ハロウィンナイトカフェ

店奥のテーブル席3「本当に好きな人」あきよし全一

エピソードの総文字数=1,356文字

「本当に好きな人」あきよし全一


10月31日、街がハロウィンで盛り上がる日。幸せそうなカップルがたくさん見られる中、喫茶「エブリシング」には様子の違うカップルがいました。

zenone

楓、どうしたの? 僕にあらたまって話があるなんて

zenone

 二人は店の奥、窓の見えないテーブルで隠れるように座っています。ウェイトレスが水とコーヒーを置いて去ると、女の子が思いつめた表情で切り出しました。

zenone

樹希(たつき)……あのね、うちの廊下でこれを拾ったの
なにこれ? 手紙?

zenone

とぼけないで。うちの兄さんが書いたラブレター、って言えば分かるでしょう?
ラブレター!? まさか僕宛の?

zenone

そうよ。樹希宛のラブレターよ
……ちゃんと断ったのに

zenone



 女の子の言葉に、恋人は文字通り頭を抱えました。



 テーブルの上では本日のコーヒー――苦くて熱々のマンデリン――が湯気を出しています。

zenone

正直に話して。樹希はいつから、うちの兄さんと付き合ってるの?

付き合うだなんて!

この前、楓の家に行った帰り、駅まで車で送ってもらったよね。その時に告白されたんだ

zenone

それで付き合うことになった、と
もちろん断ったよ! 楓に心配させたくなくて、黙ってようと思ったんだ

zenone

信じられない


 そう言うと女の子はうつむいてしまいました。



 今日はハロウィン。店内でも「トリックオアトリート!」と子供のはしゃぐ声が聞こえてきます。しかし二人にとっては、遠い世界のことのようでした。

zenone

ねえ、お願いだから正直に話して。最初から兄さんが目当てで私に近づいたの?
近づいたって……僕が好きなのは楓だよ。信じてくれないの?

zenone

触らないで!
もういい、もういいの。樹希は私に精一杯優しくしてくれたんだから。どうか幸せになって
 女の子が席を立とうとした、その時でした。

zenone

トリックオアトリート!
 いつの間にか小さな男の子が、とんがり帽子に黒いマントを羽織って、二人のそばに来ていました。

zenone

お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞー
ごめんね、お菓子は持ってないの

ちぇっ、そっちの髪の長いお姉ちゃんもお菓子ないの?

じゃあイタズラだ! お姉ちゃんたち、手をパーにして重ねて
ごめんね、私もう帰るから
 席を立とうとするショートカットの女の子の手を、恋人ーー髪の長い女の子は強く握りしめます。

zenone

ダメだよ楓、今日はハロウィンなんだから。はい、手を重ねたよ
お姉ちゃん、ありがとー

あのね、もう一人のお姉ちゃんと手を重ねたまま、テーブルに置いて

うん
その上に水の入ったコップを置くの。こぼしちゃダメだからね
それから、それから?
これでおしまい。じゃあねー!
 子供は走り去ってゆき、後には手の甲に水を乗せられた二人だけが残されました。

zenone

え? この水どうするの!? 自分じゃこぼさずに動かせないよ?
あはははは! 動けなくなっちゃったね
笑ってる場合じゃないでしょ!?
 恋人は女の子の瞳をまっすぐに見つめます。

zenone

な、なに……急に真面目な顔して
不安にさせちゃってごめん。でも僕が好きなのは楓だけだから
……信じられない
手の上に水があってもなくても同じだよ。僕はもう楓から離れられないんだ
……
バカ


 店の奥、窓の見えないテーブルに座る二人は、誰からも気づかれません。



 子供のイタズラに気づいたウェイトレスが走ってくるまでの間、二人はずっと手と手を重ねていたのでした。



 





zenone

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ページトップへ