ファンタジー世界構築のための質問リスト ①:物理歴史・魔法編

[C 魔法とテクノロジー]

エピソードの総文字数=885文字

(1)テレポート呪文や魔法のカーペット、ドラゴン乗り等の魔法の交通・輸送手段がありますか? 彼らはどのように非魔法の移動手段に対してスピード、安全性、費用で対抗するのですか? (例えば、急患をテレポートさせる等) 魔法の旅に欠点はあるでしょうか?(何らかのコストが恐ろしく必要等な) 一般的にどのような目的で使用しますか? (楽しみのための旅行? 工場からの出荷のため?)

(2)迅速なコミュニケーションのための魔法がありますか? どのように一般的にそれらは使用されていますか? どのような目的ですか?

(3)魔法武器はありますか? 戦争で使用することができますか? どのような点で有利なのですか? 呪文は白兵戦に有用ですか? あるいは攻城兵器のように遠距離で利用できたり、効果が遅かったりしますか?

(4)どのように魔法の存在が兵器技術に影響を与えていますか? 魔法の武器をより効果的にすることはできますか? あなたは敵の呪文に抵抗するために壁を作ったり、鎧や武器に特別なことをする必要がありますか?

(5)どのように魔法の存在が武器技術に影響を与えていますか? 例えば非兵器型のオブジェクトを非常に致命的になるように武器としての能力を拡張したりすることができますか?(死のフライパン等) それとも、こうした魔法はもともと武器である場合にのみ正しく機能しますか?

(6)魔法は科学と考えられていますか? または科学者と魔術師は敵やライバルですか? 魔法と科学は互換性がありますか? どの程度の魔法は科学技術と交換可能ですか?(例えば、氷結の魔法は冷蔵庫に置き換えることができます) 彼らはお互いに技術を複製していますか? それとも技術を補完していますか? → [魔法と魔術師 B(17)]へ

(7)呪文や魔法のアイテムは、大量生産することができますか? 魔法の指輪を販売するブティックや魔法のじゅうたん工場がありますか?

(8)魔法は、製造や量産効率を高めるために使用することはできますか? この世界の企業は魔術師にどんな見返りを支払う必要がありますか?

◆作者をワンクリックで応援!

4人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ