【随時更新】16TONSのガラクタ設定置場

象徴キャラクター

エピソードの総文字数=3,713文字

とりまサンプルキャラ的な感じで随時更新していく。TRPGのプレイヤーキャラとしても、ボスとしても使える感じの。

特に空挺兵(パラトルーパー)迅速民兵(ミニットマン)魔女(ウィッチ)荒箒乗り(ラフライダー)暴虎馮河(デアデヴィル)は中核キャラとして贔屓していこうと思う。ていうか俺のキャラとして使う。『ナイトウィザード』の柊蓮司や『永い後日談のネクロニカ』のゾンビクイーンみたいに本来サンプルキャラやエネミーだったものがそういうキャラになったみたいな感じを出す。作品作る前から出すとすでに決めている。作品がほんとに出るかどうかはわからん。

空挺兵(パラトルーパー):ストームトルーパー/グレネーダー/スカウト

「取るに足らないがらんどう、それが空だ。それでも俺は、空を守るために戦い続ける」

兵隊として敵を奈落に落とし、時に仲間さえ見殺し、何の間違いか英雄なんぞになってしまった……それがキミだ。今日も今日とて掃射竿(ストレイフロッド)を構え、有象無象を空の塵芥に変えていくのだ。

迅速民兵(ミニットマン):イェーガー/スカウト/フェイ

「大きなシノギの匂いがする場所なら、どこでも飛んでいって、撃つよ」

いつ頃からか、キミは仙女(フェイ)ながら定命の人間たちに混ざって強弩(アルバレスト)を振るうようになった。折角生来の溢れ出んばかりの蒼があるのだ。仙女の共同体での秘儀に費やすより、強力な弾丸に換えて悪を滅ぼす方が世の中の役に立つってもんだ。

魔女(ウィッチ):ウォーロック/エンチャンター/オペレーター

「自分を大切にしなくっちゃあ駄目よ。生きてることそれ自体が“魔法”なんだから」

“魔法”。魔導の理論が確立するまで、その神秘的な力は確かにあったのだ。キミは魔導士でありながら、昔風の“魔法の使い手”を名乗っている……人々に希望と謎めいた夢を与えるために。希望を土足で踏みにじる輩には、夢を共有する仲間とともに撃退せねば。

荒箒乗り(ラフライダー):ピストレロ/マグネイト/スピードスター

「雑魚が何人集まろうが同じこと!オレのスピードについて来れはしないさ」

キミが航空士(アビエイター)になった動機は、ひどく単純なものだ。空を飛ぶこと、風と一体化することが好きなのだ。金や愛国心で動く航空士はそんなキミを嗤う。空さえ戦と血で満たされ、キミの自由を妨げる。構うものか、邪魔する奴らはぶっ潰せ!

暴虎馮河(デアデヴィル):バーバリアン/メディック/シェイプシフター

「どんな残酷な運命がやって来ようと、爪で引き裂いてバリバリ喰ってやるぜ!」

キミは空で戦い抜くため、人間よりずっと強靭な獅鷲(グリフィン)に変身することを選択した。さらに魔導で肉体を強化し、キミはどんどん人間から外れた存在になっていく。人として踏み留まるか、狂った獣になるか。キミの末路はどうあれ、まずは目の前の仕事だ。

鉄砲吊るし(ガンスリンガー):ストームトルーパー/イェーガー/ピストレロ

「抜きな!どっちが早く撃てるか、勝負と行こうじゃねえか………」

空というものは荒野よりも不毛な地帯だ。水さえない。しかし不思議なことに、怪物や盗賊にはしょっちゅう遭遇する。キミはこの危険地帯を渡り歩くにあたり、二丁の拳銃杖(ピストル)を相棒に定めた。

有翼重騎兵(フサリア):バーバリアン/ドラグーン/マグネイト

「我は民草を守護する誇り高き騎士なり。その武技、ご覧じろ!」

捜査員(インヴェスティゲイター):ストームトルーパー/ピストレロ/スカウト

「情報は揃ったわ。後はこれを有効に活用するだけよ、今すぐ」

大地が無くなっても、国家という概念はしぶとく残っている。必然的に、国益のために余所様の内情を探るスパイという仕事も無くならないのだ。キミの仕事はそんなスパイの一人として情報を持ち帰ることだが、戦闘という作業も起こりうる。妨害者には匕首(ダガー)の雨霰をお見舞いしてやれ。

吸血鬼(ヴァンパイア):ストームトルーパー/レヴェナント/シェイプシフター

「蒼き空が紅く染まってゆく光景なぞ、今さらお前たちにとってそう珍しくもあるまい?」

賢女(ワイズウーマン):ウォーロック/メディック/フェイ

「呪文を一つ二つ唱えたって、世界が変わるわけじゃない。あなたの翼で飛びなさい」

航空士(ナビゲーター):イェーガー/オペレーター/ピクシー

「ほんとあなた達って無鉄砲ね!アタシのアドバイス、ありがた~く聞きなさい!」

航空士(アビエイター)という人種は往々にして恐いもの知らずか、あるいは死にたがりだ。そんな奴らを正しい方向に導いてやるのがキミの仕事だ。小さな花魄(ピクシー)ができる仕事などたかが知れている。だが、そんなちょっとした仕事が大勢を生還させる、これほど痛快なことはない。

風笛奏者(バグパイパー):ストームトルーパー/スカルド/フォーン

「撃滅せよ、撃滅せよ!風と共に勝利はあるぞ!」

古参近衛兵(オールドガード):ストームトルーパー/バーバリアン/コグワークドール

「あいにくながら、絶望に屈するという行為は当機の設計上出来かねます」

主の手となり盾となるために、キミは造られた。だがキミは他の絡繰よりもほんの少し欲張りだ……世の中には護るべき人々が他にもいて、キミには彼らを残らず助ける力と意欲がある。大切な人を脅かす邪悪な存在に剣と盾を持って立ちはだかる壁、それがキミだ。

爆撃士(ボマー):ストームトルーパー/グレネーダー/スカウト

「もっとも尊き聖域、それが空よ。だからこそ私は、空を守るために戦い続ける」

兵隊として仲間たちの先頭に立ち、時に敵にさえ手を差し伸べ、必然的に英雄になることができた……それがキミだ。今日も今日とて怪力炸裂魔導(パワーボム)を行使し、有象無象から人々を守るのだ。

無法空賊(バッカニア):ピストレロ/キャプテン/オペレーター

「錨を上げろ、野郎ども!世界の空をまたにかけるのさ!」

先駆者(パスファインダー):ストームトルーパー/ドラグーン/グレネーダー

「はっきりと視えているぞ。飛び回るお前の姿も、魂も、そして死も」

キミと駆逐艦(デストロイヤー)との出会いは偶然だった。しかし、今やその鉄の巨人はキミの目となり手足となり、並み居る侵略者どもを文字通り駆逐してきた。だがキミは時々思う。必要とされているのは自分か、それとも駆逐艦なのか?答えはまだ出ない。

(サムライ):バーバリアン/グレネーダー/レヴェナント

「我が血肉が朽ち果てようと、もののふの魂は不滅にござる!」

キミは東夷――人を探して殺すだけの無慈悲な骸骨であった。しかし、自然魔導の作用か、それとも何者かの解呪か、ともかくキミは突如として木之花国の戦士としての自我を取り戻した。であれば、やることは一つ。同胞を安らかに眠らせ、奈落に堕ちた祖国の尊厳を回復するのだ。

戦略家(ストラテジスト):キャプテン/マグネイト/オペレーター

「我々の使命は敵を仰天させることじゃあない。生き抜くことだよ」

異端審問官(インクィジター):ストームトルーパー/メディック/スカウト

「自身や他者を傷つける信念が正道であるものか。私は私を天空に導くものを信仰する」

彼らが本当に神なのかはともかく、キミは“神々”と呼ばれる存在が今なお大地を喪った世界を祝福していることを確信している。しかし、神々の善なる意志にもう添えない人々もいる。摩天者(スカイスクレーパー)。天空さえ否定する破壊の権化。彼らを断罪し大地に還してやることもまた、神々の思し召しなのだ。

秘奥者(エソテリシスト):ウォーロック/オラクル/ジニー

「たとえ呪われし業火に灼き尽くされようとも、私は奈落を覗き続けるだろう」

整備士(メカニック):ピストレロ/エンチャンター/ドワーフ

「手入れが足りないんじゃない?ちょっと掃除してやれば、ほらこの通り」

白鳥乙女(スワンメイデン):バーバリアン/スピードスター/セルリアン

「世界はとても窮屈だわ。だからこそ、自由に飛んでいく気持ちが大事なの」

キミから見れば、大地という巨大な鳥籠が壊れてなお、人間は自らに囚われているように思える。キミを天使(エンジェル)と呼び崇めたり、不吉な天狗(テング)であると追い立てる行為もそうだ。そんな眼差しをするりとかわし、自由に飛ぶがいい。絡繰翼(クロックウィング)や箒なぞ追い越してしまえ。

国家憲兵(ジャンダルム):バーバリアン/スカウト/セントール

「秩序を乱す不埒な輩は、この薙刀ですっぱり散らして見せよう」

鷂銃士(マスケティア):イェーガー/バーバリアン/グリマルキン

「この剣は誉れ高き祖国のため、この銃は守るべき民衆のため、この翼は己の航路のため」

歌姫(ディーヴァ):キャプテン/スカルド/セイレーン

「心を込めて紡がれた歌は、争う戦士の心を蕩かし、天さえ震わせる」

赤龍(レッドドラゴン):ストームトルーパー/ウォーロック/ドラゴン

「英雄を目指して奈落に落ちたり、心を壊し蒼の中に堕ちたり、定命の者は儚いものよの」

ページトップへ