「探偵」タグの作品

作品

テキスト作品

【やって来た】 【ジェントル曲馬団がやって来た】 ――では、よろしいか。 演者の面々を御覧じよ。 馬術芸者の馬夫人とその夫、青毛馬のロッポン! 三ツ首道化のヒィ、フゥ、ミィ!  軽業師のキャット兄弟、次郎と三郎! 当曲馬団随一の花形、ナイフ投げのツラヌキお巻! そして、嗚呼! 哀れなり、謎に満ちた死を遂げしスマヰルお千代! この幼い少女は、お巻の相棒。ナイフ投げの的だった! ――皆を率いる団長はこの私、ジェントル曲馬と申します。 ――そこな坊っちゃま、初めまして。長い付き合いになるやもです。 ――どうぞ、お見知りおきを。うっふっふ。 ※【第柒幕】(だいしちまく)は欠番です ・こちらは電子書籍発行集団「竹の子書房」より2012年に刊行されたものの原文です。  電子書籍版は実話怪談作家のねこや堂さまにより、  旧漢字、旧仮名遣いの魔法をかけていただきました。  装幀、表紙絵、挿画等大変凝った美しい作りです。  無料でご覧いただけます。

61|ミステリー|完結|9話|16,579文字

2018年08月13日 21:37 更新

レトロ, 大正, 探偵, サーカス, 考察系

テキスト作品

こんな能力などいらない。 怪我と引き換えに、手に入れたくもない特殊能力を手に入れた。 その男が始めた仕事は探偵。

29|SF|連載中|10話|29,296文字

2018年02月22日 13:12 更新

特殊能力, 探偵

北見 春川 戸舘の三人は人生に何の谷も山もない平坦な人生を歩んでいた。 彼らは親友で、協力して小説投稿サイトに一本の小説を投稿した。 しかし、その小説通りに校内で事件が起きる。 当初、自殺だと思われていた女子高生の死に浮かび上がる謎。 犯人は一体誰なのか……小説を書いていた三人に疑惑の目が向けられる。 三人の執筆家は真犯人を暴くことは出来るのか、青春サスペンス開幕。

「よし。とりあえず。いい案がある。ここから俺達の反撃だ」

227|学園|完結|28話|30,978文字

2018年03月30日 22:31 更新

ミステリー, 高校生, サスペンス, 探偵, 小説, 青春, スクールカースト, 日常

漫画や小説の話に出てくる事件の解明なんてかっこいい話は、現実の探偵業にはない。 探偵にある現実的な相談や依頼なんてものは、殺人事件でもトリックでもなく、浮気調査、身元調査、家出調査にストーカー対策から盗聴・盗撮調査。 人のドロドロした疑念を明らかにしていく。それが探偵業。 そう言いきる法明寺吾郎(ほうみょうじごろう)36歳に、警察や弁護士では救えない領域が探偵にあると信じている筧暁美(かけいあけみ)16歳の凸凹調査活動記録。 探偵業をビジネスとしている方からのヒアリングによって、実際の調査依頼や案件の始まりからの活動方法を描いた物語。 推理とは違う探偵業の本質がここにあり。

192|現代ドラマ|完結|32話|106,323文字

2017年07月10日 16:51 更新

お仕事, 探偵, ヒューマンドラマ, 友情, 年の差, 日常, 青春, ラブコメ, ホームドラマ, 現代, ハッピーエンド, コメディ

埋猫葬爆の拙いミステリー「十の密室と11人の姫 〜或いは稀覯館のフルコース〜」の事件をコラボで実際に解いてみてもらう企画です。 テンプレを満たし、推理を披露してください。 ●ルール● ・最も早くトリックを暴いた方の作品を読み、レビューを埋猫葬爆が書きます。 ・もし、最初に暴いた方が本編の解決ページ公開後に書かれた場合は、上はナシとなります。 ・上を満たす中で、一番近い予想を書いた方に、レビューを書く事があります。 ・レビューは贔屓するようなモノにはならないでしょう(同時に悪意も持ちません)。 ●テンプレ● ======================== 書いている方は何時書いているか: どのページまで公開されているか: トリックの全貌を書く場所   : =============================== テンプレの使用例 書いている方は何時書いているか: 2016/12/23 どのページまで公開されているか: 第二話まで。文字数は932文字。 トリックの全貌を書く場所   : 犯人はヤス。 以上です。 お気軽にご参加ください。 ※必要に応じて、この文は修正される可能性があります。  ご了承ください。

41|ミステリー|連載中|2話|867文字

2017年02月02日 01:11 更新

ミステリ, 問題, クイズ, テスト, 実験企画, 企画, 実験, 密室, 殺人, 事件, 探偵, あなたが探偵!

その他の検索方法

新着レビュー

  • 面白くなりそう

  • 感想

  • 感想

  • (吐血)

  • ロールプレイについて思うところが此処に。

  • オモロイ

  • 感想

ページトップへ