【ユーザー参加企画★リレー小説】イブに初デートしたらヤバい世界に飛ばされた件

【ギン02】doubutulord

エピソードの総文字数=1,476文字

2017/12/02 15:32

392525

 そうしてどれほど空を・・・、いや、ぼくの上に降り積もった雪を眺めていただろうか。突然吹いた突風によって雪は吹き飛ばされていった。

 ふいいいいぃぃぃぃ、と何かが噴き出すような音を背景に、がちゃり、がちゃりと金属質な音が近づいてくる。

2017/12/02 15:33
「おやおや、こんなところで小さな同胞を見るとは」
2017/12/02 15:44
 そんな事を言いながら、空っぽの鎧が僕の視界に現れた。
2017/12/02 15:48
「うむ、何処の何物かは知らないが、こんなところで独り雪に埋もれているのは寂しかろう!一先ず私が住む街まで連れて行こうではないか!」
2017/12/02 15:50
 空っぽの鎧はそう言って、籠手の中から太めの紐を取り出すと、ぼくをその中に通して持ち帰ろうとした!

 冗談じゃない!フェンと引き離されちゃう!

2017/12/02 15:53
「フェェェエエエエエエエン!ぼくはここだよーーーっ!さらわれるーーーっ!助けてぇえええええええ!!!」
2017/12/02 15:56

ギン は おおごえで たすけをよんだ!

しかし フェン は あらわれなかった!
2017/12/02 15:58

392525

かみはしんだ。
2017/12/02 16:00
「”ふぇん”? お前、連れが居るのか?」
2017/12/02 16:00
 あれ?声が通じてる・・・?ぼくの意志が通じる存在なんて、今までフェンだけだったのに。
2017/12/02 16:01
「なんでぼくの声が分かるの?」
2017/12/02 16:02
「そりゃあ分かるともさ、なんたって私はリビングアーマーだからな!」
2017/12/02 16:03
 そう言って空っぽの鎧は兜をとって、自身が意思を持つ無機物である事を示した。そりゃそうだ、そもそも「空っぽの鎧が喋る」のがおかしい。ぼくやフェンのような、”もの思う指輪”に近しい存在であると考えた方が妥当だ。
2017/12/02 16:04
「ああ、その。フェン以外に喋る”もの”は初めてで。あの、フェンを知りませんか?金色で、僕とそっくりな指輪で、喋れて、ふたつでひとつで、あと、えーとえーと・・・」
2017/12/02 16:07
「あー、うむ・・・。良く分からんがゆっくりでいいさ。話すと良い」
2017/12/02 16:10
「あ!変身して一人で動けるんです!」
2017/12/02 16:10
「・・・変身できる?」
2017/12/02 16:12
「はい!えーと、狼とか、あと人間とか」
2017/12/02 16:12
「おおかみ?とかにんげん?とか良く分からんが・・・」
2017/12/02 16:13
 ・・・今なんて言ったのこの鎧さん?狼も人間も知らない?
2017/12/02 16:14
「私の様に一人で動けるのなら、きっと今頃君の事を探して動いているだろう。・・・うーむ、やはり街に移動してお互いの情報が入りやすいようにしていた方が良いのではないかね?」
2017/12/02 16:15
「えっ、あっ、うーんと、そうですね・・・。お願いします」
2017/12/02 16:16
「うむ、任された」
2017/12/02 16:16
 鎧さんはそう言って僕を手に持ち、先ほどから息を吐き続けていたホバー車にまたがり、発車した。

 勢いよく車は走るが、景色は一向に動かない。何もない雪原が広がっているからだ。

2017/12/02 16:17
「あの、鎧さん。狼も人間も知らないってどういうことですか?」
2017/12/02 16:22
「実際に見たことが無いし、日常生活で耳にすることもないだけだ。だが生物が過去に存在した、という知識はあるぞ? 電子資料館に行けば何かしら情報が手に入るだろう」
2017/12/02 16:23
 ぼくは不安に駆られた。人間を知らない? 生物が居ない? じゃあぼくはいま”どこ”に居るんだ? ここは”どこ”なんだ!?
2017/12/02 16:25
「あ、あの・・・、ここは一体どこなんですか・・・?」
2017/12/02 16:26
「北緯44.195の西経26.189だ・・・という事が知りたいわけでは無いんだろうな。おそらく」
2017/12/02 16:27
「まあ、君の疑問に答えられるようになんとか頑張るとしよう、そら街が見えてきたぞ」
2017/12/02 16:30
 ・・・小さく見えてきた街は確かな光に包まれており、明らかに営みがあると感じさせた。
2017/12/02 16:32
「ねえ、鎧さん?本当に生き物が居ないの?ぼくをからかってない?」
2017/12/02 16:33
「からかって無いんだがなぁ・・・。まあ良い、こう返すとしよう」
2017/12/02 16:33
「ようこそ、【生物の居ない街】へ」
2017/12/02 16:34
【ギン02】ここまで
2017/12/02 16:34

392525

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ