チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第二十四話『サラのフルコース』

エピソードの総文字数=1,143文字

「できたわよー。みんなー!サラさんのフルコースですよー!」
2017/05/30 23:19
自慢気な笑顔のサラが、食べきれんばかりの多さの、食事を抱えて戻ってきた。
2017/05/30 23:20
「これは、すごい」
2017/05/30 23:20
「すごいですね」
2017/05/30 23:20
テーブルに並ぶ肉料理の数々を目にして、僕と魔法使いの少女奈緒子が、ごくり、とつぶやいた。
2017/05/30 23:20
「この子が食べたいもの全部作っちゃったわ!」
2017/05/30 23:20
と、食堂のおばちゃんが、豪快に笑いながら言った。きのこのクエストのお礼とは家大判振る舞いだ。これ普通に頼んだらいくら掛かるんだろう、と思った。
2017/05/30 23:20
「ふふふ、えーっと、しゃぶしゃぶでしょ、ステーキでしょ、焼き肉、お肉のフルコースね」
2017/05/30 23:20
えっへん、と、胸を突き出して、腕を腰に当てて、自慢気なサラ。指ではなく手のひらで料理をさして、料理名を口にする。

指でさすわけではなく、手のひらでさすという行為を見て、育ちがいいのかな?と思った。いろいろ不思議な少女である。
2017/05/30 23:21
「こんなフルコース、聞いたことないよ!!」
2017/05/30 23:21
と笑う僕。
2017/05/30 23:25
「いいですね。どちらからいただこうかな〜。」
2017/05/30 23:25
僕の料理への突っ込みをよそに、すでに、戦闘態勢の奈緒子。女子の食事は戦闘だ。
2017/05/30 23:25
「じゃんじゃん食べてね、冷めちゃうと、美味しくなくなっちやうから」
2017/05/30 23:25
と、どんどん、お皿に盛りつけてくれるサラ。
気が利くというかなんというか、とにかく行動が早い。素直に凄いな、と思う。
2017/05/30 23:25
「あ、それは!私がやります!!」
2017/05/30 23:26
と、盛り付けを慌てて手伝い出す、奈緒子。料理が出来ないと自分で思っていて、その事を気にしているのか、その分働く奈緒子。

奈緒子が一通り皿に料理を並べ、準備が完了した。
2017/05/30 23:26
「では、どうぞ」
2017/05/30 23:26
ふふーん、と唇を緩め笑いながら、言った。
2017/05/30 23:27
「いただきます!」
2017/05/30 23:27
「いただきます!」
2017/05/30 23:27
僕と奈緒子がそれに返事する。
2017/05/30 23:27
「いただきまっす!!」
2017/05/30 23:27
遅れてサラも言う。
2017/05/30 23:27
「あ、美味しい」
2017/05/30 23:28
奈緒子が焼き肉に手をとって、そうつぶやいた。
2017/05/30 23:28
「ほんとだ、美味しい」
2017/05/30 23:28
「え、ほんと!?私も食べよう!!」
2017/05/30 23:29
僕もちょうど食べていて、同意した。それに遅れたサラが乗り出して焼き肉を取った。
2017/05/30 23:29
「うまー!!」
2017/05/30 23:29
満面の笑みのサラ。楽しい食事になりそうだ。

笑顔のサラが、ふと気づいて、あれ?っという顔をした。
2017/05/30 23:29
「そういえば、これってなんで美味しいの??ゲームだよね??」
2017/05/30 23:29
と、ゲームであることを思い出したサラが疑問を口にする。
これは没入型MMO「ラスト・オンライン」。バーチャルウォーカーという、バンド型のコントローラを腕と足にはめて、その動きを読み取って遊ぶゲームだ。
2017/05/30 23:29
「うん、これはゲームの中だから、実際の体はごはんを食べてないよ!」
2017/05/30 23:30
「そうだよね?!でも、なにこれ美味しいよ」
2017/05/30 23:30
と、さらにお肉を頬張る。疑問は湧いても手は止まらない。
2017/05/30 23:30
「そう、それはね、人は目で味を感じるからなんだ!!」
2017/05/30 23:30
と、僕が口にした。

みんなの頭に大きなはてなマークが浮かんだ。
2017/05/30 23:30

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ