「切ない」タグの作品

作品

23年間、雨のなかで生きてきた彼。毎年真夏に謎の病にかかる彼女。2人は出会い、なぜか一緒に〝放浪生活〟をし始めて――。〝日々これハランバンジョー〟な虹子(にじこ)は横浜生まれの横浜育ち。都内へ通勤している現在も山手に部屋を借りて住んでいる。毎年7~8月は地獄のミイラ月間だ。謎の病気(?)で顔がすっかり変わってしまう。はじめてそうなったときはうろたえた。けれどもう〝受容〟して「2か月経てば元に戻るし、人は見かけじゃないのだし、これはこれで気楽だし!」と強がって生きている。しかし孤独はぬぐえない。真夏の都心・青山通りでその男、驟(しゅう)と出会い、虹子の心は揺れる。驟は究極の雨男。デイパックひとつで放浪し「23年間、雨のなかで生きてきた」と、いともあっさり言うけれど、どうしてそんなに軽やかに、すべてを許すことができるのだろう? 6歳も年下の驟と暮らし始めた虹子は癒されるも、顔が治って〝絶世の美女〟に戻ると衝突。驟はくたびれた聖書を置いて部屋を出て行った――。ひとりになった虹子は? 聖書引用は『第Ⅳ章 凍雨-3 嘆きの谷と、祝福の』にて、詩編84:6-7。 現代の日本のキリスト教文学+いまどきのキリスト者=いまどきのキリスト教文学=いまキリ ※参考文献:『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)

56|現代ドラマ|連載中|17話|32,746文字

2018年04月11日 23:16 更新

オリジナル, いまキリ, 孤独, 日常, 切ない, シリアス, 恋愛, 聖書, キリスト教, 教会, パートナーシップ, 詩編

「利用するためだけに近づいた。こんな俺を、見損なったか?」  ムツキの国の第一王子であるギルバート・ムツキ。  そんな彼の婚約者を決めるためのパーティーに突然招待されたカティンカ。  カティンカは、王家直々の招待を断るわけにもいかず、王宮にやってきた。しかし、すぐに疲れてしまい、中庭で猫や小鳥たちと戯れていた。すると、同じく疲れて抜け出してきたギルバートに出逢い……。  険悪な雰囲気の中、怪我をした子猫が現れる。必死に使えもしない治癒魔法を使おうとするカティンカが面白かったのか、ギルバートは何故か手伝ってくれた。  その子猫のことから、徐々に距離を縮めていくカティンカとギルバートだったが……ギルバートは、極度の女性不信だったこと、そして――カティンカが『ガーネットの姫』だったことが判明して……。 「私のこと、利用したければすればいいじゃないですか。見返りも何も求めたりはしませんから」 ***** 「私が王子様の婚約者なんて勤まるわけがないじゃないですか!」  男性不信の超がつくお転婆娘  カティンカ・リッツ子爵令嬢  × 「俺はお前が良いんだけど?」  完璧王子……の仮面をかぶった俺様ドS、女性不信のわがまま王子  ギルバート・ムツキ  男性不信の令嬢と、女性不信の王子の織り成すラブファンタジー! *エブリスタ、野いちご、ベリーズカフェにも掲載中。 *表紙、アイコンはキャラット様にて作成させていただいたものを使用しております。

36|恋愛・ラブコメ|連載中|2話|2,251文字

2018年05月05日 12:57 更新

恋愛, ラブコメ, 切ない, ファンタジー, 溺愛, 甘々

【共幻コン 銅賞受賞】 【1月15日 電子書籍にて発売中】 香西美波は高校一年生の頃、白血病と診断された。 彼女は、その瞬間に見ている世界から色が消え去った。 そんな彼女の唯一の親友、秋谷楓は彼女にSNSアプリを教えた。 そこで、美波の世界を彩る一人の少年が現れる。彼は実はPTSDで……。 ※電子書籍版に関しては、エピローグに新作エピソード収録しております。

『私はプロフィールの通り、白血病です。今は入退院を繰り返している状態です』

208|恋愛・ラブコメ|完結|19話|18,477文字

2017年12月18日 21:05 更新

恋愛, チャット, 高校生, 切ない, 感動, SNS, 共幻コン, 重い, メンヘラ, がん

――私を、せめてもう一度あの人の傍に連れていってください 1年前に亡くなったはずの永遠先輩が目の前に現れた―― それは、街の大樹が魅せた、奇跡のクリスマス…… 共幻社ラノベコンテストで佳作いただきました。

101|恋愛・ラブコメ|完結|6話|6,958文字

2017年11月07日 00:35 更新

きゃらふと大賞, クリスマス, 切ない, 現代ファンタジー, 死ネタ, 蘇り, イチャラブ, シリアス

テキスト作品

キャッチコピー:  電話が人を殺す? そんな馬鹿なことが……え、あるの!? あらすじ:  オカルト・ミステリー研究会に所属する大好きな先輩・輝臣が、突然死んでしまった。  その原因は、一体なんなのか?  落ちこみからなんとか立ちなおった舞は、幼なじみの嗣斗とともに探ることを決意する。  そんな矢先、同じタイミングで死んだ人がたくさんいることがわかって……!?  死因は、超常現象?  犯人は、人外?  あらゆる可能性を選り分けた先に、舞が見つけた答えは――  お約束をどこかに置き忘れてきたオカルト・ミステリー。

85|ミステリー|完結|26話|111,545文字

2017年10月21日 20:36 更新

ミステリ, オカルト, 超常現象, 妖怪, 学園, 幼なじみ, 先輩, 都市伝説, ライトノベル, 日常, 切ない, ゴマブックス新人賞

トーク作品

高校3年生になったばかりの実理(みのり)、愛綺(あき)、萌愛(もえ)の3人は、保育園時代からの幼馴染み。 べったりとまではいかないが、登下校はいつも一緒。 愛綺と萌愛という2人のかわいい幼馴染みに囲まれていながら、実理はどちらに対しても恋愛感情は抱いていなかった。 進路、将来の夢、そういったことの方が重要だと思っていた。 しかし、平穏だった3人の仲に、突然の悲劇が起こった。 失って初めて、実理は『愛』の深さを思い知る。 ※タイトルは、トイトイさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

99|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,641文字

2017年10月14日 14:01 更新

恋愛, 幼馴染み, 三角関係, 切ない, 悲劇, シリアス, 甘さ控えめ, 高校生, 短編, 男性主人公

トーク作品

音楽科を専攻する平凡な大学生・朱(あかね)は、週末になるとライブハウスに足を運んでいた。 そこでアマチュアバンドの演奏を聞いていたある日、メジャーデビューを目指す冴えないバンドマン・巡(めぐる)に出逢う。 飄々としていてつかみどころのない巡だが、音楽に対しての熱意があり、人懐っこい一面も見せる。 徐々に惹かれていく朱だが、その気持ちを必死に抑え込んだ。 ――なぜなら、巡には恋人がいると知っていたから。 ※タイトルは、まよなかちわわさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

90|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,169文字

2017年10月12日 00:13 更新

恋愛, バンドマン, 現代, 切ない, ラブソング, 短編

読書好きの高校3年生・未久(みく)は、引っ込み思案で人と話すことが苦手。 しかし、毎日決まった時間に図書室にやってくる同級生・刹那(せつな)には、心を開いており、普通に話せていた。 読書という共通の趣味を通じて仲良くなっていた2人。 平凡な日々が続くと思っていた矢先、未久の親が海外赴任することになり、未久もそれについていくことになった。 徐々に刹那への恋心を自覚する未久だが、日本に帰って来られないことを理由に気持ちを押し込める。 だが渡航前日、未久に告白してきたのは、刹那だった。 ※タイトルは、くもま ひなさんより提供していただきました。 ※表紙及び作中アイコンはBelle様よりお借りしています。保存・転載などはご遠慮ください。

81|恋愛・ラブコメ|連載中|6話|4,359文字

2017年10月16日 20:09 更新

恋愛, 切ない, 両片想い, 海外, 再会, 乙女, 告白, 短編

これは君と過ごす、さいごの夏の物語。 お盆から少しはずれた時期、僕と彼女は墓地にやってきた。 夏の夕暮れが僕らを追いかけ追い越していく。 時間は僕らを特別扱いしてはくれないから。 「花火をしよう!」 そう言ってからからと笑う彼女のことが、本当は愛しくてたまらない。

違うよ、褒めているの。私は君のそういうトコロが好きだなあって

143|恋愛・ラブコメ|連載中|5話|4,751文字

2017年05月03日 22:03 更新

青春, 短編, 悲恋, ほのぼの, 切ない, 恋愛

その他の検索方法

新着レビュー

  • 面白くなりそう

  • 感想

  • 感想

  • (吐血)

  • ロールプレイについて思うところが此処に。

  • オモロイ

  • 感想

ページトップへ