超新約ライトノベル聖書『新約聖書を学園コメディに置き換えたらこうなった』

【一日目】それぞれの結末へ『コッペの場合』

エピソードの総文字数=1,844文字

 朝、いつもの時間に目覚ましが鳴りだした――。

 ――ピピピピッ!

 ――ピピピピッ!

 眠りから引きずり出された意識が、ぼんやりしながらも条件反射で考えだしてしまう。


『もう朝か。さっさと登校する準備をしなきゃな』と。


 その思考はこう続く。


『起きたら、まずはシャワーだ。召愛や遊田に占拠される前に行かないと、散々待たされることになる。まったく女どもというのは、風呂が長いから困るんだ。


 それと今日の授業はなんだったか。宿題は忘れてないよな?

 ワンミスで退学になっちまうんだ。


 今さら退学なんて、絶対に嫌だぞ。

 せっかく、召愛が生徒会長になって、羽里学園が本物の楽園になるんだ。

 これからが、俺の高校生活の本番じゃないか。


 しかも、あと少しで夏休み。

 何日か日雇いのバイトでもして金を作って、召愛をどっかに連れってやるのも良いかも知れん。俺たちの関係がハッキリした今、それくらいはしてやってもいいだろう。


 そんでだ。夏休みの間に、キスの一回くらいはしてしまうかも知れん。

 いや、むしろ、〝初体験〟なんていうことも、十分に――』



 思考がそこまで至った時、非常に興奮してしまった俺の意識は完全に目覚めた。









 

 そして、目を開けた――


 実家の、自分の部屋、だった。

 家具のほとんどが、まだ寮に残されたままで、物がほとんど無い、俺の部屋だ。


 改めて理解する。

 自分は昨日、退学になり、全てを失ったのだと。

 ついに24時間前までは、俺の周りにあった全てが、二度と手の届かないところに行ってしまったのだと。

 さっきまでの思考の全てが、妄想でしか、あり得なくなってしまったのだと。


「……………………」
「ッ――!」
 布団から起き上がるや、壁を拳で打ち付けた。

 だが、そんな事をしても、昨日までの日々が戻って来るわけでもない。

 泣こうが喚こうがだ。


 俺は、壁に拳をあてた姿勢のまま、その場でへたり込んでしまった。

 勝手に溢れそうになる涙が嫌で、強引に瞼を閉じて、押しとどめた。


         失ったものは――あまりに大きすぎた。






              退学から1日目。

         最悪の精神状態から、その日は始まった。


         










「なあ、オラウータン先輩……。

 俺、これからどーすりゃいいんだろうな?」

 その午後。

 俺は野毛山動物園に来ていた。

 

 そして、『森の賢人』オラウータンに話しかけていた。真剣にだ。

 


「愚かな少年よ。全てを失うと分かっていただろうに……。

 今さら何を望んでいるんだ?」

 などと、もちろんオラウータンが喋るわけでもない。

 俺の脳内音声――要するに自問自答だ。

 人は人生に行き詰まったとき、動物園にきて、オラウータンと喋る生物なのだ。

「や、やっぱ、弁当だろうな。あいつの弁当が食えなくなるのは、なんだ、その、ちょっとなんか嫌だ」
「くくく……。

 オラウータン相手に誤魔化しても仕方なかろう。素直になれ少年」

「う、うっせーな。わかったよ。言うぞ。正直に言うぞ。

 召愛だ。あいつとだけは離れたくなかった!

 わかるか、人生初の彼女だぞ!


 お互いしっかり告白しあった。純度100%の恋人だ。

 たった1秒くらいの間だけだったけどな!」

「初々しいやつめ……。なら今からでも電話を掛ければ良い。

 会いたいと言えば、会ってくれるだろう?」

「そんな事できるわけないだろ……。

 召愛を裏切った事になってる〝真犯人〟の俺がだぞ、あいつとまだ一緒に居るところを、他人に見られたら、どうなる?」

「お前が真犯人ではないと、バレしてしまう。

 また羽里家の当主が難癖を付けてくるやも知れぬ。


 いや……既に、当主には察せられてはいるだろう。だが、お前が召愛と接触しない限り、難癖をつける根拠がなく、彩との約束を守らざるを得まい」

「そういうことだ。俺はもう召愛と会っちゃいけないんだ」
「では、本当に、これでいいと……?」
「……………」
 何も……答えられなかった。
「ねー、ねー、お母さーん。この人、猿と喋ってるよー!」
「こ、こらっ。そういう事を言ってはいけません」
 俺はオラウータンの檻から離れながら、男の子へ目を向けたよ。

 心の中で言ってやった。

『おいボウズ、お前もあと10年もすれば、同じ事をするようになる』とだ。


 そして、俺はボウズの母親の不審人物を見るような目から、逃れるように、その場を後にした。

 明日からどうすりゃいいのかの検討も、まったくつかぬまま、これからどこに行くかも、まったく考えつかないままだ。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ