マジカルミュージック

音楽の女神と予言者様

エピソードの総文字数=1,114文字

認めたくない……。絶対に認めたくない……
2017/07/28 22:29
    歌音は、一成と亜里沙の婚約について悩んでいたのだ。頭を抱えてこれかというぐらい悩む。やっぱり認めたくない、という感情が芽生えてしまうのだ。

    歌音の年頃の子達は、心が不安定になるのは分かっているけど……。

2017/07/28 22:29
朝から頭ばかり抱えてどうしたんですか、歌音さん。やはり、昨日の事を聞いてしまったんですね
2017/07/28 22:32
相馬先生と婚約するってお兄ちゃんに言われちゃって……。おめでとう、と言いたいけど素直に認められなくて……。相馬先生が優しいのも知っている。お兄ちゃんと相馬先生が仲のいい恋人同士であることも知っている。でも、政略結婚って許せないかなぁって……
2017/07/28 22:33
バカじゃないですか、歌音さんは
2017/07/28 22:37
バカじゃない!!!!    悠くんは、私を貶しにきたの?    慰めに来たの?
2017/07/28 22:38
別に貶しに来てないです。慰めにも来てないです。僕は、予言書通りに事を進めるのが、目的なんです。だから、今回はその異に反した歌音さんに厳しい事を言いに来ました
2017/07/28 22:39
私の何がいけないって言うの?!
2017/07/28 22:42
歌音さんはもう少し素直になった方が物語は進めやすいんですけど……。このままだと前途多難ですね。何回僕たちに危機が訪れるのかもハラハラとしていますよ。お願いだから歌音さん、素直になって下さい。 この世界の為にもお願いします。このままだと歌音と圭が同じ事故で死にますし、昴も里紗のストーカーに殺され、里紗も合宿に向かう船で銃殺されてしまう運命なんです。こんな未来は僕は嫌です。だから、歌音さん!!    これは、僕からの忠告です。歌音さんに全てがかかつているのでお願いします。長々とご清聴ありがとうございました。それでは、明日の楽器運搬の話し合いをしょうか
2017/07/28 22:55
うん……
2017/07/29 07:23
    歌音の心はなかなか晴れなかった。

    一面雲に覆われた世界に一人で佇む女神……。元々の世界は、音楽や音でみちあふれていたはず……。

    しかし、歌音は今はそれどころではない。考える余裕すら与えてくれない。事態は急すぎた。

    歌音は、この先どうなるのか、を考える。それでも、未来のことは未来のこと……。だからといって、歌音は予言書を持っていない。

    この先は、とても苦しい戦いが待っていそうだ。音楽も心も……。

2017/07/29 07:23
私は、お兄ちゃんと相馬先生の婚約なんて認めたくない。それが政略結婚ならなおさら……
2017/07/29 07:27
    歌音の呟きは、クラスメイトやパートナーで組んでいる圭にも聞き取ることは、出来ないぐらい小さなものであった。

    それでも、この小さな革命を悠は聞き逃さなかったのである。

2017/07/29 07:30
    歌音のこの呟きは、後にクラスをまきこんだ大波乱になるのだが、本人たちはまだ知るよしもなかった。
2017/07/29 07:31

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ