超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

汝、パンを食いながら全力疾走することなかれ。

エピソードの総文字数=7,635文字

 誰でもいいから、今すぐ、俺に教えて欲しい。

 

 人生で初の彼女が、〝出来てしまう〟かも知れない運命を感じた時。

 その女の子が、イエス・キリストの生まれ代わりを自称しだしたら、俺はどうすればいいのか。


 たぶん、俺の悩みは子供電話相談室でも受け付けてくれないだろうし。

 ヤフー質問箱に投稿したら、ネタ投稿としか思われず、

『可愛いなら、相手がキリストでも良いじゃん』と言う奴すらいるかも知れないが。


 なんせ、〝そいつ〟ときたら、ただの女子高生のくせに――。

「私には、全人類を救う使命があるんだ。

 今日から活動を始めようと思う。


 まずは、アメリカ大統領と面会して、全ての戦争を止めさせる説得をする。

 次に中国へ行き、人権弾圧を行わないよう確約させ。

 あとはロシアに健全な民主化を約束させる。

 ついでに北朝鮮で説教して核開発を停止させたら。

 国連で10時間ほど演説したい。


 それらに関連する事務作業が、弟子つまり君の仕事になるが、

 トランプと、習近平と、プーチンと、金正恩にアポを取っておいてもらえないか」

 などと真顔で言い出し、俺がスルーしようものなら、こいつは本当に、アメリカ大使館に電話を掛けて――。

「あ、もしもし、アメリカ大使だろうか。

 こちらは、イエス・キリストの生まれ代わりです。

 トランプ大統領と面会させて欲しいのだが」

 などと、大真面目にやりだしかねない奴なのだ。



 俺の悩みが理解して頂けただろうか?


『いや、わからない』というなら、もうちょっとだけ話しを聞いて欲しい。

 たぶん、俺の悲しい運命を分かってくれるに違いない。


『うん、すごくわかった』という人は、俺がなんで、そんな変な奴に巻き込まれてしまったのかを聞いて欲しい。そして、同情してくれ。


       事の始まりは、高校入学の初日、つまり今朝

       なのだが――

 高校入学の初日って、なに思い描いてた?

 俺は、出会い、を思い描いてた。


 例えば。

 遅刻しそうになって駅前を走ってたら、パンをくわえた女の子と衝突しちゃうような。その女の子が飛び切り可愛かったりするような。

 そして、偶然にも、同じクラスで、隣の席になっちゃうような。


 そんな、ラブコメ時空を期待するほど子供でもない。


 でも、乗る電車が同じ時間で、顔見知りになったりとか、部活で意気投合したり、なんてのは誰でも期待はすると思う。


 わかってる。

 そんな事すら、現実じゃそうありえない。

 これまで、俺の人生に劇的なことなんて、何も起こらなかったし、これからもそうだろうと考えてた。

 

          だが、現実というのは、容赦がない。



 俺は横浜市の名座玲町《 なざれちょう》という、横浜ならどこにでもありそうな街に、今年新しくできた高校へ、通うことになっていたのだが――。


                 駅前――

(やっべえ、遅刻しちまう……。

 初日からとか、シャレになんないぞ!)

 この朝、駅のキオスクで一番安いコッペパンを買って、食いながら走っていたのは、俺本人だった。


 改札口から飛び出し、桜が舞い散る駅前を、まさかパンを食いながら走るなんて珍事、自分でする日が来ようとは思ってなかったが、なんせ必死だ。


 そして、そのまま、商店街を走り抜けようとしたんだ。

 通勤ラッシュの時間だからね、ごった返してた。


 そんな中を、強引に人波をかき分けるようにして急いだよ。

 俺に押しのけられた通行人たちは、迷惑そうに文句を言う人もいたが、構っては居られない。

「おい、足踏んだぞ、気をつけろよ!」
「ちょ、ちょっと――危ないじゃない!」
「お、押さないで……!」

 そうしてたらだ。

 思いっきり、ぶつかってしまった。俺の肩が、誰かの背中にだ。

――!

 もしRPGなら会心の一撃という具合だった。

 思わず肩の痛みに顔をしかめたよ。


 ラブコメならここで、ぶつかった相手は同じ学校の女の子、しかも、美少女と呼ばれる希少生物で、転んだ拍子に制服のスカートがめくれちゃったりするのだが、現実ではそんな事はあり得なかった。


「……」
 なんか、すごく執事っぽい人でした。

 しかも、顔はスマートな印象なのに、体はマッチョ。柔道五段と言われても信じちゃいそうなガタイは、まさに黒い壁。


 ぶつかった衝撃でよろめいたのは、俺の方だけだった。

 というか、なんだ。この朝の通勤通学ラッシュに、似つかわしくない男は……。


 と、とりあえず、こっちが悪いわけだし、謝らないとな?

「す、すみま―――」
と言おうとした時だ。
「どうしたのです?」

〝黒い壁〟の後ろに居る誰かが言ったよ。

 女の子の声だった。その声はなんというか、パンを食いながら、ぶつかって来てくれるならば、相手はこうあるべき、とでも言うような可愛いらしい声だ。


 彼女はそっと、執事風の男の後ろから、顔を覗かせてきた――。

「……?」

 中学一年生くらい、かと思ったが、そうじゃない。

 うちの高校の女子制服を着てる。れっきとした女子高生だ。


 体が小さく見えるのは、屈強な男の背後に守られるようにして立っているから、ってのもあるのだろうが、顔立ちからして幼い。


「はい。お嬢様。こちらの学生が、闇雲に急いでいたようで、お嬢様に激突しそうだったので、止めさせて頂いた次第であります」
 お嬢様ときたか……。

 てことは、この男、執事風じゃなくて、そのものだったりするのか。

 初めて見たぜ、生執事。

「ご苦労でした。あなたの良き働きは覚えておきます」
 お嬢様は優雅に労った。いかにも、やんごとなき系のオーラを放ってたね。

 もしRPGならこの子の職業は、『小さなお姫様』と言ったところだ。

「あの、えっと。

 すみませんでした。その、入学式に遅刻しそうで……!」

 するとだった。

 お嬢様さんが、ツカツカと歩み寄ってきた。

 俺の胸元までしかない身長から、こちらを見上げたよ。

 すんごい厳しい目つきでね。


 で。


愚か者!

 バシーン! ってね。音がした。


 一瞬、何が起こったか、理解できなかった。お嬢様さんがね。俺をビンタしたんだ。

 初見で愚か者呼ばわり&ビンタとか、いったい、なんだこれ……。


 周りの通行人、彼女の怒鳴り声のせいで、みんな立ち止まり始めたよ。

 俺、ほっぺたヒリヒリするから、とりあえず手で押さえながら、思ったよ。


 地球には70億の人間が居るらしいけど、その中の何人が、一生のうちに一度でも、リアルにお嬢様から、初見で罵倒されながら、ビンタ食らうんだろうか、とだ。

「まずは名乗っておきます」

 お嬢様さん、名刺を俺に差し出したよ。

 俺は、訳も分からず、受け取った。名刺には、こんな風に書いてあった。


『羽里学園理事長 兼 暫定生徒会長 

   羽里 彩 《はり さい》  』

 我が目を疑った。

 なんと、俺が今日から通う羽里学園の生徒会長だった、というのは、ともかくとして……。


 理事長


 もし他の誰かがこの名刺を渡してきたら、俺は信じなかったと思う。

 けど、目の前の彼女の、やんごとなきお姫様オーラ全開な立ち姿を見れば、きっと誰もが納得せざるを得ない。

 こいつは、間違いなく、この名刺の通りの人物なのだろう、とだ。

「あなたは理性のない野生動物ですか?

 遅刻するのは、自業自得です。

 それを、人混みでパンを食べながら走るなどという、危険行為の言い訳にするのを、恥ずかしいと思わないのですか?」

「危険……行為?」
「わからないのですか? 

 あなたが衝突したのが、たまたま、執事だったから良かった。

 でも、もし、お年寄りや小さな子供だったら、どうなっていたと思うのです?」

言われて……。

俺は、冷静になってしまってだな。

「……」
正直ゾッとした。


怪我をさせてただけでも、前科一犯、もし、死なせてたら、16歳にして殺人者の仲間入りだ。

人生、半分終わってた。

しかも、パンを食いながら走ってたという、恐ろしく間抜けな原因でだ。

「ここまで言えば理解できたでしょう。

 あなたがしていた事は、通り魔殺人に等しい蛮行なのです」

 彼女がそう言い切るとだ。

 俺たちを野次馬してた周りの通行人が、パチパチと拍手し始めた。

「良く言った。もっと説教してやれ!」
「ほんと、危ないったらなかったんだから……!」
「偉いぞ、お嬢ちゃん!」

 俺が強引に押しのけてきた人たちが、みんな拍手してたんだ。


 これは、あれだ。  

 不埒な男子高生を捕まえてお灸を据える、お手柄女子高生、という構図。


 こんな小柄な子が、男子高生を相手に、ビンタ食らわせて、完全無欠の正論で説教してれば、そりゃ拍手喝采で応援したくなる。


 俺が悪役で、彼女が正義の味方。

 俺を囲んだみんなが、責めるような目で見てる。

「……!」
怖くなったよ。

俺が悪いのは分かってるし、謝るから、赦して欲しいと思った。

脚が震えてるのに気づいた。


拍手が一回されるたびに、震えが大きくなっていくようだった。商店街のスピーカーから鳴らされてる陽気なBGMが、何かの皮肉みたいに響いてたよ。

「ご、ごめんなさい。正直、そこまで頭が回らなかった……。

 ほんと、反省、します。俺、馬鹿だった」

「あまつさえ――」

 羽里がさらに続けようとした。

 けど、そこでだった――。


「もう十分だ。やめてあげよう皆――」

 そんな、いかにも、紳士が言いそうな台詞が突然、俺を囲んだ人垣の中から聞こえてきたんだ。

 

 でも、その声は、紳士の声ではなく女の子の声で――俺は、目を向けてみて驚いた。

「――彼も心から謝っている」

 パンを食べながら走ってきて、激突して来るに相応しい女子、二人目だった。

 要するに、男なら思わず二度見しちゃうような子。

 ただし、『小さなお姫様』とは対照的にスラリとした四肢の、モデルみたいな印象だ。

 そして、羽里と同じ制服を着てる。彼女も羽里学園の生徒なのだ。


 そんな子がだ。

 全ての人が俺を責める中、たった一人だけ、助けてくれようと、前に出てくれてたんだ。

 ぶっちゃけ女神に見えた。もっと言えば、一目惚れ、ってのに近いかも知れない。いや、これは、断言しとく。


 俺は一目惚れした。 

 大事なことなので、もう一度言う。

 俺は、彼女に、一目惚れした。

「あなた……。そういえば。ここが通学路でしたね……」
この二人、知り合い、なのか?

「それで、この野生動物は、あなたの友人? それとも彼氏?」

「いいや。初対面だ。私は、通りすがっただけだ」
「通りすがりならば、早く行きなさい。入学式に遅刻しますよ」
「そうもいかないんだ。彩。

 私は、この場でもっとも弱い立場の者を、救わなければならない」

 ……?

 言ってる意味がわからない。

 羽里もさぞかしリアクションに困るだろうと、俺は思ったのだが。

「それは、わたしも同じです。

 弱者を守るために、この少年を捕らえました」

 なんかすごく、噛み合ってらっしゃる様子。

「もう一度、はっきりと言うぞ、彩。彼への折檻はもっともだし、愛の鞭であったと言えるだろう。でも、彼は反省し、謝罪をしている。これ以上、制裁の必要が?」
「校則ではこうなっています。

『派生条項843条、校外において、法令に触れない非行行為を、在校生がしているのを職員が目撃した場合。その場で、30分間の厳重注意を行わなければならない。また、行為の程度に応じた停学等の処分を加罰する


 ゆえに、わたしは理事長として、彼へ、あと25分ほど厳重注意を行わなければならない」

「その校則の主旨はなんだ?」
「違反する者の反省を促すことです」

「ならば現状は馬鹿げてる。

 25分もこの場に足止めされたら、彼は一生に一度の入学式に出席できなくなる。しかも、大衆からも、つるし上げさせるのは、反省させる事を超えた過剰な制裁だ」

「校則で規定されている事を、わたしの一存で曲げてしまったら、他の生徒への公平さを欠くことになる。

 それとも、理事長の地位を利用して、彼だけ不正に特別扱いしろとでも?」

「校則に機械的に従うあまり、主旨を超えた制裁になっていると言っているだけだ。

 ならば、君の柔軟な判断で、彼を今すぐ開放してやるのは正しい行いだ」

「それを独善と言います。自らの裁量によってルールをねじ曲げていたら、行き着く先は、この彼がしたような身勝手でしかない」

「そうだ、そうだ。その男はさっき、俺の鞄にも脚引っかけて、蹴っ飛ばしていったぞ」
「うちの店の立て看板も倒していきやがった!」
「もっと懲らしめなきゃダメだ!」
ヤジはどんどん増え、拍手は大きくなっていく。

俺は、もっと謝らなきゃいけないと思うけど、言葉が、言葉が上手く出てくれる気がしない。

いっそ逃げ出したい。けど逃げ場なんてあるわけない。

「みんな、私の話しを聞いてほしい!」

彼女は群衆に向けて声を張り上げた。

演劇役者みたいな良く通る声で、騒然とした中でも綺麗に響いた。


「拍手を止めて、私の話しを聞いてほしい!」

 拍手が小さくなっていった。

 あまりにも彼女の声が真剣だったからかも知れない。


 やがて、静寂が訪れた。

 みんな、彼女が何を言い出すのかと注目しだしていたからだ。

 彼女は俺を庇うように前に立ち、語りだした。


「彼を見てほしい。もう怯えきっている。

 十分に痛めつけられた。


 この少年が捕らえられ、責められる原因が、弱者への無配慮だったならば、皆、ここで考え直して欲しい。


 今、この場の、一番の、弱者は、誰だ?」

 それって……。

 もしかして……俺?


「そして、皆に問いたい。その弱者を、痛めつけているのは、誰だ?」
「――!」
 俺を責め立てていた群衆は、さっきまで熱狂的に拍手をしてたのが嘘みたいに、みんな冷静な顔になっていっていた。
「それでも。制裁が足りないと主張する者が居るなら、私はこう問う。一方で、あなた方、一人ひとりは、どうなのだ?」
どう、とは何のことなのか、みんな彼女の次の言葉を待っているようだった。

普段は賑やかな商店街が、声一つしない。

独壇場だ。

「もし、これ以上、彼を責め続けるならば――」
彼女はそこで一呼吸、言葉を句切り、すごく良い笑顔になってから、こう言った。
「――今まで一度も、パンを食べながら全力疾走して、誰かにぶつかった事がない者だけが、そうしなさい

 ……?

 う、うん?

 いや、うん、まあ、わかる。なにを言いたいかは、分かるんだが……。

 あれでしょ。みんな間違いはするんだから、お互い、許し合う心を持ちましょうって言いたいんだろうけど……。

 

 たぶん、この場で、パン食いながら、誰かにぶつかったことある人、俺くらいしかいないからな……?


 うん、あの、すごく、庇ってくれるのは、ありがたいんだけど。

 すんごーい斜め上に、暴投をね、しちゃった感がね、すごいというか。


 ほんの少し前まで、めっちゃ良いこと言ってた気がするのに、全部台無しになった感がすごいというか。


 いや……なんだ、これ。

 みんな、ダメな意味で、すげえシーンとしちゃった。

 こう、完全に空気が死に絶えてる……。

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「なるほど、やはり、みんな、一度くらいは、パンを食べながらぶつかった経験があるんだな」
(この沈黙を、そう解釈しちゃうかぁ……。

 いやいや……。

 違うからな、絶対違うからな、それ)

「私もあるぞ、三回ほど」

(あるのか……。

 そこ、お前本人は、あるのか……。

 しかも、三回もなのか……?)

「ちなみに、クロワッサンと、カニパンと、クリームパンだ。

 特にクリームパンは最悪だった。潰れて、顔と胸元がクリームだらけになってしまったからな」

(パンの種類がどうとか、どうでも良いんじゃないか……?)

 あのね、こうね、俺の中のね。

 彼女に対しての恋愛感情ゲージとでも言うべきパラメーターがね。

 ギュイーンって、急速に下がっていくのを感じたよ。


 そして、思った。

 あ、こいつ、変な奴なんだ、と。

 違う。

 とんでもなく、変な奴なんだ、と。


 一応、見ず知らずの俺を助けてくれたわけだし、たぶん、超良い奴なんだろう。

 そこは、認める。

 だが、こいつを普通の女の子として見る自信は……俺にはもてそうにない。


 恋愛感情ゲージの針はマイナスに突入してだな。

 もし世界が滅びて、生き残ったのが、こいつと俺の二人になっても恋愛感情は二度と抱かないだろう、ってとこで針が止まった。


 こうして、俺の一目惚れは、二分で終わった。

 そうだ。初対面の美少女にピンチを助けられて、恋に落ちるボーイミーツガールなんてのは、現実ではあり得ない。

「ちょっと……いいか?」


「良かったな、コッペパン少年。みんな理解してくれて、静まってくれた」

「いや……。助けてくれた事は、ありがとうなんだが。パンを食いながら他人にぶつかるとか、普通、みんな経験ないからな。斜め上すぎて、空気が死んだだけだからな……」

「そうなのか? 

 でも、彩は小学生の頃に一度――」

「くっ……」

(あ、あるのか……?

 リアルお嬢様もあるのか、パン食いながら誰かに激突したことが?)

「ちなみにその時、彩は牛乳パックまで持参していたんだ。ぶつかった相手は、私だったのだが、例によって、二人とも顔と胸が牛乳まみれになってしまった」
「そりゃ、まあ……災難だったな」
「そして、彩は泣きそうになりながら平謝りだった。

 私をハンカチで拭き、それでも足りないから、髪で拭き、最後は私の頬を、可愛らしくペロペロしてくれた。


 だから、私はこう言った。『パンを食べながら激突することは、誰にでも起きる。なので問題はそれ自体ではない。その後にどうするかなのだ。

 あなたは強く反省してペロペロした。あなたの罪は赦された』とだ」

(小学生のころから、こいつはそんな変人だったのかという部分につっこむべきか、


 羽里が迷惑をかけた相手のほっぺたを、ペロペロしてしまったという、健気さや真面目さの部分に感心するべきか、迷うところではあるな……。


 いや、むしろ両方に、つっこむべきな気がしてきたぜ……)

「そ、そんな昔のこと、今、喋る必要ないでしょう!」

羽里、すんごい恥ずかしそうに顔を真っ赤にして、ブチ切れた。
「あの、お嬢様――」

 執事が羽里に耳打ちし、人垣の向こう側を指で示した。


 なんだろうと俺も見てみたら、黒山の人だかりの先に、警官の帽子が三人分ほど見えた。

 近づいて来ようとしてるが、人垣のせいで、なかなか進めてない。

 たぶんだが、通行人が俺たちが大声で言い合ってる声を聞いて、喧嘩と勘違いして通報してしまったのだろう。

「あなたたち、もう行きなさい」
「え?」
「勘違いしないように。あなたを不正に見逃すわけではありません。

 理事長の職務として、警察への対応を優先せざるを得ないだけです。

 加罰の処分は、追って連絡します」

「ありがとう、彩」
彼女は深々と羽里へお辞儀したよ。

「では、コッペパン少年。マラソンは得意か? 人通りのない裏道を走ろう」

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ