先輩はエクソシストじゃありません!

第22話 またまたご飯?

エピソードの総文字数=3,590文字

月無さんがメモしていて、他に気になったことはある?
 「他に」と言われても、そう急にポンポンとは出てこない……早智は考える時間がほしくて別のことを先輩に問いかける。
ええと……その前に、弥恵さんを引っ張ってくる幽……霊? か悪魔……? 何なのかよくわかりませんけど、それをどうしたいのか確認しなくてもいいんですか? スズちゃんのときみたいに……。
そうだった……さっちゃんよく覚えてるねー、大事なこと。
そうだね……弥恵さんが何に困っているのかは聞けたから、今度はそれをどうしたいのか確認しようかな。
「何をどうしたいのか」?……私を引っ張ってくるものをどうしたいのか? ってことですか?
そう、弥恵さんは今、食事中見えない何かに手足を引っ張られて困ってるけど、最終的にそれをどうしたいと思ってる?
えっ……普通に食事ができるようになりたいです。
「普通に」っていうのは、「元に戻りたい」ってこと?
元に……というか……。
目に見えない何か……んー、これいちいち言うの面倒くさいなー……とりあえず、弥恵さんを引っ張ってくるもののこと「悪魔」って呼ぶことにしようか。弥恵さんは、それに邪魔されずに食事ができるようになりたいだけ? 
えっと……そうです。
んっ、本当に? それは前と同じように食事ができる生活に戻ればOKってこと?
 弥恵さんが詰まったのを見て、先輩は少し気になった様子で質問を重ねる。
「普通に」食事ができるようになりたいっていうのは、「前みたいに」食事ができるようになりたいってことでいいのかな? さっきも聞いたけど……。
…………もともと普通じゃ…………。
えっ?
 ピンポーン……その時、弥恵さんの返事に途中から重なるように玄関のチャイムが鳴った。
あっ……きっとお父さんね。さっきもうすぐ着くってメールがあったから。ちょっと待ってて。
えっ、もう夕方か……。
 パタパタと玄関に向かった弥恵さんのお母さんは、少しして小柄なおじさんと一緒に戻ってきた。あまり感情を表現するタイプじゃないのか、早智たちを見ても無表情のままだ。何か挨拶しようとして口を開いたように見えたけれども、そのまましばらく言葉が出てこない。
…………ただいま。
おかえり、お父さん。
 やっと出てきた言葉は娘に向かってかけられ、早智たちにはもう一度くるっと振り向いて、軽く会釈だけがなされた。
黒間さん、お久しぶりです。
…………ああ、元気かい?
 しゃがれた低い声がボソリと出てくる。寡黙な人というのは本当らしい……話すのがそんなに得意そうには見えない。
おかげさまで……こうしてちゃんと話すのは初めてかもしれないですね。
…………ああ。
 この人は職場で困らないのだろうか? 思わず心配してしまうほど言葉数が少ない。食事中どころか、ほとんどいつも黙ってそうだ……。
…………君達は?
 弥恵さんのお父さんは、先輩から早智たちの方に目を移して聞いてきた。
ほら、亮くんが連れてくるかもって言ってた学生さんたちよ。今まで弥恵の話聞いて色々教えてくれてたの。
そうか…………ご飯、みんなも食べていくのか?
えっ?
亮くんには夕食まで残ってもらえるようにお願いしてたけど……よかったら他のみんなも食べていく?
俺はもともと実際に何が起きてるのか見て欲しいって言われてたからそのつもりで来たんだけど、古和と月無さんはどうする?
あっ、あの……人前でご飯食べるの苦手って言ってませんでしたっけ?
今日はもともと、そのつもりで用意してたから……私たちだけじゃ、もうどうにもならないし、亮くんに相談するなら実際に見てもらうのが一番早いと思ったの。だから今晩は数人分夕食の用意がしてあって……けど、他の人は無理にとは言わないわ。
でも、よかったら……古和さんと早智さんも一緒に残っていただけると……まだ話の途中でしたし、ダメですか?
おっ、いいんですかー、お邪魔しちゃって? なら遠慮なくご馳走になります。さっちゃんもよかったね、今日は自炊しなくて済むよー。
 うっ……晩御飯まで残っていかなくてはならない雰囲気になってしまった。今は何も見えないが、食事が始まったら現れるという「それ」にご対面する覚悟はできていない。早智は口の中が急に渇いてきた。
あの、私と父のことなら気にしなくても……学校や職場では普通にみんなの前でお弁当食べてますから。
いやー、すみません。ご馳走になります。
あっ、ありがとうございます……。
 結局、早智も八津貝先輩や部長と一緒に夕食まで残ることになってしまった。「そのつもりで用意していた」と口にされたとおり、弥恵さんのお父さんが上着をかけてテーブルに着くと、もう料理はレンジで温めて机に並べるだけになっていた。ちゃんと、先輩が連れてくるかもしれない早智や部長の分までもともと用意してくれていたらしい。
えっと……食事が始まったら、いつもだとしばらくしてこの子が引っ張られるから……急に驚かされるかもしれないけど、ごめんね。
…………怪我だけ気をつけてほしい。
今までも、弥恵さんが引っ張られて怪我しちゃうこととかあったんですか?
私自身は引っ張られても、せいぜい椅子から落ちたりするだけなんですけど……何度かお母さんに料理をぶちまけそうになって……。
だから今日は汁物がないのか……。
あと、引っ張られた拍子にスプーンを手から離して当たりそうになったこともあって……。
あっ、だから使い捨ての軽いスプーン……。
お箸とかフォークだと誰かの目に刺さっちゃうといけないから、食べにくいけどごめんね……私に何か飛んできたときは、いつもお父さんが庇ってくれたから怪我したことはないんだけど。
ああ………だが、みんな気をつけてくれ。
 無口で言葉足らずだけど、弥恵さんのお父さんは悪い人じゃなさそうだ。ほとんど早智たちと目を合わせることはなかったが……「すごくシャイなんです」という弥恵さんの言葉に誇張は含まれてないらしい。
それじゃあ、どうぞいただいて。あっ……亮くんたちは食事前にお祈りするんだったっけ?
人前で食べるときとか外食するときとかは各自で黙祷しているから気にしなくていいですよ。
あっ、先輩の家もそうなんですね。
 クリスチャンによっては、どこであろうと誰の前であろうと必ず食前にお祈りする家庭もあるが、早智は友達の前でそれをするのが恥ずかしくて、小さい頃から短く黙祷だけして食べていた。家にいるときも幼稚園くらいまでは、お祈りに曲のついた短い歌で済ませていた記憶がある。
食前のお祈りって、唱えるときはどんなふうにするんですか? 私の大学もクリスチャンの人何人か来てるんですけど、みんな食事のときは黙祷だから聞いたことなくて。
私も聞いたことないかも……舞もお祈りは必ずしてたけど、いつも黙祷だったから。
そうなのか……みんなが嫌じゃなかったら声に出してお祈りしてもいいけど。
あなた、弥恵のこともあるし、亮くんにお祈りしてもらって食事する?
…………ああ。
なんかこれだけみんな見られてると緊張してきたな……。
 そう言いながらも先輩はスッと手を胸の前で組み、目を閉じてお祈りのポーズをする。ちなみに、お祈りのポーズというのも別に「手を組まなければならない」と決まっているわけではない。

 現代の日本ではそれが一般的なだけで、「オラショ」と呼ばれる両手を合わせた「いただきます」のような姿勢もあるし、左右の手を天に向かって広げて祈る姿勢もある。ようは落ち着いて神様に祈ることができれば、人それぞれのポーズでかまわないのだ。
じゃあ、ひと言お祈りをします。

恵みの神様、今いただく食べ物を、主イエスの名によって感謝していただきます。

弥恵さんの直面している悩みや、お父さんお母さんの不安を取り除いてください。また、一緒に来てくれた古和さんや早智さんのこともお護りください。それぞれが必要としているものをあなたが与えてください。イエス様のお名前によって祈ります。アーメン。
 あっ、懐かしい……と早智が思ったのは、先輩のお祈りに出てきた最初の一文が、小さい頃メロディーに乗せて歌っていたお祈りと一緒の言葉だったからだ。先輩も子どもの頃、もしかしたら同じ歌を歌っていたのかもしれない。
前から気になってたんだけど……お祈りの最後につける「アーメン」ってどういう意味があるの?
聖書の原文に使われている言葉で、「そのとおりです」とか「そのとおりになりますように」っていう意味です。
あっ、学校のキリスト教学の授業で聞いたかも……。
うちの学校でも同じこと習ったなー。さあ、せっかくだから冷めないうちに食べようか? さっちゃん。
あっ、はい。いただきます……。
 スズのときも今回も、どういうわけか先輩のエクソシストに付き合うとご飯に招かれてしまう……久々に家族以外の人とお祈りをして、その日、早智の夕食は静かに始まった……。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ