テキスト作品詳細

魔法幻想紀 - 迷宮都市の賢者と魔術師 -

0|ファンタジー|完結|65話|228,422文字

ファンタジー, 恋愛, 異世界, 日常, オリジナル, ほのぼの, 青春, 剣と魔法, 魔法, 職業モノ

30,626 views

私は冒険者向けのアイテムを取り扱う道具屋で働く、十五歳のエミリア・ローゼンベルガー。モンスターが巣食う世界で、冒険者を支える道具屋として暮らしていたある日、私の元に一通の手紙が届いた。手紙の差出人は魔法学校の学長だった。手紙の内容は「魔術師になりませんか?」というシンプルなものだった。

魔法学校に入学するための準備をしていた時、私は一冊の本を手に入れた。本の中には古代の賢者の魂が宿っていた。私は小さな村から飛び出し、本の中の賢者から魔法を教わり始める。

剣と魔法のファンタジー世界で、チート無し、努力型の主人公と、主人公の力によって現代に蘇った賢者の成り上がり。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

魔法幻想紀 - 迷宮都市の賢者と魔術師 -

@

執筆状況
完結
エピソード
65話
種類
テキスト作品
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 恋愛, 異世界, 日常, オリジナル, ほのぼの, 青春, 剣と魔法, 魔法, 職業モノ
総文字数
228,422文字
公開日
2017年12月25日 11:59
最終更新日
2017年12月25日 13:18
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

@

この作者の他の作品

テキスト作品

冒険者を目指すために旅をしていた俺は、ある日一体の精霊と出会った。 魔石の中に封印されていた精霊に一目惚れした俺は、魔石を用いて精霊の召喚を試みた……。...

0|ファンタジー|完結|23話|91,234文字

2017年12月25日 17:27 更新

ファンタジー, 剣と魔法, 恋愛, ほのぼの, 日常

テキスト作品

私は冒険者向けのアイテムを取り扱う道具屋で働く、十五歳のエミリア・ローゼンベルガー。モンスターが巣食う世界で、冒険者を支える道具屋として暮らしていたある日、私の元に一通の手紙が届いた。手紙の差出人は魔法学校の学長だった。手紙...

0|ファンタジー|完結|65話|228,422文字

2017年12月25日 13:18 更新

ファンタジー, 恋愛, 異世界, 日常, オリジナル, ほのぼの, 青春, 剣と魔法, 魔法, 職業モノ

ページトップへ