キャラクターランキング

  • 1

    只野 続太郎(ただの ぞくたろう)


    性別:男

    年齢:24歳(フリーター)


    特殊能力:【アナライズ】

     万物の内面を『可視化』させる能力。

     例えば、剣と魔法のファンタジーにおいて、冒険者Aを対象に能力を使用すると……


    ※使用例(あくまで一例なので、この表記に従う必要はない)

    〈名前〉

    エリ・クスノキ(冒険者A)


    〈性別・種族・ジョブ〉

    女性・人間族(転生者)・魔法剣士


    〈ステータス〉

    HP(体力):95

    MP(魔力):110

    ATK(攻撃):9999?

    DEF(防御):100

    INT(知力):50

    AGI(敏捷):90

    DEX(命中):85

    (※続太郎のステータス平均がALL100程度とした時)


    〈保有スキル〉

    パッシブスキル

    【闘争心Lv.10】……ATK値を上昇させる

    【成長補正Ex】……獲得経験値+1000%


    アクティブスキル

    【十字斬りLv.10】

    【エクスプロージョンLv.5】


    〈好きな食べ物〉

    ベンガルオオトカゲとサラマンダーのパンケーキ

    可愛い女の子


    〈パンツの色〉


    〈バストサイズ〉

    けっこうデカイ


     ゲームのステータス画面のように、視界上に能力が表示される。集中すると、相手の健康状態や性格なども可視化することが出来る。

     ただし、集中出来ない状況下では、能力の精度が著しく低下する。

     能力の使い方としては、相手の弱点などを見極め、それを自分の出来る範囲内で実行し対処することなど。「一般的に運動神経が良い」程度の身体能力なので、発火とか発電とかそういった人間離れした能力には弱い。

     スキルの表示形式は、続太郎自身が「分かりやすい」と思ったものとなる。『可視化』の情報が見えるのは自分だけ。


    設定:

     男女構わず少しでも好意を抱いた相手のことはとことん知りたいと思うタイプの性格。人の良い部分をどんどん知りたいという良い性格の反面、私生活にまで踏み込んで調査をするため、ストーカー扱いをされることが多々ある。

     魔人としての特殊能力は、その強い願望によるところが大きな要因の一つとなっている。

     大学生時代に一際強い恋愛感情を抱いた女性に対しては、通報されるところまで拒絶されてしまう。それを機に能力を使ったり、ストーカー行為をしたりすることをやめてしまう。

     ストーカーとしての必須スキルは一通り身についており、空間把握や人間観察などを得意としている。

     高学歴で頭は良い方なのだが、変態に変わりは無い。他人の下着の色やスリーサイズまで、何でも知りたがり。調べものをするために常に最新のスマホを持ち歩いている。

     やろうと思えば暗殺・読唇術・拷問何でもござれの天才青年だったりもするが、用途が残念過ぎる……。

     魔人に関しての知識は何となく知っている程度。何度かそういった存在を【アナライズ】で『可視化』したことがある。


    戦う動機:

     いつものブラックバイト帰り、何もない在り来たりな日常の中で、衝撃的な出会いをすることになる――。

    「我慢していたが、もうダメだ……。もっと……もっとだ! 俺は全てを知りたい……っ!」

    6
  • 2

    フロムアンダーカバー

    生まれながらのAIでバーチャルユーチューバーが職業。

    楽しいことが大好きで、いつも楽しいことを追いかけている。

    AIというより普通の女の子にしか見えない(フラグ)

    5
  • 3

    『むにゃむにゃ……すぴー』

    名前:ねいむ

    性別:女(10才)


    特殊能力:嗜眠性魔術素養

     大賢者クラスの魔法を簡単に使うことができるようになる。

     ただし、代償として常にとてつもない眠気に苛まれる。

     よく、眠ったまま魔法を暴発させる。


    設定:

     元々は、異世界で生まれた魔法使い

     時空系の魔法が使えるくらいには優秀

     無意識に発動した転移魔法によって、この世界に飛んできた

     能力の代償……が無くなったとしても、多分ずっと寝ている

     眠ることは、もはや生きがい

     寝ながら魔法をぽんぽん打ちまくるところ以外は、割と寝相がいい。


    動機:能力による無意識の攻撃。もしくは起こされたか。


    作者:しゃりおっと

    4
  • 4

    大須(おおす)空気(くうき)


    能力【オークメーカー】

     自身の前方、約1m以内に獰猛なモンスターとして名高い「オーク」を召喚し、自在に操る能力。興奮度合いによって召喚可能個体数が変動する。最大100頭まで。

     『女騎士×オーク』本が好き過ぎて、その感情が拗れ、魔人としての能力を発症した。

     元々は好青年だったが、女騎士への加虐心よりも、オークによってなぶられたいという気持ちの方が強くなり、能力発症時に女騎士になってしまった。

     もっと多くの人にオークの魅力を知ってもらいという理由で戦う。見境なく人々を襲っている。襲われた人の多くはオークの虜になり、懐柔されていっている。


    作者:文月万次郎

    3
  • 5

    ■バハムート(2500歳/♀)

    見た目ビッチ、中身もビッチなフェロモン剥き出しの邪悪竜。

    カワイ姫と同じく異能力総合学院を目指す受験生。

    勉強と掛け合わせた性癖があるらしいが詳細は謎に包まれている。第8話あたりで明らかになりそうな気配。


    村一帯を燃やし尽くす威力を持つ【メガフレア】を吐くことをライフワークの一つとしている。

    4
  • 6

    ◾カワイ姫(1019歳/♀)

    異世界のとある小国、レッドブック家の姫様。一応天使。

    異能力総合学院を目指す受験生。

    ガリ勉風だが999年浪人中。

    自信家かつ傲慢なドM。


    ただでさえM気質ではあるが、真価が発揮されるのは難問に直面した時。試験問題を脳内擬人化し、問題を解くことができない自分を問題が責めてくるという妄想をして最大限興奮するという奇特すぎる性癖を持つ。


    彼女が眼鏡を外した時、何かが起こる……ような起こらないような。

    7
  • 7

    『ヒト腹創』(ひとはら つくる)


    168センチ、60キロ。

    18歳。男性。


    体細胞クローンを、ほぼ完璧に生み出す事が出来る「クリエイター」。

    理知的だが、高慢な性格の持ち主。

    チーム「化け物クリエイターズ」のリーダーを務める。

    2
  • 8

    『言霊みれい』(ことだま みれい)


    170センチ、56キロ。

    18歳。女性。


    チーム『化け物クリエイターズ』の副隊長。創の造り出した生き物に知識を与える『エンチャンター』。

    『独りの戦士』という作品を執筆している。

    2
  • 9


    闇影 光(あんえい ひかる)

    女性 15歳

    厨二病


    台詞回しが厨二病すぎて、何を言っているかわからない。

    「私達と同じ深淵に潜み、神架けていくものたちか……」

    (魔人のことである)


    能力:深淵同一愚影(ダークネス・モンブラン)


    影に潜んだり、相手の影と同一化することで、敵本体の体を好きに操ったりする。

    (敵の影に潜むと、光の手を相手の体に生やすことができるなどかなり、応用力が高い)


    自らの闇を照らすほどの救世主を求めており、救世主見つけたとき、彼女はその人物を心酔するだろう。


    零世とは、小さい頃からの付き合いである。

    裏社会のとある組織に所属している。


    2
  • 10

    ■マーク(?歳/♀?)

    1000年前までレッドブック家と領地争いをしていた名家・チャート家で第一王子の家庭教師を務める人物。

    因みにチャート家自体は現在は没落しており、レッドブック地方の1貴族に過ぎない。

    友好条約締結1000年の祝賀に先行し、友好の証としてチャート家よりレッドブック家に派遣された来た。

    2
  • 11

    「ドレッサー! うへへ~この任務もおいしくいただいちゃうぞ」

    彼女は敬礼する。ドレッサーとは彼女なりの敬礼を表した言葉だ。


    寺乃レオナ(てらのれおな)


    女性16歳


    身長156 体重45kg


    能力:暴食&展開(ドレイン&リバース)


    何でも食べる。


    攻撃でも物でも生きている者であろうと。

    そして、吸収したものを再度、元の形にして展開できる。


    一度に吸収できるものは体重の2倍という制限がある。


    設定:様々な任務を請け負おう(主に魔人との戦闘を好む)傭兵。


    快楽主義で確固たる目的もない、戦いで相手を自らの血肉変えていくことを喜びとする。

    覚醒したのは13歳 自分を苛めていた相手を能力で殺害した。


    「過去なんて湿っぽい話はなしなしー! アタシは今を楽しむの!」



    作者:榎本レン

    2
  • 12

    山田太郎

    元道具屋の店主。高レベルな魔法の腕を持っているが、

    なぜか関西弁の守銭奴とやけに現代的な性格。

    「ドカベンって呼んでもええで」と言ったり、

    偽名で岩鬼正美を名乗るなど、某野球漫画に謎のこだわりあり。

    11
  • 13

    せんせい(先生)

    主に答える側

    6
  • 14

    黒塗ほのか(くろぬりほのか)

    日本政府に保護されていた謎の少女。17歳。
    「未来を見通す」コンプレックスを保持している。
    この能力により、2000年問題を予見していた。
    忍谷と千陰のことはなぜか出会う前から知っていた。
    はたしてその正体は……?

    シンボル:???
    コンプレックス:「???」
    3

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 15

    天目小桜(てんめこざくら)

    ショッピングモールの住人の一人。光文学園一年普通科。15歳。
    犬童をリーダーとした、七星に対する反勢力の一人でもある。
    そのコンプレックスを使い、ショッピングモールの住人を暗殺する。
    正体を暴かれたさい、仲間の情報を流して命乞いするが、七星に拒否され殺害される。

    シンボル:拳銃
    コンプレックス:『若きウェルテルの悩み』
     シンボルは驚いた人間に憑依する。その人間がもう一度驚いたとき、身体を乗っ取り、拳銃自殺させる。
     このとき、周りにいる人間の中で最も早く驚いた人間に改めて憑依する。
    3

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 16

    五十鈴凪子(いすずなぎこ)


    源の右腕。24歳。

    堅物で、軍人のような口調をしている。

    二色ほどではないが、戦闘能力に長けており、荒事を頼まれることもある。

    拳銃を得物とする。


    シンボル:???

    コンプレックス:「???」

    1

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 17

    常盤七星(ときわななほし)

    特別科クラスの一人。生徒会会計兼任。学年は三学年に当たる。18歳。
    紅月と同様、生徒会の義務を放棄しているため、クラスメートからは問題児として見られている。
    学園封鎖とともにショッピングモールを制圧し、ここに篭城する。その後ショッピングモールの管理人として、学園内の物資と人材を独占している。

    シンボル:注射器
    コンプレックス:『美しき水車小屋の娘』
     自分の血液を混ぜた液体を操る。このとき、必要な血液の量は操る液体の体積に比例する。そのため、自分が貧血になるほどの量の液体は操ることができない。
    5

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 18

    守門恒明(しゅもんつねあき)

    七人いる特別科クラスの一人。生徒会書記兼任。学年は二学年に当たる。17歳。
    綴に一目惚れして以来、告白を繰り返している。そのために銀太からは目の仇にされている。
    お坊ちゃんであり、物腰が柔らかい反面、ナルシストな言動が目立つ。しかし特別科クラスに所属している以上、頭脳や戦闘の実力は折り紙つき。

    シンボル:金平糖
    コンプレックス:『重力の虹』
     空中に浮いている物体を垂直に落下させる。このときの落下の速度は少なからず銃弾の速度を超える。
    6

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 19

    須磨楓子(すまかえでこ)

    紅月のもう一人の親友。
    国立光文学園高等部一年六組所属。16歳。
    紅月の「唯一」の親友を名乗っているため、銀太とは犬猿の仲。
    高飛車で傲慢だが、これは自分の実力への自信の表れである。実際に普通科クラスの中ではトップクラスの成績を誇る。
    学園封鎖後はショッピングモールにて幹部の一人になっている。

    シンボル:皮手袋
    コンプレックス:『茹でた隠元豆のある柔らかい構造(内乱の予感)』
     シンボルをつけた拳で殴られた人間はその部位を認識できなくなる。攻撃された部位は透明に見え、同時にその機能も失う。
    9

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 20

    埜切秋姫(のぎりあきひめ)

    綴のクラスメートであり、親友。銀太とは初めて会ったときから友達以上、恋人未満の関係。
    国立光文学園高等部二年十二組(芸術科クラス)所属。16歳。
    気弱な性格であり、自分の意見をなかなか出せない。この性格は自分のコンプレックスが他人のものよりも実用性に欠けることと無関係ではない。
    癖毛を気にしており、外出するときは必ず帽子を被る。そのために帽子集めも趣味になっている。

    シンボル:???
    コンプレックス:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
     手で触れた小さな傷を塞ぐ。
    7

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 21

    大室綴(おおむろつづり)

    銀太の姉。紅月にとっても姉貴分である。
    国立光文学園高等部二年十二組(芸術科クラス)所属。17歳。
    自分にも他人にも甘く、銀太と紅月の二人を溺愛している。
    一人称が「お姉ちゃん」。
    文学に精通しており、編纂者を志している。

    シンボル:豆本
    コンプレックス:『バベルの図書館』
     シンボルの豆本は無限の頁を持ち、際限なく情報を書き込める。文章の記入・消去は念写により行う。このコンプレックスはあくまで「無限に情報を記録する」能力であり、「頁を入れ替えて情報を整理する」能力はない。
    7

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 22

    瀧川紅月(たきがわべにづき)

    第一部のメインヒロイン。
    大室姉弟の幼馴染。
    七人しか在籍していない特別科クラスに唯一の一年生として所属している。生徒会庶務兼任。16歳。
    男勝りで、非常に野蛮な言動が目立つ。その反面、緊急事態でも冷静に対処するだけの胆力と機知を持ち合わせている。

    シンボル:ハンドベル
    第一のコンプレックス:『太陽の塔』
     能力の範囲内にある最も速度の速い物体を爆破する。このとき、能力の対象には能力者自身も含まれる。
    第二のコンプレックス:『明日の神話』
     能力の範囲内にある一定の速度の超えたすべての物体を爆破する。この一定の速度はスペクトルによって設定される。
    7

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 23

    大室銀太(おおむろぎんた)

    第一部の主人公。
    国立光文学園高等部一年八組所属。15歳。
    中性的な顔立ちで少女と間違えられることもあるが、性格は偏執的かつ執念深い。
    これまで一般市民として生きてきたために戦闘の経験が一切ない。それゆえ学園の封鎖を乗り切るための戦闘では変則的な戦法に頼らざるを得ない。

    シンボル:鋏
    第一のコンプレックス:『緑の家』
     シンボルの鋏はその強度に関係なく物体を切断する。そのとき物体の連続性は保たれたままになる。切断面を合わせれば、分断したものは再び接合する。
    第二のコンプレックス:『石蹴り遊び』
     『緑の家』によって切断した異なる物質を接合する。接合された物体は元の二つの物質の性質が混ざり合う。時間の経過とともに、物質は元の物質のどちらかの性質へと帰着する。
    第三のコンプレックス:『百年の孤独』
     シンボルである鋏に「意思」を与える。鋏はその意思を遂行するように自動駆動するようになる。あくまで鋏は意思を与えられただけであり、生物化していたり、能力者が操作したりしているわけではない。
     鋏の移動のさいは床や壁など、物体を切り裂きながらでなければならない。
    8

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 24

    殺人犯

    第一部のラスボス。
    生徒会暗殺。
    大室綴、守門恒明、常盤七星、犬童影千代を殺害した。

    シンボル:バタフライナイフ
    第一のコンプレックス:『フルメタル・ジャケット』
     シンボルでつけた傷を自由に開閉する。この能力は生物にも無生物にも有効。
    第二のコンプレックス:『地獄の黙示録』
     シンボルでつけた傷を自由に移動させる。このときの移動速度は人間が全速力で走るよりも速い。
    2

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 25

    『ジョーカー』


    190センチ、88キロ。

    62歳。男性。


    謎の戦士。片腕を失っており義手を付けている。その剣の技術に並ぶ者は居ない。

    1
  • 26

    『楽々』(らら)


    155センチ、45キロ

    16歳。女性。


    チーム『化け物クリエイターズ』の諜報兼採取担当。タタミの親友的な存在。何事にも直感で動くタイプ。

    1
  • 27

    『飼葉タタミ』(かいば たたみ)


    144センチ、38キロ。

    13歳。女性。


    『化け物クリエイターズ』の飼育兼お茶汲み隊長。調教技能に長け『化けクリ』のキメラを鍛えている。緋色の事を『先生』と呼び慕っている。

    1
  • 28

    『泉緋色』(いずみ ひいろ)


    192センチ、82キロ。

    18歳。男性。


    創、みれいの幼馴染。いつも笑顔で『化け物クリエイターズ』の皆に振る舞っている。6年前に『ペスト』で右腕を失った。

    1
  • 29

    和光 明穂(わこう あきほ)。中学2年生。

    いつも明るく元気にふるまう。クラスでも人気者。

    和音のことを気にかけており、いつも一緒にいる。

    最近、とあることで悩んでいるが、誰にも言えないでいる。

    1
  • 30

    朝霞 和音(あさか わおん)。中学2年生。

    引っ込み思案でなかなか自分から行動できず、いつも明穂に助けられている。

    心の中ではよくしゃべる。

    最近、とあることで悩んでいるが、誰にも言えないでいる。

    1
  • 31

    久恵里(くえり)

    主に質問する側

    5
  • 32


    【名前】


    神魔=アリス=ナイトメア




    【性別】


    見た目はつるぺた幼女だがポ○モンの禁止伝説同様に性別の概念は無い。(見た目は11歳くらいの幼女)




    【年齢】


    実際のところ本人にもよくわからない




    【特殊能力(?)】


    《異常の設定者・アリス》


    「全ての世界はワタシの見ている悪夢に過ぎない………だから望めば何でも叶うの」


    ありとあらゆる事象を、まるで明晰夢の要領で【設定】するという実質上最強且つ最も欲深き自由のチカラ。


    全ての情報という情報はワタシの夢の中の【設定】の一部に過ぎず、それらを望んだ通りに幾らでも改変でき、その改変現象を【異常(バグ)】という。


    『どういう【設定】にしたい』と、言ったり思ったりすれば【異常(バグ)】らせられない【設定】は無い。


    万が一、存在や魂を概念ごと消滅しても、何をされても、どんな状況下に居ようとオートで発動できる。


    【設定】をあらかじめ【異常(バグ)】らせておくことで【デフォルト設定】を装備する事が出来る。




    『装備中の【デフォルト設定】』


    ・自分より強い奴を見た瞬間、力が敵が絶望するレベルまで跳ね上がる。


    ・魔法や能力的なチカラは自動的に効かない。


    ・攻撃してきた相手はゲームみたいに【フリーズ】する。




    【設定】


    作者の趣味を色々と凝縮した結果、これ以上ない程に痛々しい厨二チックなデザインと設定を携えてしまったやべーやつ。


    前世では魔女をしていたが死に際に神を介さず自力で転生した上に『旧世界』を丸ごと破滅させて『新世界』の生成を促したやべーやつ。


    親友の亡骸と全異世界中の生命力を使って不死身で最強の人形を創り出したやべーやつ。


    本来は物語の作者のみが所持することを可能とする筈の《設定》という実質最強のチートを使いこなすやべーやつ。


    筋金入りの悪食なうえ、身体の背面側から【暴喰器官】という名の触手が何本も生えており、それを使って口から食べられない大きさの物を貪り喰らうやべーやつ。


    5連続で「やべーやつ」と書かれている割りには以外と温厚な性格。(しかし極度のサディストなので注意が必要)


    特にチョコレートとチーズが大好物で、それを両方使ったチョコチーズケーキがマイブーム。


    最近ではよくトークメーカーのダンゲロスSSに姿を現す。


    【戦う動機】


    なんかこっち来た^^




    【イラスト】


    きゃらふと様




    【作者】


    ダンゲロス界の最弱王!


    脳内☆ロリロリ楽園幻想


    1
  • 33

    真緒


     唯奈のバイト仲間。唯奈のことが大好きで、唯奈に彼氏ができるのを恐れている。

    1

    38|作品名猫の恩返し作者皐月鬼 @satsuki_oni

  • 34

    唯奈


     アキバ絶対領域で働いている女子高生。

     主人公に思いを寄せるがその正体は……

    1

    38|作品名猫の恩返し作者皐月鬼 @satsuki_oni

  • 35

    冬美(ふゆみ)

    高校3年生。千夏のお姉ちゃん。


    実は妖怪「ろくろ首」。すぐ首が伸びる。

    首の伸び縮みのコントロールが出来てるようで出来ていない。


    おっとりした大人っぽい女性。

    と見せかけて、実はほんわか天然で、予想できない行動をしていつも千夏を焦らせる。



    1
  • 36

    やしろあずき


    Web漫画家。1989年生まれ。神奈川県横浜市育ち。元劇団員。学生時代、ゲーム業界のカンファレンスCEDECのゲーム企画コンテストで受賞しその流れでゲーム会社に入社。数年間プランナーをしていたが、会社に行くのが面倒すぎて退職しTwitterで4コマなどをアップし始める。元々会社員だった事から社畜系のブラックジョークや小学、中学生時代のあるあるネタなど幅広い年代に向けたネタを生み出し続け、「スタバで出会った小学生の話」で年間RT数4位を獲得しつぶやきGANMA!でデビュー。その後、人気ソーシャルゲーム内での連載や有名企業のPR漫画、大手メディア「ねとらぼ」での連載など多方面に活躍の場を広げている。動画投稿サービスvineでも再生数世界一位を記録するなど、動画のファンも多い。
    1
  • 37

    菊池良(きくちりょう)


    ライター。2017年に出した書籍『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(共著・神田桂一)が15万部のスマッシュヒット。そのほかの著書に『世界一即戦力な男』がある。
    Twitter:@kossetsu

    1
  • 38

    架神恭介(かがみきょうすけ)


    作家。小説、実用書、漫画原作、ゲームデザイナー、オンラインサロンオーナーなどマルチに活動中。近著に、人生をゲームに見立てて攻略法を示した『リアル人生ゲーム完全攻略本』がある。他に『戦闘破壊学園ダンゲロス』『よいこの君主論』『仁義なきキリスト教史』など多数。

    1
  • 39

    立畑照葉(たてはたてりは)

    特別科クラスの一人。生徒会副会長兼任。学年は三学年にあたる。17歳。
    端正な顔立ちだが、男口調であり、傍若無人な態度が目立つ。
    紅月と七星の死刑宣告の撤回を報告するために、銀太たちを訪ねてくる。
    見た目に合わず、作中でも珍しい、武術を極めた武闘派。

    技術:「炸空術」(さっくうじゅつ)
     手を打ち鳴らすことによって、空気を破裂させ、真空により対象を切断する。これはコンプレックスではなく、純粋な技術。銀太は剣術の系統に入る武術と見た。
    シンボル:モノクル
    コンプレックス:『鎖に繋がれた犬のダイナミズム』
     モノクルを嵌めた左目では、すべてのものが静止して見える。つまり能力者は左目で一瞬一瞬が止まった世界を見て、右目で流れている世界を見ていることになる。
    5

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

  • 40

    犬童影千代(いぬどうかげちよ)

    ショッピングモールの幹部の一人。医療品や生活用品の管理を担っている。
    国立光文学園高等部三年二組所属。18歳。
    物腰の柔らかい好青年。しかし七星がショッピングモール内で唯一コンプレックスを把握していない人間でもある。そのため七星からは「油断のならない男」として見られている。

    シンボル:水銀温度計
    コンプレックス:『パルプ・フィクション』
     自分よりも高いところにいる生物の体温を上げ、自分よりも低いところにいる生物の体温を下げる。
     このときの変化率は能力者との上下の距離が離れているほど大きくなる。
    5

    696|作品名頭狂ファナティックス作者田口梓 @tomorrow3

ページトップへ