クラフトラフト!

第三話 覚醒

エピソードの総文字数=828文字

巧人紅葉は、巨大暴走クラフトルに囲まれ、逃げ場を失った。

ドーム状に広がった黒い壁は光を遮断する。わずかな隙間から差し込む光で、お互いを確認するのがやっとの明るさだ。

これ、どんなアトラクションなの?

(俺の見込み違い……この娘はクラフターストライカーとは無関係だったのか……)

紅葉さん、よく聞いて。これは、アトラクションじゃないんだ。そして、僕たちは今、かなり危険な状態にいる。
ええ、もっと早くそれを言って欲しかった。で、どうすれば助かるの?
助かるには、君の力が必要だ。なぜだか知らないが、君にはその力があるんだ。
ええー……。わたし、何もできそうにないよ……。
大丈夫、俺を信じて。今から力を使ってストラクチャーユニットを生成する

生成したら、そのユニットを抱えて「クラフトラフトエクスチェンジ」と叫んでほしい。


よくわからないけど、それで助かるのね。
巧人は、クラフトの力が詰まったカプセルと宝石箱をとりだし、その宝石箱にカプセルをセットした。



じゃあ生成するよ。

リリースクラフト! 「ストラクチャーユニットロールアウト」!


カプセルと宝石箱は、光を放ちながら合成を始めた。やがてそれは、動物の形を成し、猫のような姿へと変貌を遂げるのだった。
ニャア……ニャア……
なにこれ、かわいい♡
早く! それを抱えて叫んで!
うん……えっと……。

クラフトラフトエクスチェンジ」!


声紋認証記録、初期設定完了。

クラフターイメージ構築。完了。

エクスチェンジ開始。

あ……猫が光っ……
猫型ロボットは粒子となり、激しい光を放ちながら紅葉の体を覆った。やがて粒子は収束し、紅葉クラフターストライカーへと変身させた。
こ、これ……なんだか、かっこいい!
それが君の力の具現化なんだね!

その形態……名付けるなら……。


暁のナイト


すごく、強そうだ!

さあ、この黒い壁をその剣で切り裂くんだ!

うん、やってみる!
こうして紅葉は、無事、クラフターストライカーへと覚醒した。

巨大暴走クラフトルとの戦いが始まる!

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ