いかに主は導きたまうか。

☆. Oracle Spoken 劇中歌。

エピソードの総文字数=324文字

主は宣われる。

彼を吊り下げよ。
浮かせて、足場を与えるな。
しかし、まだ奈落へと落とすことはするな。
ただただ、宙吊りとせよ。

彼が、それゆえに苦悶煩悶することを我は望む。
不安に屈辱に心細さに身悶えすることを。
さらには、その上での奮闘を行わんことも!。

やがては、地の底の底へと彼は至らん。
水による洗礼、火による精錬が待ち受けよう。
暗夜にて、真の基盤を獲得せんが為に。

かってヨブに与えし時を、彼もまた潜り抜けん。
失うものは多いであろう。
これは、かって私が歩んだ道でもある。


我に依らずして、救いはあり得ない。
我が愛は真実なるものである。
最後まで戦い抜く者には命の冠を与えよう。


アーメン アーメン アーメン


◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ