作品詳細

ドカベン魔法使いとの金汚い冒険

ウチは山田太郎や。ドカベンって呼んでもええで

567|ファンタジー|連載中|28話|70,891文字

【電子書籍化決定】「ウチの友達、樋口野口福沢諭吉!」
戦士が森の道具屋で出会ったのは、関西弁の自称美少女魔法使い「山田太郎」だった。
月・木曜日更新。

共幻コンにて銅賞を頂きましたので電子書籍化する予定。
内容も大幅に変更があると思いますが、引き続きお楽しみください。
これから電子書籍化の作業が進みますが、更新ペースには特に影響しないそうです。
40話くらいまで書きます。

作品・作者お気に入りの他、キャラお気に入り・セリフお気に入り・応援・レビューなども強いモチベーションになります。押していただければテンションが上がります。
 ↓対人類ヘコます会議室もよろしく。
http://talkmaker.com/works/adfc8378f3b9e40dc97dede2d641d8fb.html

レビュー詳細

ドカベンのポテンシャル

 何度も笑わさせていただきました!
 私はドカベンの世代ではないので、ドカベンを知ったのは「爆笑問題のバク天!」という番組からでした(レイザーラモンHGやアンガールズがメジャーデビューするきっかきになったやつです)。その企画の一つとして、「ドカベンを四コマ漫画にしたら?」というものがありました。
 水島新司、ゆでたまご、武論尊あたりの漫画は作品の質とともにネタとしてのポテンシャルも凄まじいものがあると思います。その中のドカベンをヒロインの名に冠して、上手に調理したことは素晴らしいです。
 

ページトップへ