基本マニュアル

エディタ機能の確認

エピソードの総文字数=1,096文字

ここでは、執筆関連の細々とした事柄をまとめて扱います。ここで扱うポイントは、知らなくともまったく問題なく執筆できます。そのため、必要ないと思われる方は飛ばしてくださいね。
使っているうちに慣れることも多いから、マニュアルの隅々にまで目を通す必要はないってことだね。でもザッと目を通すだけなら2、3分くらいだろうし、損にはならないと思うよ。
トークメーカーエディタは、単なる小説投稿システムに留まらない、色々な利用の仕方があります。まずは最も簡単なところから、エディタに付属しているこちらの機能をご確認ください。
こちらエディタの上部に付属している機能一覧ですが、左から簡単に解説いたします。

一部の文字を指定してからこれらの機能をクリックすると……

文字色を自由に変える
太文字にする
文字の大きさを変える
文字にアンダーラインを引く
文字に訂正線を引く
・リンクを削除する

などの機能です。
これらはもちろん重ね掛け可能です。こんな風に。
表現の幅が大きく広がりそうだね。今まで出来なかった色々なことが試せそう。
ただし、非常に重要な点ですが、
これらのエディタ機能については、スマートフォンエディタには対応していません。パソコンでのご利用の場合に限り、これらのエディタ機能を活用することができます。

技術的にはスマホにも何ら問題なく搭載可能なのですが、操作の面で現実性に乏しいためです。これらの機能を載せたりすることで、ミスクリックによる意図しない動作を発生させたり、ストレスの元になる可能性もあります。
それゆえ、こうしたエディタ機能はパソコン版での投稿・編集時のみで活用できるとお考えください。
まぁたしかに、スマホにこんなに機能を搭載されると困るかもね。ぼくの手じゃ押せないよ。
パソコン版にお話を戻します。
とくに、こうした投稿サイトの場合、ユーザーを他のサイトに逃がさないために、多くの場合にリンクなどを意図して設定できないようにしています。
ただし、トークメーカーではURLの設定ができますので、ちょっとしたエンターテイメントコンテンツの一環としてリンクを設定したり、自分のウェブサイトにリンクを設定してもらうことも可能です。

そのため、利用規約や、一般的な利用の範囲内でのご活用の場合には、商業での活動に活かしてもらうことも可能です。
商業? それってどういうこと?
では次の項目にて、トークメーカーと商業作品との関係性について解説いたします。
すでに商業展開されている企業・団体・個人さまはもちろん、これから商業デビューを考えている方などにもご参考になることかと思います。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ