クラフトラフト!

第一話 暴走クラフトル

エピソードの総文字数=699文字

守本巧人は人気のない市街地で黒いスライム状の塊を見つけた。暴走したクラフトルだ。

普通のものなら簡単に駆除できるのだが、今回発見した暴走クラフトル巧人が手に負えないほどの巨大なものだった。

巧人は、それの駆除を試みたが、逆に暴走クラフトルの反撃に遭い、袋小路へと追い詰められてしまった。


戦闘向きの資質のない巧人は、セオリー通りに通信機を手に取り、クラフトル管理局に今の状況を伝えようとしていた。

いつものより巨大すぎる……まずい、このままでは……応援を呼ばないと……!
……ガッ……ガガガッ……ザザーッ…………
局長! 俺です! 巧人です!

…………馬鹿な! 通信ができない! ……いったいどうなっているんだ!?

ケ・ケ・ケ・ケ・ケ・ケ…………
暴走クラフトルは、大きな波となり、巧人に襲いかかる。

今の巧人には、なすすべはない。だが、最後の悪あがきとして、持てる力の全てを暴走クラフトルへと向けるのだった。

くらえ! リリースクラフト! 「クラフトペイン」!
巧人は、クラフトの力が詰まったカプセルを取り出し、それを解放する。

そして、その力を利用し、想像による創造の攻撃を放つ。

その攻撃は、全てを分断する攻撃…………

やったか!
…………の、はずだった。だが、この巨大暴走クラフトルには、全く効果がなかった。
ケ・ケ・ケ・ケ・ケ・ケ…………
もう……だめだああああああ!
巨大暴走クラフトル巧人の体を包み込み、ゆっくりと侵食を始める。


その時だった。稲妻のような光が上空から降り注ぐ。

その光は真っすぐに巨大暴走クラフトル巧人ごと貫いた。


しばらくして、光は収束する。

光を受けた巧人巨大暴走クラフトルの姿は、そこにはなかった。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ