テンバイ・ショーバイ!~10 buyer show buyway~

「第三話:せどりという生業」

エピソードの総文字数=636文字

話を聞くだけって、明らかに怪しいだろ。
後で高額請求されるに決まってる。
あ、確かにそうですね。
もしくは宗教勧誘。マルチの宣伝とか。
あとは美人局とか?狙いはどれだ?
俺今3000円しかねーけど。
どれでもないですね。ユーキさん。
貴方は【せどり】ってご存知ですか?
聞いたこと無いな。
新しい詐欺の手法とか?w
同業者の中間に立って商品を取次ぎ、
その手数料を取る人、また、それをなりわいにする人。
(三省堂 大辞林より引用)
も、もうちょっとわかりやすく
じゃあ手っ取り早く説明しましょう。
せどりとは、転売のことです。
私はせどりで生計を立てています。
つまり私は、皆さんの言うところの
テンバイヤーってやつですね。
……悪いけど、俺帰るわ
そうですか。残念ですね。
ちょうど今ご馳走が届いたのに……
私一人で食べますね。
二人分は食べきれないので
残してしまうことになりますが。
泣き落としには引っかからないぞ
せっかく会えたのに、残念です。
でもありがとうございました。
ネトゲいつも楽しかったです。
はじめての仲間がユーキさんだったので。
ぐっ……
またネトゲで遊びましょう。
こういう話はもうしないので。
今日は失礼しました。
……ああ、もう!そんな笑顔で
そんな声で話すなよ!
わかったよ、話を聞くだけだからな!
ふふーん♪
ユーキさんは意外とちょろいですね。
……まんまとはめられた気がする。
で、俺なんかになにを話したいんだよ
テンバイヤーさんは。
ユーキさんってにーとなんですよね?
う、まあそうだけど
それじゃあせどりやってみません?

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ