マジカルミュージック

あなたは特別に……

エピソードの総文字数=1,690文字

…………ということなの。圭くんも協力してくれる?
2017/07/02 18:01
もちろんだ。立花と結城が喧嘩していたとは思わなかったなぁ。だから、フルートとユーフォニアムの駆け引きの時、音が喧嘩しているように聞こえていたのか。なるほどな……
2017/07/02 18:03
そうなのよね……。だから、圭くん今回トランペットのソロ……夢灯籠で持ってるでしょ?    だから、夢灯籠のユーフォニアムのソロの双葉ちゃんのやる気をあげてほしいの。お願いできるかな?
2017/07/02 18:04
了解。俺も出来る限りの事をやるよ♪    だから、歌音はお前の目指す音楽を作り出せばいいよ。俺は、お前と作る音楽が好きだからな♪
2017/07/02 18:07
それなら良いんだけどね♪    私の目指す音楽は、色合いのある世界、だよ。今の世界や人々はモノクロだけど、私たちの作る音楽は色合いのある世界を作り出すの。モノクロの世界を彩り豊かなカラーの世界……
2017/07/02 21:03
そうだな……。この世界には、色がない……。だったら、色づければ良い。声で色付けられないなら、音で色をつければ良い
2017/07/02 21:07
    だったら、歌音と圭でこの世界に色をつけよう。

    白川秀によってモノクロの世界にされたこの世界。ループを繰り返す謎を解き明かそう。音楽で世界は救える。世界の救いは、歌音たちの奏でる音楽に託されたのだ。

2017/07/02 21:12
私は、圭くんを頼りにしているよ♪
2017/07/02 21:15
歌音の指揮には今後も期待している♪
2017/07/02 21:15
    歌音と圭が話し合っているので、後ろから近づいている二人の影には気がつかない。

    そして、声をかけられた。

2017/07/02 21:16
何してるんですか?    このバカは……
2017/07/02 21:17
    この声の主……。振り返ると悠と明里が立っている。腕をくんで呆れたような表情の悠……。ニヤニヤと私たちを見てくる明里……。

    そのままの凍りついた状態が生み出される……。

2017/07/02 21:18
これから先ですが、音楽が徐々に失われ始めます。僕たちに出きることは、音楽が失われるのを防ぐことです。そして、音楽によって愛が生まれる……と予言書に書かれていました。誰と誰のことかは言いません。この世界は、滅びに進んでいる、というのは事実ですから……。そして、後に世界から色が失われるんです。この事実は、許されることではありません。だから、歌音さんは白川秀を止めてください。僕の力だけでは、止めることは出来ません
2017/07/02 21:22
兄貴は、予言書に取りつかれてる……。完全に憑依されているみたいだ
2017/07/02 21:26
僕は普通です。この世界を救いたいから予言書に頼っているだけです
2017/07/02 21:27
俺は、予言書に頼らない。歌音と約束したから……
2017/07/02 21:28
本当に圭はバカですね……


2017/07/02 21:29
    悠は、大きなため息をついた。歌音は、それを見逃さない。

    悠の心は、焦りと疑惑が生まれている……。何に焦りを感じているのか……何を疑問に思っているのか……。歌音が作り出す音楽に対してか自分に対してか……。歌音には知る由もない。


2017/07/02 21:30
悠くん!!
2017/07/02 21:32
何ですか、歌音さん
2017/07/02 21:33
私は必ずクラスの皆を味方につけてみせます!!    悠くんも味方につけます!!    明里ちゃんも!!私にとっては、心強いメンバーです。何かあったら守るのが指揮者の役目です。私の作る音楽は、色合いのある世界を目指しているけど、まだ殆どの人が心を開いていない為、モノクロの範囲が広いです!!    だけど、味方になってくれる人が増えれば、世界はカラフルになると思っています!!    音も芸術です!!    芸術は世界を救います!!    私は、そんな音楽を人々に届けたいです!!
2017/07/02 21:33
僕の決意は確固たるものです。歌音さんのいうことはまだ認められません。僕には明里と作ってきた世界があるんです。それを壊される訳にはいかないんです。この世界を守る方法を提示してあげていましたが……無駄だったみたいですね
2017/07/02 21:37
私は予言書に書かれていたことを守るのではなく、変えていきたいです!!    それで世界を守れるなら……
2017/07/02 21:39
    悠は、大きなため息をつき、明里を引き連れて先に行ってしまった。歌音の言ったことに呆れたのだろう……。

    まあ良い。

    歌音の味方になってくれた人たちを信用すれば良いんだ。

    歌音はそう思い、悠の言ったことを教訓に、明日から頑張っていく事を誓ったのであった。

2017/07/02 21:40

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ