超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

人の罪を赦すなら、あなたの罪も赦されループに入ります。④

エピソードの総文字数=5,974文字

 文化祭。


 それは、羽里学園における一大イベントであり、なんと、一学期の前期文化祭、二学期に中期文化祭、三学期に後期文化祭と、三回もある。

 

 なんで文化祭ばっかり、そんなあるんだよ、と他の学校の生徒なら思うだろう。

 が、その答えは簡単だ。

 元イジメられっ子の女子高生が理事長になり、自分が通いたい学校を作ったらどうなるか?


 こうなる。

『みんなで仲良く盛り上がれるイベントてんこ盛りがいい!』

『でも体育祭だけは嫌!

 障害物競走で跳び箱から落ちた、体育祭死ね!』

 いわばそれは、〝わたしのかんがえた、さいきょうのがっこう〟であり、羽里が小中学生で失った全ての取り返す事ができる楽園。

 それが羽里学園なのである。


 ゆえに学校行事が過密状態になってしまったのはご愛敬。

 生徒会長選挙と文化祭準備が重なるなんて序の口で、学校行事が表記された校内のカレンダーは、1943年12月におけるラバウル航空隊の出撃記録表のごとき殺人的過密さだ。


 勉強はいつするんだ?


 そんな疑問は羽里のような天然優等生には無意味だ。

 ああいうやつらは、凡人の苦労なんてわからない。

 授業を聞いてるだけで、さらっとオール5(ただし体育だけは1か2)をかっさらっていくのが羽里という奴なのだ。


 じゃあ、一般人たる俺たちにとっては、迷惑か?

 そうでもない。

 そりゃ校則が厳しいのはきっついが、こんな学校、楽しいに決まってるじゃないか!




 で。

 昼休みになった瞬間。俺はその天然優等生、羽里にこっそり電話で連絡を入れた。

「学校生活に関して相談がある。

 これは職員としてのお前への相談だ。生活指導室で会おう」

 とだ。

 召愛の取り巻きと見られている俺と、人目のある所で話し込んでるのを見られたら、羽里に、とばっちりがあるかも知れない。

 俺だってそれくらいは気を遣う。




 で。


 遊田と二人で生活指導室に行った。

 別に俺一人でも良かったんだが。

 遊田いわく――

「召愛のメッキを剥がすための作業なら、

 積極的にやるに決まってるでしょうが」

 などと、性格良さそうな発言をしながらニコニコ付いて来たのだ。


 羽里は俺たちと顔を合わせた時、今度はなんだと、怪訝そうな顔をしてたよ。

「……」

「単刀直入に、言うよ。召愛の状況の問題だ。

 とてもじゃないが。召愛は選挙戦を戦うどころじゃない。

 これを改善したいと考えている」

「あたしは改悪したいと考えてるわ」

「あの、なぜ、この話題で遊田さんが一緒なのでしょうか……」

 当然の疑問だ。

 召愛への風評被害の相談に来ておいて、

 その風評を広めた張本人が一緒に居るのは、不可解極まるだろう。

「それは、おいおい説明する。

 俺と遊田の動機は違っても、やろうとしてる事は同じだと考えてくれれば良い」


「そう……ですか。


 わたしとしても、選挙を戦う相手が、不当なイメージを持たれて、まともに活動ができないのは看過したくありません。


 これではフェアとは言えない。五分五分の状況で勝たなければ、召愛は私の正しさを、きっと認めてくれない……。


 だけど、召愛自身が、今の状況を許容してしまっている以上、わたしからは理事長として何もできない……」

「でも、一生徒としてなら、できることもある」

「……?」

「俺が考えてるのはこうだ。

 文化祭を通して、召愛とクラスメイトを交流させて、ありのままを知って貰って、関係を修復できないだろうか。


 クラスとの関係が良くなれば、それ以外の生徒からの目も変わってくると思う」

「あたしが考えてるのはこうよ。

 文化祭を通して、召愛のメッキを剥がせないだろうか。

 

 そうして、あいつがクズだってことを証明して、奈落に突き落としてあげようと思ってるの」

「まったく、遊田。

 お前のクズクズしさは、素晴らしいな。

 そこまで行くと、いっそ清々しい」

「だって人間だもの」

「それはやめとけ、みつをが泣くぞ。謝れ、みつをに謝っておけ」

    ――ゴホン! 


「つまり、コッペくんと遊田さんは、文化祭で召愛に、何かをやらせようとしている点で協力関係にある、という事ですね?」

「そういうことだ」

「文化祭を通じて関係を修復、とは具体的にどのようにでしょうか?」

「俺たちが考えてるのは、クラスの出し物をだな。

 みんなが一丸となって、一つの物を完成させるような物にすればいいと思うんだ」

「なるほど。

 となると、なんらかの制作物の展示、でしょうか?」

「そんなんじゃダメよ。

 分担流れ作業じゃ、召愛のクズさがみんなに伝わらないわ。作り上げてる過程でコミュニケーションが頻繁に必要になりそうなのベストね」

「コミュニケーションを取りながら、一つの物を完成させるという部分に重点を絞るなら、例えば、演劇……」

「そうだ、それだ。それがいい!」

 ところがだ。

「はぁ……やだやだ」
 遊田がこれ見よがしに溜息を吐いてだな。

「これだから素人は……。

 いい、演劇ってのはテレビドラマで言えば、やり直しの利かない一発撮りみたいな物なのよ。血の滲むような日々の稽古で、初めて成立する芸能なの。

 

 学校生活の片手間に練習するような学生劇なんて、どれもこれも、お粗末なものよ」

「じゃあ、他にアイディアあんのかよ。

 つーか、お粗末になるなら、お前は万々歳なんじゃないのか?」

「冗談じゃないわ。演劇となったら、あたし自身が出演しないわけにはいかない。だとしたら、半端な舞台なんかに立ちたくない」

「お前が出ることが目的かよ。主旨変わってんじゃねえか……」

「そういえば、遊田さんは確か、子役をしていた、プロの方でしたね」

「そうよ。

 あたしこそは、『ゴールデンタイムの小公女』と呼ばれた遊田イスカその人なんだから。


 出演ドラマは23本。

 映画は15本。

 舞台は5本。

 吹き替え声優16本。

 アニメ声優10本。


 サインが欲しければ、あげないこともないわ」

「俺はいらん。

 テレビとか全然見てなかったし、お前の名前すら知らんかったわ」

「なっ……!」

「だいたい、遊田が有名だったのは、小学校の頃までだろ。

 今は、ただのクズクズしみ深い女子高生じゃねえか」

「ふん! 

 テレビを見ないオタク根性の奴なんてどうでもいいわ。

 ね、羽里さん、羽里さんは欲しいわよね。あたしのサイン」

「わたしもテレビはディスカバリーチャンネルしか見ません。

 芸能界には、興味がありませんので、遠慮しておきます」

「むっ……!」

「しかし、遊田さんの芸歴は、プロ中のプロと言っても過言ではないでしょう。意見は考慮すべきです」

 確かに子役の中でも、スーパーガチ勢の部類に入る。


 けど、そんだけ凄い奴がなんで、役者を辞めちまって、ただのクズクズしい女子高生に落ちぶれちまったんだろうな?

「よって、遊田さん。

 良いアイディアがあれば教えて頂けないでしょうか?」

 羽里の場合、こういう台詞がお世辞ではなく、単なる本音だ。

 だからこそ、遊田の自尊心をコチョコチョしまくっちゃったのだろう。

「ふふーん!」

 なんて感じで鼻が高々すぎて、標高9千メートルくらいになりそうな位、胸を張って、顎をつーんと上げちゃうポーズでだな。偉そうに腕組みして――

「そりゃあ、もちろん、映画よ。え、い、が」
 と、言ったのだった。


 映画、だと?

「わかるかしら。

 映画なら、役者やスタッフの実力不足もやり直しが利くからカバーできるし、編集で誤魔化せる部分も多いわ。


 それに作業時間が不定期にしか取れない学生でも、コツコツ撮り貯めしていけば、完成に漕ぎ着けられる。


 素人がやるなら、演劇より、映画のほうが向いてるのよ」

 おお……なんだよ。

 こいつ、すげえまともなこと言うじゃねえか。

「ついでに言えば、舞台は公演場所の争奪戦もネックになるわ。

 文化祭当日の、体育館などの使用状況に左右されずに、狭い教室でも上映できるのはメリットね。


 で、演劇や映画の観客動員数は、

期間中に何回、上演・上映できるか』で大きく変わってくる。


 文化祭って三日間だけでしょ?

 映画なら教室や視聴覚室、その他空き教室でも同時上映できるから、動員観客数も演劇より、ぜんぜん増えるわ」

(ほ、ほお……)
 俺はわりと普通に感心してしまった。

 けど素直にこいつを褒めるのもなんか悔しいぜ。

「なるほど。さすがはゴールデンタイムの小公女ですね」

「えっへん」

「コッペ君。

 あなたの協力者の人選は、大正解だったように思えます」

「ま、まあな。動機以外の点で、遊田の案はパーフェクトだと思う。

 これで決まりでいい。


 でだ、次なる課題だが、この映画案を、どうやってクラスの皆に賛同してもらうかだ。出し物は、クラスみんなから、他にも案が出るだろうしな」

 これにも遊田が颯爽と手を挙げた。

「あたしに、良い考えがあるわ。やり方は単純よ。


 ゴールデンタイムの小公女であるあたしが、映画を主演すると宣言すれば、みんな賛成するに決まってる。いえ、むしろこの企画を広告代理店に持ち込めば、スポンサーすら集まるでしょうね」

「いやいやいや……。

 

 遊田なあ、いくら昔は有名だったからって、三年も芸能活動してないんじゃ。普通に『あの人は今』状態だろ。ファンなんてもう居ない」

「そ、そんなことないわよ。絶対、上手く行く!」

 まあでも、こいつの、容姿、についてだけは、男子から人気があるのは事実だ。


 しかし、あくまで、容姿、の人気だけであって、遊田本人が言うほどの求心力が有るかと言えば、やはり疑問。

 もっとこう、男子からだけじゃなくて、女子票もかっさらえるようなのは……。

 って。

 居た。目の前に、その現物が居た。

「……?」

「な、なんですか、コッペ君。

 そんなに意味なくじっと見られると……」

「羽里。

 文化祭の出し物を決めるホームルームの時に、お前から、映画を提案すりゃいい」

「わたしが……ですか?」

「そうだ。

 お前は今や、全男子にとってのアイドルであり、全女子にとってのマスコット、そしてペット。そういう奴が映画をやりたいと言い出したら、皆はどんな想像をする?」

「いまいち、言っている意味が……」

「あー、やだやだ。嫌だわあ、そういうの。


 コッペが言ってるのって、要するにアレでしょ。

 アイドル映画。


 ストーリーの良し悪しとか、役者の演技の技術なんてどうでも良くて、アイドルの人気だけで、観客を引っ張ってくるっていう、業界最底辺の仕事よ。そうやって、三日間放置した生ゴミみたいな映画が作られるんだわ」

「まあ、そういう事になっちまうんだが。

 羽里、お前ならクラスの半数、男子票は確実に独占できる。


 女子もお前のファンが居るし、スクリーンでの活躍を見たい奴は多いだろう。お前が映画と言い出すだけで、100%これに決まる」

「し、しかし、そうなると。

 わたしが……主役級の役を、やらされる流れになるのでは……?」

「クラスのみんなそのつもりで、映画に票を入れるだろうな。

 羽里が主役じゃなかったら詐欺になる」

「ま、待ってください。わたしは演技なんかできない!」

「選挙活動で、人前であんだけ上手く演説してるんだ。

 同じようなもんだろう」

「別次元です。だ、だって、映画では……よくあるじゃないですか」

「なにがだ?」

「家族で洋画を見てると必ず、その……気まずくなるような、き、きききき、きき、きっききっきき……!」

 などと謎の言語をどもりながら、羽里は恥ずかしそうに、どんどん俯いてしまっていくわけだが。

「なんだそりゃ、猿の演技か。今から練習熱心だな」

「違います。

 その、つまり、だから、あの、き、きききき

 キスシーンとかあるじゃないですか!」

 演目すら決まってないのに、そこを心配してるのかこいつは……。

 お茶目な奴め。


 遊田は、なんかもう、呆れた目で羽里を見てたね。これだから素人は、みたいな目だ。

「はぁー……」

「だったら、キスシーンがない演目にすりゃいいじゃないか」

「で、でも。べ、べべべっべっべっべっべべべべべべべべっべ――」

「今度はなんだ。琵琶法師の物まねか。

 演目として平家物語はちょっと渋すぎんだろ」

「べっべべ、ベッドシーンとかあるじゃないですか!」

「……」

 高校の文化祭映画でベッドシーンってチャレンジャーだなおい。

 いったい、どんな演目を想定してるんだこいつは……。

 お茶目すぎる奴め。


 遊田は、完全に白けてて――

「うわぁ……なにこのキャピキャピ生物……」
 などと感想を述べてらっしゃいました。

「あー……羽里。

 だったら、ベッドシーンがない、演目にすりゃいいよな?」

「それでもまだ、

 ら、ららららっら、らららーららーららーらーラララ――」

「サウンド・オブ・ミュージックか?

 ミュージカルは良いかもな。難しそうだが」

「ララララ、ラブシーンもあるじゃないですか!」

「いやお前。

 ラブシーンって、キスとかベッドシーンの事じゃないのか……?」

「イチャイチャしたりもあるでしょう!」

「それくらいは、まあ、がんばれ」

「無理です。

 わたしは男性とイチャイチャしたことがないから、出来るわけがありません!」

「あーもう、じれったい!」

 遊田が目をつり上げた顔を、羽里へズイッと近づけました。

「いいこと羽里彩。アイドル映画で観客が求めてるのは、まさにそのリアクションなのよ。


 誰も演技力なんか求めてない。

 役に挑戦する初々しさが、ファンをブヒブヒ言わせるの。


 そこにしか期待されてないんだから、せいぜい、そうやってブリッ子全開で、カメラの前でキャピキャピしてりゃあ、いいの」

「初々しさとか……余計に照れてしまうので!」

「だったら、ラブシーンは遠慮してくれと、ホームルームで言えば良い

 そうすれば、みんな、空気読んでくれるんじゃないの?」

「そ、そうですね。

 よく考えてみれば、わたしを支持して、映画に票を入れる人たちなら、わたしが照れてしまう事などやらせるわけがない。


 では、そのようにしましょう」

 遊田が俺に振り向いた。

 その表情はなんていうか、こう言いたげだ。

(うわぁ……、なんだこの、お花畑思考。

 ラブシーン止めてください、とか口に出して言ったら、むしろ、やってください、という振りになるのが、わかってないんじゃないの。


 ブリッ子してるならともかく、素でこれなら、なんかアレだわあ)

 安心しろ、遊田。こいつは素でこれだ。

 俺たちとは生きてる世界が違う。


 そして、羽里彩よ……。

 お前は元イジメられっ子のくせして、人間という生物に信頼を持ちすぎだ。

 

 一つ言っておいてやる。

 お前みたいな優等生の三分の一も、俺や遊田といった一般ピープルはモラルを持ち合わせてない。


 アイドルやマスコットに自分たちの考えた映画を好きにやらせられるチャンスがあったら、みんながどんな企画を出すのか?


 すまん、俺もちょっぴり楽しみだ。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ