チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第六十四話『戦闘開始』

エピソードの総文字数=1,238文字

そう、この「D級英雄ランク戦」最後のボスは「大龍 - ワイバーン」だった。

全滅した珊瑚たちがスタート地点に転送されようとしている。その状態の珊瑚が無理やり声を出し、僕らに告げる。「このまま戻って、逃げるんや、これは、君らが勝てるような相手ちゃうで」珊瑚が最後の力を振り絞って僕に告げる。

その声を無視して、珊瑚たちのチームと「大龍 - ワイバーン」のリンクが消えるのを待つ。この「ラスト・オンライン」は同時に別のチームが敵と戦うことができない。そのためリンクという概念がある、繋がってる物同士だけが戦闘できる。

その、「大龍 - ワイバーン」と珊瑚たちのリンクが、珊瑚たちの全滅により、外れる。転送までしばらくかかるため、転送より、リンクの解消の方が先に起きるようだ。

そして、僕達と「大龍 - ワイバーン」がリンクする。
2017/06/03 23:01
「あぁああ、だから逃げろ言うたのに」
2017/06/03 23:01
珊瑚が叫ぶ。
2017/06/03 23:01
「そういうわけには行かない!!」
2017/06/03 23:01
と僕は珊瑚に叫ぶ!
2017/06/03 23:01
「君らの戦いを見て、そういうことは出来ない!!逃げるわけには行かないんだ!!」
2017/06/03 23:01
とさらに僕は叫ぶ。

僕らは、すでに「大龍 - ワイバーン」との戦闘開始位置まで近づいていた。すでに戦う覚悟があったからだ。この珊瑚たちの状況を見て帰ることは出来ない。

そして、SSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」を構える。キイィィィィンという音が響き、「 神の剣 -デュランダル 」に光が集る。
2017/06/03 23:01
「疾風!!」
2017/06/03 23:02
SSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」の更にレアスキル、「目が届き、障害物がないすべての範囲」に攻撃が出来る『疾風』を発動させた。

その刹那、その剣戟は「大龍 - ワイバーン」の右翼に当たった。右翼にダメージが発生する。99,999とカンストの数字が表示され、「大龍 - ワイバーン」の右翼が消滅した。
2017/06/03 23:02
「ま、まじでか?!あれだけびくともせんかった、『大龍 - ワイバーン』の羽が消滅した!?」
2017/06/03 23:02
珊瑚が驚いている。僕らは間に合わなかったので見ることはできなかったが、多分、瑠璃、珊瑚、水晶の方もいつもの総攻撃で戦っていたが効かなかったのだろう。
2017/06/03 23:02
「き、君ら何もんなんや??」
2017/06/03 23:02
珊瑚が叫ぶ。
2017/06/03 23:02
「何者でもないよ、通りすがりのドラゴンハンターさ!」
2017/06/03 23:02
僕は笑って答えた。
2017/06/03 23:03
「ジュン・・・」
2017/06/03 23:03
珊瑚の声がかすれていく。
2017/06/03 23:03
「先に行って休んでてくれ、珊瑚たちの仇は僕らが取るよ!」
2017/06/03 23:03
「そうだよ珊瑚ちゃん。」
2017/06/03 23:03
「任せて下さい」
2017/06/03 23:03
奈緒子もそう言った。

それに応えるかのように
2017/06/03 23:03
「ありがと・・・」
2017/06/03 23:03
と、そこまで言うと転送が始まり、珊瑚達はスタート地点まで飛んでいってしまった。

珊瑚の方を振り返らずに僕はワイバーンの方を睨んだ。
2017/06/03 23:04
「さあ、ドラゴン退治と行こう!」
2017/06/03 23:04
元A級の珊瑚たちをあっさりと全滅に追いやった、「大龍 - ワイバーン」に対し、逃げることもせずに、戦うことを選択した僕ら。僕がみんなに言った。
2017/06/03 23:04
「よっし」
2017/06/03 23:05
「はい!」
2017/06/03 23:05
サラと奈緒子も構えた。

ついにD級英雄ランク戦の最終ボス「大龍 - ワイバーン」との戦が始まる。
2017/06/03 23:05

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ