……すみません! 人……いや、猫違いでした!
2017/12/18 01:28

あたしの高圧的な態度にますますビクつく小心者の案山子。


なによ、まるで化け猫でも見たかのように! 失礼な案山子ね!

それとも猫被ってると言いたいのかしら?

2017/12/18 01:29

midori64

えっとその、ユウアって名の連れを探してたんです。
2017/12/18 01:29
悪いけど、君のような奇想天外な知り合いに心当たりなんてないから。
2017/12/18 01:29
ですよねー。

失礼しました……。

2017/12/18 01:30
一礼し去っていく珍入者。

ピョコピョコ跳ねるのでスキップしてるように見えなくもないけど、なぜかその後ろ姿はションボリしてるような感じがした。


――って、こっちはそれどころじゃないのに!

妖怪ごときに構ってる暇なんてないのよ!


助けて、タイト!

2017/12/18 01:31

midori64

きゃああ! 物の怪よ!
2017/12/18 01:34

midori64

どうやら女中さんに見つかったらしい。

無視無視。あたしは忙しいのだ。

2017/12/18 01:35

midori64

であえ、であえぇぇい!
2017/12/18 01:35

midori64

物々しく武装したお侍さん達がすぐに湧いてきた。

そりゃあ今日は大切な日だもんね。


……ちょっと可哀想な気がして様子をこっそり伺う。

なんとなくほっとけない気がする。

2017/12/18 01:36

midori64

ま、待ってください! 僕は怪しい者ではないです!

2017/12/18 01:37
残念ながら怪しさ抜群ですよ。


包囲されつつある案山子の頭に大ガラスが舞い降りる。

2017/12/18 01:37

midori64

妖精さん、どこ行ってたの!?
2017/12/18 01:38
高見の見物。
2017/12/18 01:41
ひどい……。
2017/12/18 01:42
お邪魔だと思ったから。
2017/12/18 01:43

気を遣ってくれたのは嬉しいけど、この状況を何とかしてくれるともっと嬉しいな……。

2017/12/18 01:43
その隙間から別の世界に行ける。
2017/12/18 01:44
ありがとう!
2017/12/18 01:44

喋るカラスと案山子の妖怪漫才コンビは納屋の裏手に滑り込んだ。

塀との僅かな隙間。

すぐに挟み撃ちにしようとお侍さん達が取り囲んだけど、なぜかみんな首を傾げ始めた。

逃げ場なんてないはずなのに逃がしたらしい。


ちょっとホッとする。

何も悪さしてなかったもんね。

2017/12/18 01:45

midori64

あっ、そうか。

今みたいに騒ぎを起こして、於犬さんがお方様を安全な場所へ移す振りして逃げればいいんだ!


案山子さん、ありがとう!!

2017/12/18 01:46

あたしが使える能力は三つ。


・遠吠え(狼男を呼ぶ)

・携帯電話(科学の勝利)

・異世界知識(無双できない)


これでどうにか出来ないかな?

2017/12/18 01:46

midori64




【ユウア03】おしまい

2017/12/18 01:49

midori64

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ