チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百二話『まちをでたらまものがいるぞ!』

エピソードの総文字数=1,206文字

「それはもちろん手当たり次第に・・・村人に話しかける!!」
2017/06/11 13:57
そう、僕らは初心に返り村人に話しかけて情報を集めることにした!それがRPGの大原則、村人に話しかけて情報を増やして、どんどんフラグを立てて、イベントを発生させて進んでいく。それがRPGの基本だ。

僕らは、家でいろいろな家具やゲームを確認し満足して、街に戻ってきていた。格闘少女サラの提案で次は「騎乗 - ライディング」を覚えようということになっていた。
2017/06/11 13:57
「よし、早速話しかけてみよう。『ここは『始まりの街』だ』しか言わない街の人とか『外に出ると魔物がいるぞ』しかいわないような人はいるかな?」
2017/06/11 13:58
と僕がRPGあるあるを思い出しながら、奈緒子に言う。
2017/06/11 13:58
「あははは、必ずいるんですよね!岩が置いてあって通れない道とか、どいてくれなくて通れない道とかも最初にあるんですよね」
2017/06/11 13:58
と奈緒子もRPGあるあるを言う。そのあるあるはドット絵時代のRPGあるあるだ。奈緒子さんは結構なRPGマニアかもしれない。
2017/06/11 13:58
「よし、話しかけてみよう」
2017/06/11 13:58
と僕が行って、気の良さそうなお兄さんのところに駆け寄って訊ねる
2017/06/11 13:58
「あのー、『騎乗 - ライディング』覚えたいんですけど、どうしたらいいですか?」
2017/06/11 13:58
と僕が聞く。
2017/06/11 13:59
「おー、兄ちゃんたち、『騎乗 - ライディング』覚えたいのか、だったら、そこ、まっすぐ行って、右にいくと、馬小屋があるから、そこで話を聞いてみるといいぞ!」
2017/06/11 13:59
と、かなり自然に、会話が成立した。僕の質問を汲みとって、必要な情報をくれた。
2017/06/11 13:59
「すげー!!ペラペラだ!!」
2017/06/11 13:59
「日本語ペラペラですね。ほんとにNPCノンプレイヤーキャラクターなのでしょうか!」
2017/06/11 13:59
と、RPG好き僕と奈緒子は盛り上がった。
2017/06/11 13:59
「なんのこっちゃ?食堂のおばちゃんもペラペラだったよね?」
2017/06/11 13:59
とサラが思い出して言う。
2017/06/11 14:00
「はっ!そういえば!!」
2017/06/11 14:00
と僕ら二人も思い出す。
2017/06/11 14:00
「たしかに、『ラスト・オンライン』には何回聞いても『ここは『始まりの街』だ』しか言わない街の人とか『外に出ると魔物がいるぞ』しか言わないような人がいない・・・」
2017/06/11 14:00
「食堂のおばちゃんもペラペラでしたね、プレイヤーキャラクターと遜色ないくらいに」
2017/06/11 14:00
と、僕と奈緒子が思い出す。
2017/06/11 14:00
「それって凄いの?」
2017/06/11 14:00
とサラが聞く。最初に見たゲームがこれだったらその凄さがわからないのも無理がない。
2017/06/11 14:01
「すごいよ!人間と区別がつなかい、AIって、30年以上前からのゲーム開発の夢だよ」
2017/06/11 14:01
「へー、どうやってるんだろう」
2017/06/11 14:01
とサラも気になったらしい。
2017/06/11 14:01
「そういえば、記事で読んだことがあったかも・・・僕らの行動を使って、学習してるんだったような」
2017/06/11 14:01
「え、なにそれどういうこと?」
2017/06/11 14:01
僕の説明に、更に頭の上にはてなが浮かぶサラ。
2017/06/11 14:02
「つまり僕らの行動をジャンルわけして、蓄積してるんだ」
2017/06/11 14:02
サラはなんのこっちゃ、という顔をしていた。

そして
2017/06/11 14:02
「なんのこっちゃい」
2017/06/11 14:02
と、
サラはそのまま表情と同じことを口に出して笑った。
僕はさらに詳しい説明をすることにした。
2017/06/11 14:02

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ