魔人どうでしょう?

(9/12)亘理美穂

エピソードの総文字数=3,029文字

○亘理 美穂(わたり みほ)

性別:女


拙作『新卒クエスト』よりゲスト参戦。

齢11歳にしてワタリ株式会社社長を務めるスーパーな幼女。

その実務は魔人を必要としている人の元へ派遣してあげる仲介業者である。

べつに頭が良いわけではなく、いつも会社で働いているので色々と足りてない。

思い切りの良さだけはピカイチで、仕事回しの早さは大人も顔負け。


魔女の母と普通の父を両親に持つ至って普通の女の子。

彼女にも魔女の血が流れており、

火属性の下級魔法を唱えることが出来る。

いつも勉強そっちのけで世の中を良くすることばかり考えている。

そんな彼女から新たな可能性を見出した叔父から資金を譲り受け、

10歳の誕生日にワタリ株式会社を設立した。

叔父のお膳立ても大きいが、経営はとても上手く行っている。


魔人が迫害されている今の社会に不満を唱え、

一般人と魔人の良好な関係を築く仕事に人生を捧げている。



能力名:赤き革命児

対象の持っている能力・素質を瞬時に暴くことのできる能力。

対象が魔人であればどんなに秘匿された能力であっても看破することができる。

対象が一般人であっても個人の特技やパラメーターを見抜いてしまう。

多くの一般人や魔人と取り引きするうちに発症した能力。


戦う動機:正義感が強く、悪には容赦しない。

ただし交渉の余地があるならそっちを優先する。





作者:如月真琴

◇ ◇ ◇
時刻は現在17時! 本日も一日お疲れ様。

まだ電車の人も居るかしら。

まだ会社?まだ学校?それはそれは大変ですわねぇ。

魔人どうでしょう? 今日もミルカと蓮華でお送り致しますわ♪

今日も楽しくやらせてもらうよー。

えっと、本日のゲストは……っと、社長!?

ワタリ株式会社の社長だって!

やべぇ人呼んじゃったよどうするミルカ!?

狼狽えることはありませんわ。

ここに呼ばれたということは相手は魔人。

いつもと同じように楽しいお茶会にしましょう

そのお茶会、お菓子代はいくらまで?
あらあら……ダメじゃない、お嬢ちゃん。お母さんはどこ?

今は収録中だから、お姉さんたちの邪魔しちゃダ・メ・よ♪

ところで、ゲストの社長さんはどこだい?
目の前です。何ですかお嬢ちゃんって。

私が社長だからここにいる。それだけですよ!

あ、やっぱりぃー……。
それは大変失礼致しました。

ところでお嬢ちゃん、あなたの身分を証明できるものはお持ちかしら?

名刺ですねー。名刺を出せばいいんでしょー。

どこにしまってたかなー……ゴソゴソ……はい、お姉さん。

ふむふむ…………ワタリ株式会社 代表取締役 亘理美穂…………ね。

あら?ワタリ株式会社の社長のお名前は亘理鉄蔵だった覚えがあるのだけれど?

あぁ、それは叔父の名前です。

私が社長をやっていることをあまり世間に公表されては困るので、

便宜上叔父が社長だということになっているんです。

叔父さんはお金を出してくれてるだけで、

業務の方は私が全権を請け負っています。全て本当のことですよ。

なるほどなー。ワタリ株式会社はテレビCMでもよく見かける超一流企業のイメージだけど、その実態は複雑だったんだねー。

ミルカはもう納得した?

えぇ、全て氷解しましたわ。

社長様、今までの非礼をお詫び致します

いいよー。そんな堅苦しいこと言わなくたってー。

年齢はお姉さんたちのほうがよっぽど上でしょ?

そうね、むしろあなたが敬語を使うべきだわ
おいおい……仮にもゲストなんだからさぁ……
ごめんなさい、お姉さん。

実を言うと、私は未だに敬語?とか謙譲語?

とかよく分かってないんです。

私に直接会う人にはそう説明してるし、

必要があれば代理の者を立ててる。

だからどうしてもフランクな喋り方になっちゃうけど許して。

しょうがないさ。だって君はまだ小学生だものね
仮にも社会人なんだからそれぐらい勉強なさいな……
ううー。ごめんなさいー。
まぁミルカや私よりよっぽど偉い立場に居るんだけどねー。

そんなミホちゃんの魔人能力は何だい?

周囲に居る人たちが魔人かどうかを見分け、

能力まで見抜いちゃいます!

たとえば蓮華さんは男性として生まれながら女性らしさに特化しているので、セラピストとしてのポテンシャルが高いですね。

おおー、嬉しいこと言ってくれるじゃないかー。

セラピストかー。どれ、仕事に疲れた男性諸君のために一肌脱ぐ商売でもはじめようかなっと――

それは風俗じゃボケぇ!!
あ、あはは……。

ミルカさんは……うーん……何ですかこれ。

イメージを伝える? 声を通じて集団意識を変革させる?

ごめんなさい。私には難しすぎてさっぱりです

うふふ、あなたの能力も完全ではないということね。

いくら相手の情報が分かっても、

それを活かせなければ意味は無い。

ちなみに、私はこういうことが出来るの。

これは……海……?
綺麗な砂浜に青々とした空……とても綺麗な海辺ですね。

これがイメージを伝えるということ――楽しいです!

そうでしょう? あなたさっきセラピストと言ったけれど、

セラピストなら私のほうがよっぽど向いてるんじゃないかしら。

声とイメージで元気を届ける……そういうことが私には出来るのよ。

ひゅー!ミルカちゃんかっこいいー!
なるほど、あなたの能力はそうやって使うものだったのですね。

また一つ勉強になりました。

あと、よく分からないとか言ってごめんなさい……。

全然気にしていないわ。よく言われるし、慣れっこなのよ。

でも、どんな能力にも使い方がある。

それを誰よりも気にしているのはあなただわ。ミホちゃん。

そう――ですね……。

ワタリ株式会社は表向きには業務を明かさず、

ただの業務委託会社ということになっています。

ですが本当のウチは、

魔人と魔人を必要としている一般人を結ぶ派遣会社なんです。

今日ここに来たのも、本当のワタリを広くアピールするためです。

魔人を必要としている一般人……か。

たしかに一般人には出来ないようなことも

魔人なら簡単にやり遂げてしまうかもしれないね。

そういう風に助け合っていける社会を目指しているなら、

我々エフエムダンゲロスは全力で君を応援するよ。

えへへ。ありがとうございます!

今日はとても楽しかった!また遊びに来るね!

あら、もうトークタイム終了の時間かしら。

まだまだ質問したいことはいっぱいあったのだけど……

無駄な話を挟みすぎた?

明らかに最初の小芝居は長すぎたと思うんだけどな……
ああいうのはお約束なの。

お互い緊張もほぐれて話しやすくなったと思いますわ♪

お姉さんたち、本気でミホのことを馬鹿にしてるのかと思ってた。
ほら言わんこっちゃない。やりすぎだよ。
◇ ◇ ◇
本日もあっという間にエンディングのお時間がやってまいりました。

今日は可愛らしく、そして頼もしいゲストの方でしたわね。

ワタリってもっと堅苦しい会社をイメージしてたけど、

本当は魔人に優しい会社だったんだね。

ほんと、聞いてみないと分からないことはたくさんありますわ。

私だって直前まで亘理鉄蔵さんが来るのかと思って

胸がドキドキしていましたもの。娘ならそうと早く言ってくださいな。

ミホちゃんみたいに単純明快な能力持ちがいればいいんだけど、うちらの魔人能力はお生憎様、

タダで世間の真実を暴けるほどスタイリッシュじゃないんだなぁ

そこはそれ。知らないからドキドキしたり、

ハラハラしたりできるのですわ。

全て分かってしまっては面白みがない。

なんだか今日のミルカちゃん、ちょーかっこいいね!
そ、そんなことないわよ……。照れるじゃない。
おっぱいは付いてないけど。
しっかり付いとるわボケぇ!!

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ