「部活」タグの作品

作品

とある高校でもっともわちゃわちゃした部活動―― それが!! 演・劇・部ぅううううっで!あああるうううう――うごぇっ!? 「うっさいねんヨリトミ」 「ノドにちょっぷせんでええやん……」 「あんたら二人~、遊どらんではよ台本チキチキスしてやー」 「「ホッチキスって言えや」」 うるさすぎる侵入(誤字ではない)部員ヨリトミと つっこみすぎる副部長(名前はまだない)、 そしてホッチキスを独特な名で呼び倒すほんわか部長(名前はまだない)による 大阪の田舎にかつて本当にあったかもしれない演劇部の日常を今、ここにおくる――。 ※なお同部活は、部員を増やさないと廃部のピンチに立たされているものとする※

62|学園|連載中|3話|3,598文字

2018年03月18日 21:11 更新

百合風, 女子高生, 高校生, 部活, 演劇部, 青春, 関西弁, ラブコメ, 恋愛, ギャグ, ほのぼの, 共幻コン

聖書ラノベ新人賞を盛り上げたいが一心で投稿させていただきました。 とあるミッション校、白玉学館を舞台とする物語、ここに開幕――。 【あらすじ】 主人公の大和は、宗教全般に興味がある、ちょっぴり中二病な女の子。 ある日、大和はカラスを見て、宗教や神話の世界に思いをはせる。 「クリスマスって邪教のお祭りなんでしょ?」 「!?」 そんな彼女の夢は、学校に聖書研究会をつくること。 「大和ちゃん。どうして、聖書研究会をつくろうと思ったの?」 「聖書って教養じゃん?」 頑張れ大和! 世間の宗教に対する目は冷たいぞ! また、海外ドラマを見て、海外の文化や、キリスト教に興味を持った女の子、 真理亜ちゃんもそこに加わる。 二人はギルガメシュ叙事詩にはじまり、カクレキリシタンや枯松神社、能勢妙見、 ミトラス教、キリストの墓、そしてやがて聖書の世界へ足を踏み入れる。

でも、クリスマスって本当は邪教のお祭りなんでしょ?

135|現代ドラマ|連載中|9話|14,408文字

2018年01月31日 05:49 更新

聖書ラノベ新人賞, クリスマス, 神話, 学園, 部活, 宗教

部員、大募集!! 初心者歓迎! かけもち・学年も問いません。 常時見学受け付け中!! 高校生活での一時。可愛いメイド服で、もてなされてみませんか? 我々メイド部は明るくアットホームな部活です。 紅茶やお茶菓子で優雅なティータイム。刺繍、編み物などの楽しい手芸。 仲の良い部員達に囲まれて、まるで気分はお嬢様!? 毎週火曜以外の放課後。旧校舎、一階にて活動中。 笑顔の絶えない部活です。どうか、一度でも覗きに来て下さい。 ……どうか……どうか。待っています……。 *2017/7/4:第一話、第二話における、「The Call of Maidens(以下T.C.M)①~②」を統合し、それらを「T.C.M①」、旧「T.C.M③」を「T.C.M②」に変更、全体の話数が一話減っています。以前から見ていた方は、お気をつけください。 *2017/7/17:通常の台詞でのカギ括弧の使用を止め、表記を改めました。

295|学園|連載中|37話|55,849文字

2017年09月23日 17:10 更新

百合, メイド, 部活, コメディ

トーク作品

後ろめたい秘密を抱えながら甲子園を目指す入れ替わりジュブナイルストーリー。 たった9人しか居ない元女子校の高校男子野球部。 しかしそこには強豪校も噂する黄金バッテリーが存在した。 そのバッテリーにとって甲子園出場を賭けた最後の夏、エースピッチャーが交通事故に遭ってしまう……。 あだち充先生の名作『タッチ』リスペクト作品だけど、本格的な野球作品だと思ったら火傷するぜ! トークメーカーで連載していこうかとも思ったけどスポーツ系は需要なさそうだし(そもそもジャンルリストにない)、スポーツはやっぱり漫画かなぁと漫画原作用に応募。

79|学園|連載中|4話|10,270文字

2017年07月04日 02:28 更新

野球, 甲子園, 部活, 友情, 恋愛, 入れ替わり, 男装, 女装, スポーツ, ヤンマガ漫画原作応募

トーク作品

勉学部。 学園の才媛が集う勉強するためだけの部活に、小間使い要因としてスカウトされた少年は、今日も才媛達の罵倒を浴びながら教師に提出するプリントを埋めていく。

二人合わせてー!

513|学園|連載中|32話|81,898文字

2018年08月04日 15:16 更新

学園, コメディ, 部活

トーク作品

初投稿。思いつき

7|学園|連載中|0話|0文字

更新

学校, 幽霊, コメディ, 恋愛, 部活

その他の検索方法

新着レビュー

  • 面白くなりそう

  • 感想

  • 感想

  • (吐血)

  • ロールプレイについて思うところが此処に。

  • オモロイ

  • 感想

ページトップへ