AAΛY みんなあなたに祈ってる。

◆01それは心に起こる-Ⅰ 裁かれる女

エピソードの総文字数=1,459文字

 日干(ひぼ)煉瓦(レンガ)の壁にあいた小さな窓から、星影(ほしかげ)が青く降っている。仮庵祭(かりいおさい)のにぎわいは去り、外は静かだ。
 男の手が体を()い続けるので、時折あえいでみせねばならない。
 あと少しの辛抱(しんぼう)だ。
 夜が明ける前に男は帰る。それまでは、みすぼらしい天井を眺め、前金で受け取ったわずかな対価の使い道を考えよう。
 まずは麦。
 七日におよぶ仮庵祭の間もずっと一人で薄い(かゆ)をすすっていた。久しぶりに粉を練り、かまどから立つ香ばしい匂いに満たされて、焼き上がったパンを(ほお)()りたい。
 わたしのことなどまるで(かえり)みてくれないあなたでも、そのくらいはお(ゆる)しになるでしょう。

 男は熱い息を吐き、また体をのせてきた。
 律法に反するのは知っている。でもほかに、どうやって生きろというの。
 幼い頃わたしの親を殺した強盗は?
 (もの)()いをするわたしを犯して逃げた男らは?
 助ける顔で体を売らせ、上前をはねた老女はどうなの?
 なぜ彼らは罰せられないの。
 わたしだって一応は、まともに働こうとしたんです。刈り入れの手伝いや、家事の下働きでもさせてほしいと、何軒も訪ねて回りましたよ。だけど、夫のある女は(さげす)んだ目でわたしを見るし、男はずるい。はじめはいい顔をしていても結局は下心があるんです。
 どうかあなた、教えてください。わたしはどうしたらよかったの。

 いけない。
 男の前で涙を見せたら、余計に見下されるだけだ。
 この男が再び果てて帰ったら、壁に印を一つつける。それまでは泣いてはいけない。
 百か、二百か、壁に刻まれた(きず)を見て、意味を尋ねた客もいる。
 今までにした恋の数、一本のアーモンドの木に咲く花の数、かなわなかった夢の数。都度、適当に答えるけれど本当は、流れついたこの空き家でわたしを買った男の数、わたしの犯した罪の数。
 男はもうじき果てるだろう。

 そのときだった。
 腐りかけた板の扉が乱暴に開き、誰かが家に入ってきた。
 一人ではない。二人、三人。(ほこり)が舞い、ランプの光が目に刺さる。
 わたしを買った男は跳ね起き、素早く自分の衣を拾って逃げた。四角い尻が、一瞬、灯火に浮き上がり、外の闇に消えていく。
 わたしは湿った寝床で半身を起こし、薄汚れたウールの上着で肌を隠した。
「女。姦通(かんつう)の罪でおまえを捕らえる」
 ランプを持った男が言った。見たところ、神殿の下役たちだ。
 わたしはため息をつき、ほつれた亜麻(あま)の衣を身に巻きつけて上着をはおる。今夜どこで寝ることになっても、生きていれば上着にくるまって眠るのだ。これはたった一つのわたしの財産。

 外に出ると、朝の光が差していた。
 見上げれば、街並みの向こうに神殿の丘がかすんでいる。てっぺんに白い巨大な壁がそびえ立ち、明けた空に映えている。あそこへ引っ立てられて裁かれる。そう思ったらほっとした。
 陰府(よみ)には何も持っては行けない。衣も、金も、装身具も、肉体も血の一滴すらも、何もかも脱ぎ捨てて、旅立たなくてはならないのだ。
 富める者もわたしも同じ。みんな同じだ。

 怖い?
 そう、怖いけど、怖い以上にほっとする。
 陰府にはわたしを(おとし)める者も、(はずかし)める者もいないだろう。そこでは誰もが死者であり、もう、罪を犯して生きなくてもよいのだから。
 そうでしょう、あなた。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ