もしも敬虔な女子高生が〈神は死んだ〉のニーチェ作『ツァラトゥストラ』を読んだなら

表紙&おしらせ

エピソードの総文字数=535文字

※本作品は邦訳されたフリードリヒ・ニーチェ作の『ツァラトゥストラ』または『ツァラトゥストラかく語りき』の引用が多く含まれています。

引用部分には通常キャラクター顔絵の出る部分に表紙が表示されます。

各引用諸元は以下のようになっております。

『ツァラトゥストラかく語りき』河出文庫、佐々木 中 訳

2015年8月10日初版発行


※作中の引用は2015年8月10日初版による。

『ツァラトゥストラ』(上・下) 光文社古典新訳文庫、丘沢 静也 訳

2010年11月20日初版発行


※作中の引用は2010年11月20日初版第1刷による。

『ツァラトゥストラ』中公文庫、手塚 富雄 訳

昭和四八年六月一〇日初版発行


※作中の引用は第八版による。

それぞれの和訳の著作権は各訳者・出版社に帰属します。

(なるべく正確に引用しているつもりですが、トークメーカーの仕様上、圏点などの表示ができず、ルビなどで正確性を欠いている場合があります。そのほかで引用のミスなどありましたらおしらせください)

それ以外のキャラクターたちの妄言、暴言などの文責は著者:神楽坂らせんにあります。が、本文を御覧になった結果のニーチェやツァラトゥストラへの認識の変化(特に誤解や誤読)の責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

◆作者をワンクリックで応援!

85人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ