チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第十四話『超大型モンスター ドラゴノス』

エピソードの総文字数=1,193文字

「じゃ、みんなで頑張ろっか!」
2017/05/27 12:29
サラが笑いみんなも笑う。
そして、最初のクエスト、食堂のおばちゃんに頼まれた「きのこ」を採りに、森のなかを進んでいく。
とちゅう何回か、スライムに遭遇し、みんなで倒した。
2017/05/27 12:29
「やっと、わかってきた感じがするわね」
2017/05/27 12:29
だんだん操作に慣れてきたのか、サラがシャドーボクシングをしながら言う。
2017/05/27 12:29
「そろそろLVあがったりしないの??」
2017/05/27 12:29
何体か倒した、サラが疑問に思ったことを口にした。
2017/05/27 12:29
「そろそろあがると思うよ。最初のクエストの間には上がるんじゃないかな。Lv.2になったら魔法とかも覚えるかも。」
2017/05/27 12:29
僕はRPGの定石から、想像し、そう言った。
2017/05/27 12:30
「魔法!!凄いわね!やっとファンタジーらしくなるのね。食堂のおばちゃんにお使いを頼まれるだけのゲームじゃないのね!」
2017/05/27 12:30
と、笑うサラ。だから、クエストはそういうもんなんだって、と言いながら僕も笑った。
2017/05/27 12:30
「あ、ここがゴールじゃないですか?」
2017/05/27 12:30
森の行き止まりを見つけ、魔法使いの少女、奈緒子がそう言った。
2017/05/27 12:30
「お、ここに『きのこ』があるのね!いっただきー!」
2017/05/27 12:30
と、大きく手を振って走り、きのこを取りに行くサラ。

すると、メガネを外して、目をこする奈緒子。
その姿が気になった僕は、奈緒子に聞いた。
2017/05/27 12:30
「どうしたの?」
2017/05/27 12:30
「はい、ええと、なんとなく、サラちゃんの奥の色がおかしいような」
2017/05/27 12:31
と、奈緒子は僕に説明する。
2017/05/27 12:31
「色がおかしい??」
2017/05/27 12:31
「はい、いままで、見たことない色な気がするんです。」
2017/05/27 12:31
と、さらに目をこするサラ。
2017/05/27 12:31
「やっぱり、メガネを外すと見えないですね、やっぱりおかしいですよ!」
2017/05/27 12:32
「どういうこと??」
2017/05/27 12:32
「かなり強い敵が、この先にいるってことです!!」
2017/05/27 12:32
奈緒子がしている、魔女のメガネのスキルは「天秤 - ライブラ」。強さが色で表示されるらしい。それによって、僕の武器、SSSランクの「 神の剣 -デュランダル 」の強さを見やぶったのだ。
2017/05/27 12:32
その彼女が言うということは、と僕は考えていた。
そういえば、このゲームはその時のレベルでは倒せないようなモンスターも出てくるという事を聞いたことがある。通常はおとなしくしていれば、攻撃して来たりはしないらしいが。
2017/05/27 12:32
と、思ったところで、サラが大声で叫んだ。
2017/05/27 12:32
「おーい、みんなー『ふつうのきのこ』ゲットしたよー」
2017/05/27 12:33
彼女は陸上部らしく、かなり大きな声で、僕達に教えてくれた。

すると、奥から、「グルルルルォォォォ」とうめき声が聞こえてきた。
2017/05/27 12:33
「え?どうしたのみんな、黙っちゃって!『ふつうのきのこ』ゲットしたよ!!これでクエストクリアだね!!」
2017/05/27 12:33
と大声と笑顔で、僕らに言う。
2017/05/27 12:33
「しー!!サラちゃんうしろ、うしろ!!」
2017/05/27 12:33
と、小さい声と大きなジェスチャーでサラに伝える奈緒子。
2017/05/27 12:33
「え、後ろ??」
2017/05/27 12:34
と、恐る恐る振り返る、サラ。
2017/05/27 12:34
「うああぁぁぁぁ」
2017/05/27 12:34
そこには巨大な瞳があった。
サラは、その瞳と目があった。

その瞳の正体は、中盤に登場すると言われる超大型モンスター。「ドラゴノス」だった。
2017/05/27 12:34

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ