チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第四十七話『新呪文 スピードエリア』

エピソードの総文字数=1,177文字

「うわー、すごい、攻撃力!」
2017/06/02 19:00
とサラが軽口を叩く、今の攻撃は避けてなかったら、かなりのピンチに陥るところであった。そう、その攻撃をした『D級英雄ランク戦』の第二のチェックポイントのボスはRPGメジャーモンスター「ゴーレム」だった。
2017/06/02 19:01
「ほんとに、すごい攻撃ですね」
2017/06/02 19:01
と、ゴーレムにより破壊された、地面を一瞥し、奈緒子が言う。ゴーレムは破壊力の化身というイメージが、たしかにある。ただし一般的に、動きはゆったりとしているというイメージのものが多く、このゴーレムもそこから、外れるものではなかった。
2017/06/02 19:01
「うん、みんな気をつけて!!」
2017/06/02 19:01
僕が注意を呼びかける。動きはゆっくりだが、舐めていると、最高火力の攻撃力で、一気に体力を持って行かれてしまう。相手の動きを慎重にみて、ダメージを貰わずに攻撃することが重要だ。
2017/06/02 19:02
「私もそろそろ、活躍したいんですよね!」
2017/06/02 19:02
ぼそり、と奈緒子が言った。サラや僕の圧倒的な攻撃力により、自分の番が少ないと、フラストレーションが溜まっていたのであろう、奈緒子が目を光らせる。
2017/06/02 19:03
「『スピードエリア』」
2017/06/02 19:03
と奈緒子は新呪文を唱えた。
四角いエリアの地面が青く光る。シュワワワワと音をたて、エリアを照らす。
2017/06/02 19:04
「お!!その呪文はどんな効果なの??」
2017/06/02 19:04
ゴーレムのパンチを避けてジャンプしていたサラが、シュタッと着地して聞いた。
2017/06/02 19:04
「このエリアに見方が入ると、仲間のスピードが2倍になります!!」
2017/06/02 19:04
「2倍!?!?それはすごい!!」
2017/06/02 19:04
奈緒子の説明に僕が驚く。
2017/06/02 19:04
「なるほど、そのエリアにゴーレムを引き込むんだね?」
2017/06/02 19:04
僕が理解した。奈緒子は自分と、ゴーレムのちょうど間の位置に『スピードエリア』を仕掛けていた。
2017/06/02 19:05
「そのとおりです!!『ファイヤー』!!」
2017/06/02 19:05
と炎の塊を呼びたす呪文を唱え、ゴーレムに向かって放った。

ファイヤーがゴーレムに直撃した!
それにより、ゴーレムが怒りだし、奈緒子に襲いかかってきた。

僕が走りだし、SSSランクの武器「 神の剣 -デュランダル 」を掲げながら『スピードエリア』に入っていった。斬りかかろうとしたのだ。だが、突然体が軽くなりスピードが2倍になる、あまりのことに、運動神経の良くない、僕はその変化に追従出来ずに、攻撃を外してしまった。どんな敵にでも必ずカウントストップのダメージ99,999を与えられる、「 神の剣 -デュランダル 」の攻撃を。

その刹那、「伏せて、ジュン!!」と叫びながら、サラが向かってきた。『スピードエリア』ギリギリに飛び込んで、しゃがみ、『雷迅 - ライトニング』を発動させ手刀でゴーレムの上空目掛けて跳びかかり斬りかかった。

更に、そこに合わせるように、「サンダー!!」と魔法を唱える奈緒子。サラの攻撃で動けなくなっていた、ゴーレムに追撃した。

そして、ゴーレムを倒した。
2017/06/02 19:05
「私もいろいろ魔法を覚えたんですよ!!」
2017/06/02 19:05
にやりと魔法使いの少女、奈緒子が笑った。
2017/06/02 19:11

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ