蜜時のアリエル ―全年齢版―

0◆プロローグ

エピソードの総文字数=152文字

 琶右(わつき)は自分が落ちていると感じた。

 どこから落ちているのかはわからない。
 どこへ落ちているかもわからない。

 光も届かない深海のような、息苦しい場所をただただ静かに沈んでゆく。

 どこまでもどこまでも深く……。

 それにあらがおうという気力は、疲れ果てた彼女に残されてはいなかった。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ