トーク作品詳細

ヤゴコロジック

180|ファンタジー|連載中|31話|70,997文字

妖怪, ファンタジー, 記憶喪失, 和風ファンタジー, 週一更新作品

25,046 views

その問いの先に真実はあるか?

大切なものを見つけるミステリー、ヤゴコロジック

もくじ

登場人物紹介

小峠瑞生(ことうげ ずいしょう)

自分が何の妖怪なのか思い出せないかばんちゃんポジション。

人間の特性を使って、謎を解決していく。

碧泉(あいぜん)

謎の女。

瑞生が誰なのか知らないけど、その素質を見抜いて利用している。

浮世離れが非常に深刻で、秋元康はAKBのメンバーだといまだに勘違いしている。

ナレーション。

突っ込み不在の世界に救いを。

地の文に革命を巻き起こすべく生み出された新兵器。

基本的に神視点だが、感情が高ぶると特定のキャラに肩入れする。

オールド

謎の女2

かつて日本の首領(ドン)だったが、部下が有能すぎて出番がなかった。

その部下を愛しさゆえに食べたところ、不死身になったと本人は言うが、大抵の人は信じない。

また、本人にグロ耐性がないので、この話題は避けたがる。

厩戸皇子(うまやどのおうじ)

時代と場所、年代によって呼び方が変わるややこしいひと。

オールドの部下、しかもいつも冷静で取り乱さない。できる人に見えるがただのサイコパスかもしれない。

オールドと1500年くらい前に謎の約束を交わしている。

実は1万円札にその顔が採用されたことがあり、俗世の人間は彼の顔を見ただけで興奮してしまう。年もばれる。

寂推カップチーノ(じゃくすいかっぷちーの)

オールドのメイド。手下。

多分1000年くらい存在しているが、明治維新文明開化後、頭の中お花畑な毎日を過ごしている。名前も常に前時代性を排除して新しいものに改名している。

種族は幽霊。

寂織伏美(じゃくおりふしみ)

種族、幽霊寄りだが例にもれずその他。

出身は尾張の国で相手を馬鹿にするとき『たわけ』という。

何百年も前に封印されて以来、目覚めの時を待っているが、現代の進みすぎた文明を前に、目覚めるに目覚められない。

久遠寺ルナ

種族 ある人は人間だと言い、ある人は死者という。ある人はゾンビだというし、ある人は解脱者だという。答えは藪の中。安定のその他。

作者がさぼっているのではなく、そこが話の主題なので安心してほしい。

天寺結姫(あまでら ゆいき)

種族 ネクロマンサー

ルナちゃんをゾンビに変えた張本人。

しかし、悪意があるわけではないようだ。

また、頭が悪く自然に会話していてもボケに回ってしまう。

小説情報

ヤゴコロジック

秋照  @akiteru

執筆状況
連載中
エピソード
31話
種類
トーク作品
ジャンル
ファンタジー
タグ
妖怪, ファンタジー, 記憶喪失, 和風ファンタジー, 週一更新作品
総文字数
70,997文字
公開日
2017年08月25日 23:01
最終更新日
2018年02月16日 22:50
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

秋照  @akiteru

いわゆるバカ

新連載を始めるにあたり顔アイコンの絵師から探し始める低知能人間。

趣味は戦略ゲームと公言するが、日々食費を削るという徳川家康戦法でモンスターハンター購入の作戦を立てている。
しかし、絵師に払う料金のため資金が枯渇しつつある。

新連載と聞くと心躍る人もいると思うから言っておくけど、日ごろ取引している絵師に別の案件を振ってしまって、新連載にはまだ時間がかかるので、まあわかるな? 準備を怠ると連載が大変なことになる。

この作者の他の作品

トーク作品

その問いの先に真実はあるか? 大切なものを見つけるミステリー、ヤゴコロジック

180|ファンタジー|連載中|31話|70,997文字

2018年02月16日 22:50 更新

妖怪, ファンタジー, 記憶喪失, 和風ファンタジー, 週一更新作品

ページトップへ