テキスト作品詳細

鉄槌裁判

25|歴史|連載中|3話|12,440文字

聖書ラノベ新人賞, 魔女裁判, 魔女狩り, 教会法廷

3,549 views

果たしてその鉄槌は、正しく与えられたのか。


17世紀後半、近世ヨーロッパ。魔女狩りの最盛期といわれた時代。
英国・イングランドの教会でとある魔女裁判が開かれた。
魔女狩り収束に多大な影響をもたらしたこの裁判は、後の歴史家たちにこう呼ばれる。
――《鉄槌裁判》と。
また彼らは、口を揃えて言う。
ある少女の活躍がなければ、この偉業はなし得なかっただろうと。
その少女の名はマリア・アバーク。
彼女は、魔女として起訴された親友を救うために、弁護人として法廷に立った。
原告は“魔女狩り将軍”。マシュー・ホプキンス。
これは、史料として残されたその魔女裁判の法廷記録である。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

鉄槌裁判

@himazin

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
テキスト作品
ジャンル
歴史
タグ
聖書ラノベ新人賞, 魔女裁判, 魔女狩り, 教会法廷
総文字数
12,440文字
公開日
2017年12月02日 19:55
最終更新日
2018年03月12日 23:25
レビュー数
0

レビュー一覧

レビューはありません

作者プロフ

@himazin

この作者の他の作品

テキスト作品

果たしてその鉄槌は、正しく与えられたのか。 17世紀後半、近世ヨーロッパ。魔女狩りの最盛期といわれた時代。 英国・イングランドの教会でとある魔女裁判が開かれた。...

25|歴史|連載中|3話|12,440文字

2018年03月12日 23:25 更新

聖書ラノベ新人賞, 魔女裁判, 魔女狩り, 教会法廷

ページトップへ