チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百十四話『直線コース』

エピソードの総文字数=1,203文字

そして、「騎乗 - ライディング」競争に奈緒子も合流した。
そして三人の競争が始まる。
2017/06/14 23:39
「よし!競争だ!」
2017/06/14 23:39
僕たちは、目印の木の所に向かって走りだした!

目印までは結構ある。
ただの直線コース。
三人の技量はあまり問われないコースと言っていいだろう。
2017/06/14 23:39
「おおお、サイはやっぱり早いな!」
2017/06/14 23:39
と僕は言う。ドッドッド。と言いながら走っていく。
カートのゲームで考えると重量系のタイプだろう。
安定感が違う。
2017/06/14 23:39
「ふふふ、負けませんよ!」
2017/06/14 23:39
と奈緒子が、となりにスルリと現れた。

今まで乗馬しているときは、背筋をピンと伸ばして、とても上品に綺麗に乗っていたが、少しスピードを出しているためか、前傾姿勢になっている奈緒子。そして、その姿にもそこはかとなく品がある。
2017/06/14 23:39
「ぬおおぉぉぉぉ、負けないぞ!!カピちゃんガンバ!!」
2017/06/14 23:39
とサラが、僕の左側から、追い越して言った。

一番背の低い、カピバラはまるで弾丸のように、僕の横を抜けていく。これはカートのゲームで言う所の軽量級だろう。かなり早い。加速が早い感じの動きだ。

これはサラが軽いというところも影響しているだろう。
そして、体のバランス。
そのバランス感がないと、なかなかカピバラに乗るのは難しいだろう。
2017/06/14 23:39
「ふっふっふっ!置いていっちゃうぞ!」
2017/06/14 23:40
とサラが軽やかに進んでいった。

何気なくやっているが、あれは結構怖いはずだ。

それはなぜかというと、低いからだ。
車で乗る場合と、カートに乗る場合ではかなり体感速度が違うといわれている。

かなり、低い位置でコントロールしているからと考えられている。
カピバラに乗るというのは、まさにその状態で、このサイ、馬、カピバラの中で一番低いから体感速度が一番高いはずだ。
2017/06/14 23:40
「サラ?低いと怖くない??」
2017/06/14 23:40
と僕はそのことを聞いてみた。
2017/06/14 23:40
「うん、めっちゃこわい!!」
2017/06/14 23:40
と笑顔のサラ。
2017/06/14 23:41
「でも楽しい!!」
2017/06/14 23:41
と更に続けて言うサラ。

彼女はスリルを楽しんじゃうタイプなのだ。
彼女に取っては、少し怖いくらいは、良いアクセントなのだ。
それも、彼女の身体能力に安全が担保されているからではないかな、と僕は思っていた。
2017/06/14 23:41
「よしっ、一番!!」
2017/06/14 23:41
とサラが言ってゴールに到着した。

単純な直線コースはなんと、サラが勝利した。
2017/06/14 23:41
「ジュンさんお先に失礼します!」
2017/06/14 23:42
と奈緒子も抜けていった。
2017/06/14 23:42
「ふぅ、僕も到着!」
2017/06/14 23:42
と到着した。
2017/06/14 23:42
「へっへーん!カピちゃんの能力はどうだい!」
2017/06/14 23:42
「うん!すごい!」
2017/06/14 23:42
と僕は素直に言った。
単純なコースである直線の短距離勝負なら、軽くて早いサラとカピバラチームが一番はやいことが分かった。
2017/06/14 23:42
「悔しいからもう一勝負しよう!」
2017/06/14 23:42
「ふふふ、かかってきなさい!」
2017/06/14 23:42
と僕の提案にサラが胸を張って言う。
2017/06/14 23:42
「次は、少し複雑なコースにしよう!」
2017/06/14 23:43
「よし、きなさい!」
2017/06/14 23:43
と、提案した。
2017/06/14 23:43
「次は8のコースにしよう。あの岩とあの岩を回ってきて、ここに一番最初に戻ってきた人が勝ち!」
2017/06/14 23:43
「いいですね!次は負けませんよ!」
2017/06/14 23:43
と、奈緒子が密かに闘志を燃やして笑顔でそういった。
2017/06/14 23:43

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ