超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

超お人好しに、超無茶ぶりをしてはいけない。本当にそれをやってしまうのだから。⑦

エピソードの総文字数=3,555文字

 文化祭を明日に控えた深夜の教室。


 俺と召愛以外には誰も居ない。

 居残りと言うやつだ。


 他のクラスでも居残りで作業してる奴らがいて、窓から明かりが漏れているのが見え、時折、楽しそうに騒ぐ声が廊下から聞こえてくる。


 そんな中で召愛は、机に置いたノートPCに向き合って、もくもくと編集作業を続けていた。

「――」

 作品は、これまでの製作期間で、二度もシナリオ修正が加えられ、別物の内容になっている。


 おかげでスケジュールが押し気味となったものの、昨日までに予定されていた製作過程は、終わってるし、初号試写も済んでる。


 だが召愛だけは、僅かでも映画の完成度を高めようと、コンマ一秒単位の編集の試行錯誤を、繰り返していたのだ。

 召愛の他人に何かを伝えることへの拘りは異常とも言えるレベル。


 だが、その原則は至って単純、

『できるだけ興味を惹きやすく、できるだけ分かりやすく、できるだけ覚えやすい』


 これだけだ。

「学園の中庭で昼寝してる野良猫にも、分かるようにしないと意味が無いんだ」

 とは、撮影中に召愛が何度も言っていたことである。


 かつて福沢諭吉も文筆家としての姿勢をこう語っていたそうだ。

に見せるつもりで書け。

 俺などはいつもに見せるつもりで書いているが、世の中はそれで丁度いいのだ』

 読者を馬鹿にしているようにも見える言葉だが、意味は真逆だ。

 

 何かを他人に伝えるためには、動物にでも理解させられるくらいの、『伝える側』の努力が必要なのだという、『伝える側』の姿勢について語った言葉である。


 そうして彼は日本を近代化させる原動力となる思想を普及させ、一万円札の人となった。


 そこで俺はついつい考えてしまうわけだ。

 召愛が生まれ代わりを自称している、イエス・キリストはどうだったのだろう、とだ。


 確か、彼が活動していたのは、たった3年くらいだったはずで、その間に説いた思想が、今や23億人にも伝わり、世界でもっとも多く伝わっている価値観になってしまった。

 

 だから、きっと彼が現役だった時には、伝える』事に凄まじいエネルギーを使っていたに違いない。


 編集作業を続ける召愛も同じように、『伝える』執念に、突き動かされているように俺には見えたんだ。

(夜の教室に、一人だけ召愛を残しておくってのも、なんだなあと思って、居残ってみたが。しっかし、俺、やることねえな……)

 時折、召愛に意見を求められたり、夜食の買い出しに行ったり、肩をもんでやったりしていたが、基本は、ボーッと作業を眺めてるだけである。


 やがて日付が変わり、睡魔が襲ってきた。机に頬杖をつきだした頃にはもう、まどろんでいた。自分だけ居眠りするわけにいかない、とは思っていたのだが。

(Zzzzzzz……)
(はっ。


 やべえ、寝てた気がする。

 俺だけ居眠りするってわけにもな……)

 なんて、ウツラウツラとしながら、自分を奮い立たせていたのだが……。
(無理をすることない。

 寝て構わないぞ)

 なんて言いたそうな微笑みを向けられてしまうとですね。

 余計に、夜更かしに付き合ってやんなきゃ、という義務感が湧いてきてしまうというかだな――


 俺は寝ないぞ。

 絶対寝……ないぞ……。

 マジ……寝……な――

「Zzzzzzzz……」











――――ピピッ!

ピピピピピピピッ!  

ピピピピピピピッ!

ピピピピピピピッ! 

「――うおっ、寝ちまった!」
 俺はスマホのスヌーズを止めて、辺りを見回した。
 すっかり朝になってるじゃねえか。

 教室にはまだ、誰も居ない。


 召愛はといえば――

「Zzzzzzzzzz……」
 机の上でバタンキューしなさってる。


 その召愛の顔へ、窓から太陽が差し込み始めた。

 遠くに見えるランドマークタワーに隠れていた太陽が、丁度、顔を出したのだ。


 太陽が昇っていく快晴の七月の空は、もうじき夏休みという土曜日に相応しい、軽やかなブルー。

 横浜のビルの窓という窓が、日の光を反射して、万華鏡のようにきらめいていた。



 やがて、クラスメイトたちが少しずつ登校してきた。

「おはよー、って、うわ、二人とも泊まり?」
「えっ、えっ、なんかエッチな事とかしてたの?」

「アホか、教室には防犯カメラと集音マイクがあるんだぞ……」

「おーっす! って、なんだよ、監督、爆睡してんじゃん」
「徹夜だったんでしょ。起こさないで、静かにしてあげよ」
「そんな事だろうと思って、監督に差し入れ持って来ちゃった」
 と、その女子は召愛が寝てる机の上に、栄養ドリンクを置いたよ。

『がんばったね!』なんて、マジックでメッセージを買いてだ。


 すると他の奴らも真似しだして、持って来たお菓子やらを、みんな召愛の机に起き出した。

 『みんなのために、ありがとう』なんて労いの言葉が書かれてだ。







 そして午前9時すこし前。

 文化祭の開催まであと十数分である。

 教室はシアターとするために、机がどけられ、椅子だけが並べてある状態だ。

 あとは、カーテンを閉めて、スクリーンを展開すれば、準備完了である。


 ちなみに召愛だけは眠ったままで、席はそのままにしてある。

「Zzzzzzzz……」
 それを忌々しそうに見てるのは――。
「ふんっ!」

 そして遊田が教室のカーテンを閉めようとして、窓の外を見て驚きの声をあげた――

「な、なにあれ……!」

 俺も外を見てみたよ。

 遊田が指さしてるのは正門だ。

 そこには――。



 ――大量の群衆が押しかけていた。



                       

 そりゃ文化祭は一般公開される。

 ご近所さんからお客が来るのだろうとは想定してた。


 だが、これはご近所さんとかいう規模じゃない。

 数千人……いや、正門前の通りを埋め尽くしてるわけで、列の切れ目が見えないし、万までいってるかも知れない。


 考えてみりゃ、全国放送でプロモーションが繰り返し流れたわけだしな。

 普通の商業映画なら莫大な宣伝費が掛かるものを、テレビ局が勝手にやってくれたみたいなもんだ。


 そうなりゃまあ。

この文化祭でしか見られない凄いっぽい映画を、見逃したくない!』ってな人たちが大勢でてくるんだろうから、こうもなるのか……。

「これって……たぶん、みんな、映画目的、だよね?」
「そりゃあな……。他のクラスの焼きとうもろこし屋とか、クレープカフェのために、こんなに人は来ないだろうしな」
「え、それ、うちら、マジすごくない?」
「かなり、やべえだろ……これ」

 ――クラス中のテンションが上がり始め、途端に騒がしくなった教室。


 そこで召愛が目覚めた。

「……!」
 そして、気づいたようだ。

 自分の机が、栄養ドリンクやお菓子差し入れの山で埋め尽くされてることに。

 召愛は、その一つひとつに書かれたメッセージを読むにつれ、笑顔になっていき――

「ありがとう!」

 その声で、窓の外を見ていたクラスの皆が振り向いた。


 召愛も、窓の外の大群衆に気づいたようで、嬉しそうに微笑んだ。

「みんな。

 見ての通り、私たちの映画に期待して、こんなにも大勢の人々が来てくれた。

 今日からの三日間、とても忙しくなると思う。

 各員、それぞれの持ち場で、一層の奮闘と努力をしていこう!」












 こうして、三日間に渡る羽里学園前期文化祭が始まった。

 開門されるやいなや、大量の群衆が校内へと流れ込んできた。

 

 シアターにする場所は、IMAXスクリーンのある大講堂や、体育館。

 他にも俺たちの教室と視聴覚室、それと図書室の個室のPCでも見られるようにしてあったが、とてもじゃないがそれでは足りなかった。


 急遽、全ての空き教室に椅子が並べられ、即席シアターにされた。

 そして俺も第三視聴覚室で映写技師をやることになった。

 動画ファイルを再生し、スクリーンに映すだけの簡単なお仕事なのだが。

 あれだよ。

 まっ暗くした所に、知らない人たちがいっぱい座っててだな。


 その人たちがみんな、俺たちの作ったもんに期待を寄せて来てくれたと思うと、再生ボタンをクリックするのが……すげえ緊張した。

(やっべえ、すんげえドキドキしてきた……)

 マウス持った手がね。プルプルしてたもん。

 俺も一応、『大和の艦長』として出演してるし、シナリオ起こしとかの裏方作業も、がんばったつもりだ。


 それがどう評価されるのか、考え出すと、物凄く怖くなったよ。

 これが監督とか主演だったら、もっとだろう。

 召愛たちは、もっと緊張して、もっと大きい恐怖に直面しているはずだ


 俺は、震える指先で、動画アプリの再生ボタンをクリックした――。

















*作者からのお知らせ*


『桃太郎1943、ロミオとジュリエットとテニスっぽい王子様の挽歌の名は。』は、

本編完結後に、番外編として公開させて頂くことを検討しています。

(テキストは既に完成しています)

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ