マジカルミュージック

おっとり音楽の錬金術師の初恋

エピソードの総文字数=1,594文字

はぁー(  -。-) =3
2017/06/03 17:17
    土浦奏多が大きなため息をついた。

    高等部一年の六月上旬……。

    だんだん、クラスの癖の強さにも慣れてきた。

    しかし、音楽に関しては心を閉ざしてしまった人が多い。歌音にも心を開いていない人も多い。ナリスの言うとおり、やる気あるんか?、って感じだ。

2017/06/03 17:18
    ここ最近だが、土浦奏多と中山陽菜の関係性に変化が見られた。

    歌音が見るところ両方の心が恥ずかしがっている。

    曲にも出てしまい、「シンフォニア・ノビリッシマ」のオーボエソロの部分が完成しない。時間も刻々と迫っている。

    ここは、奏多くんに事情を聞いてみよう。ため息ばかりだと心配だし……。

    歌音は、奏多くんに声をかけることにした。

2017/06/03 17:21
奏多くん、最近練習疎かにしているように見えるんだけど……。何かあったの?
2017/06/03 17:24
あんたか……。あんたには関係ないです
2017/06/03 17:25
    やっぱりそう来たか……。拒絶の心……。大きな扉と南京錠……。もう何回もこれを見たような気がする。
2017/06/03 17:26
これは、注意なのよ。最近、奏多くんと陽菜ちゃんが演奏を止めるのよ。それは、分かってる?
2017/06/03 17:27
うっ……うるさいなぁ、分かってるよ。陽菜だって分かってるよ!!    あんたとは、あまり関わりたくないです。共感覚とか……気持ち悪い
2017/06/03 17:28
    奏多は、拒絶して教室の外に出ていってしまった。今日の合奏……大丈夫なのか?
2017/06/03 17:30
    歌音は、能力が気持ち悪い、って言われたことにショックを受ける。確かにそうかも……だけど、そこまで言わないだろう。


2017/06/03 17:31
    陽菜にも聞いてみる。ちょうど渚・里紗と一緒にいる。
2017/06/03 17:32
    話の内容は恋ばなだった。陽菜に好きな人がいるらしい……。早すぎないか?!    このクラスの人だと言っていたけど、早すぎる。
2017/06/03 17:33
ワタシには、好きな人がいるの。可愛らしい男の子で難しい金管楽器を吹いている子なの。本当に大好きなの
2017/06/03 17:35
それって誰なの?
2017/06/03 17:37
このクラスの人ですか?    陽菜さん、教えて下さい
2017/06/03 17:37
きゃぁぁ(/▽\)♪    恥ずかしいわ!!    これ以上は言えないわ!!
2017/06/03 17:38
    陽菜……心の中の音楽の錬金術師が、相当照れて調律が乱れている。これが原因だったのか……。コンサートマスターが、これじゃあ駄目だ……。完全に浮かれている……。
2017/06/03 17:39
今日の合奏……。
2017/06/03 17:50
はい、陽菜ちゃん。チューニングB♭の音下さい!!
2017/06/03 17:50
はーい♪
2017/06/03 17:51
    陽菜が吹くチューニングB♭の音は、音程が高かった。いや、だいぶ……。
2017/06/03 17:52
陽菜ちゃん、音程高いわ。もう少し下げて
2017/06/03 17:53
はーい♪
2017/06/03 17:54
    まだ少し高いが、時間の無駄だ。442ヘルツの音がとれていない。443ヘルツの音でとることにした。

    周りのパートは、管を調節し、ようやく音程が合う。ここまでで20分も時間を使った。完全なロスだ。

2017/06/03 17:54
    指揮棒を構えると、皆が楽器を構える。
2017/06/03 17:57
「太陽のワルツ」

    課題曲の指揮。曲の出だしから指揮を止めることになる。オーボエが出遅れたからだ。

2017/06/03 17:57
オーボエパートの陽菜ちゃんが遅れてました。オーボエパートだけでもう一度
2017/06/03 17:59
    オーボエパートだけで最初のファンファーレを吹いてもらうも陽菜が遅れる。こればかり繰り返している時間もない。仕方ないので後で練習してもらうことにして、先に進める。

    次は、ホルンパートの一体感のなさで指揮を止めざるを得なくなった。

2017/06/03 18:00
奏多くん……遅れてました。ちゃんと指揮を見てください。陽菜ちゃんばかり見ていないで、指揮棒を見てください
2017/06/03 18:02
う……うるさいです。分かってます
2017/06/03 18:03
じゃあ、指揮棒を見てください
2017/06/03 18:04
    この後も「シンフォニア・ノビリッシマ」では、ソロで躓いていたり、奏多が、オーボエソロ中に吹き真似をしたり……。合奏にならないような感じで進み、いつの間にか合奏の時間は終わってしまった。

    何……この進みの悪さ……。

    歌音は、その後項垂れることしかできなかったのであった。

2017/06/03 18:04

◆作者をワンクリックで応援!

1人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ