ファンタジー世界構築のための質問リスト ①:物理歴史・魔法編

[B 気候と地理]

エピソードの総文字数=732文字

(1)人間の活動は、さまざまな地域で気候、景観等に影響を与えたことがありますか? それはどのような活動がきっかけですか?(例:サハラ砂漠の広さは農業によって増加している) 並行世界(パラレルワールド)の地球の場合は、これこそが「並行世界(パラレルワールド)」の要因ですか?(北アフリカに人がいなければ、砂漠の成長はおそらくもっと時間が必要)

(2)地球からの差異(複数の太陽、衛星等)は、様々なエリアの気候にどのように影響を与えますか?

(3)どのくらいの土地が、赤道温帯、および極性地(地球では両極)の各ゾーンにありますか?

注:気候は侵食や風化を通じて景観に影響を与えます。もちろん動植物の分布や土壌の形成も。その結果、作物が成長するかが判断できます。どんな動物がその気候で生存できるかや、人々はどのような服をその天候に対処するために着用する必要があるかの検討も重要。それらがちぐはぐであったり家々を建築できないような地域・場所に人は住めません。また冬場の水の凍結や融解は、旅行の方法を変更させます。(水路が凍結したり、洪水・氾濫等)天候はスキー等の、利用可能なスポーツにも影響を与えます。これらすべてを勘案し、気候と人々の生活とが正しく一致していますか?

(4)主要な山脈、河川や湖沼、砂漠、森林、熱帯、草原と平野は設定できていますか?

(5)生態系に適合しない想像上の動物(ドラゴン、ユニコーン等)がいる場合はどうなりますか? 彼らは何を食べますか? 彼らはどのくらいの生息地を必要としますか? 彼らはどこにでも生存できますか? または彼らが好む特定の地形や気候の種類が必要ですか? 彼らはインテリジェントな存在? 呪文を唱えることが可能ですか?

◆作者をワンクリックで応援!

8人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ