マジカルミュージック

過去の約束

エピソードの総文字数=1,316文字

く……悔しいわ!!    こんなのあんまりよ!!
2017/06/07 21:42
仕方ないだろう。相手が悪かったんだ
2017/06/07 21:42
あなたは、勝負に執着がない。悪い意味で良いことよ!!
2017/06/07 21:49
おいおい……。俺のことディスるなって……
2017/06/07 21:50
本当に呑気ね。あなたは、大事な従妹さんさえ褒めてくれたら良いんだもの……。音楽は、勝負なのよ!!    一つの音符に魂を籠めて奏でないといけない!!    うまくいかないと悔しいのよ!!    あなたには、分からないわ!!
2017/06/07 21:50
    そう……これは、アンサンブルコンクール地区大会でダメ金だった日。

    外は、寒くて小雪がちらついていた日。

2017/06/07 21:52
    この日、亜里沙は一成と喧嘩になったのだ。

    ダメ金はダメで、金賞が良い……。

    同じ金賞でも地方大会に行きたい。

    しかし、一成は妹さえ喜んでくれたら良い、と言うので意見が対立。

2017/06/07 21:54
俺は皆のために吹いてるんじゃない。一人の人でも喜んでもらえるように吹いてるんだ!!    お前は、どうなんだ?    自分の音で全ての人を魅了するなんて無理がある。答えろ。お前は、どうしたいんだ?
2017/06/07 21:56
あたしは、皆を魅了できないのはわかってる。だけど、音楽を愛する気持ちだけは負けないわ!!
2017/06/07 21:59
お前は、それが一番だな。お前らしくて良い目標だ
2017/06/07 22:00
あたしは、将来先生になるわ!!    そして、後輩たちに音楽の楽しさを伝える!!    良いでしょ、一成
2017/06/07 22:01
俺はその手伝いでもしようかな?    俺も教師が目標だし……
2017/06/07 22:02
じゃあ、一緒に教師になろう。一成とならやっていける気がするわ!!
2017/06/07 22:03
    ……。

    懐かしい夢を見た。

    高校時代、亜里沙は一成と同じ吹奏楽部に入っていた。

    負けた日、亜里沙は……。思い出すだけで腹正しい……。悲しい。悔しい。勝ちたかった。そんな感情が渦巻く……。

2017/06/07 22:04
あたしは、勝ちたかったの……。だから、一成も分かって……。今回は、三年間で全国に行くって……
2017/06/07 22:09
何だよ……。もう起きてたのか?
2017/06/07 22:51
一成……。まだ早いから寝てても良いよ。家事は、あたしがするって言ったでしょ!!
2017/06/07 22:52
いや……。手伝う。前みたいな黒い物体食べさせられるのはごめんだからな……
2017/06/07 22:52
うるさいわね。あたしかって練習すれば何とかなるって……
2017/06/07 22:53
料理だけはどうにもならないだろ?    だから、今日は俺も手伝うって……
2017/06/07 22:54
分かったわよ。今日は、スクランブルエッグ食べたいなぁ
2017/06/07 22:55
了解。作ってやるから皿とか用意してくれ
2017/06/07 22:56
分かった
2017/06/07 22:56
    亜里沙は、一成との付き合いも長い。

    もう一〇年経つ。

    そろそろ何か一声欲しいんだけど……。まだそれがないのが寂しい所……。

    でも、ご飯は美味しいし、一日の元気の源になっている。

2017/06/07 22:57
あたしは、今のクラスが全国に行けると思ってるの!!    後輩たちにあたしたちの思いを……。叶えてくれたら嬉しいなぁ
2017/06/07 22:59
歌音がいるから大丈夫だ。俺は、あいつの兄でもあるからな。俺は、お前の支えでもあり、歌音の支えでもあるんだからな
2017/06/07 23:00
    そう……。

    亜里沙は、最近になるんだけど歌音に嫉妬している。

    指揮の実力は、亜里沙よりも上で的確で……。羨ましい。一成との時間も長い……。

    生徒に嫉妬する亜里沙は、悪い女だ。亜里沙は、そう思うのだった。

2017/06/07 23:01

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ