もしも敬虔な女子高生が〈神は死んだ〉のニーチェ作『ツァラトゥストラ』を読んだなら

『ツァラトゥストラ』前口上~太陽をおまえ呼ばわり

エピソードの総文字数=2,192文字

「ここに、五冊のツァラトゥストラを用意した」
そう言って栞理先輩が机においたのは

・『ツァラトゥストラ』中公文庫、手塚 富雄 訳

・『ツァラトゥストラはこう言った』(上・下)岩波文庫、氷上 英廣 訳

・『ツァラトゥストラかく語りき』河出文庫、佐々木 中 訳

・『ツァラトゥストラ』(上・下) 光文社古典新訳文庫、丘沢 静也 訳

・『ツァラトゥストラかく語りき』(上・下)新潮文庫、竹山 道雄 訳

だ。
「ツァラトゥストラ五人衆ってわけね!」
「え? 人……?」
「細かい突っ込みはなしよ」
「五兄弟かもしれないぞ?」
「ええっ!? ご兄弟だったんですか!?」
「い、いや、冗談だ」
「むー」
「……」
冷たい空気が流れる……。
(れいかの発言は良くて、なぜ僕の発言が許されないのか、謎だな……。

 そして、窓のない地下室にひややかな風が吹き込んでくるのも、この学園図書室の謎と言えよう……)

「ゴホン。と、とりあえず、それぞれ、ニーチェが『人類への最高のプレゼント』と言い、また『人類が今までで出会った中で最高の難問』とも言っていた本の日本語訳版だ。閉架とはいえ、ここまでそろってるのはなかなかないんじゃないかな」
(あ、ごまかした!)
「五冊も同じような本があるなんて。なぜ閲覧禁止の本がそんなにあるのかしら……」
「いろいろと謎だな。まあそうした謎の解明はまたおいおい行うとして……」
「みんな、同じ本なんですか?」
「内容は同じはずだが、味わいはだいぶ違うぞ。ざっと冒頭にある言葉を読み比べてみよう、これは主人公のツァラトゥストラが太陽に語りかける言葉だ」
まず、中公文庫、手塚 富雄 訳の『ツァラトゥストラ
「おまえ、偉大な天体よ。おまえの幸福もなんであろう、もしおまえがおまえの光を注ぎ与える相手をもたなかったならば。」
「かっこいい! けれど太陽を『おまえ』呼ばわりするなんて! やっぱりとっても偉そうなお方ですねー」
「お芝居のセリフみたいね」
「手塚訳ではここは『序説』とされているが、中には『前口上』なんて訳もあるようだ。たしかに台詞のように読めるな」
「つづいて、新潮文庫、竹山 道雄 訳『ツァラトゥストラかく語りき』だ」
「なんじ大いなる天体よ! もしなんじにして照らすべきものなかりせば、なんじの幸福はそもいかに?」
「わあっ! これもかっこいいです!」
「どんどんいくぞ、光文社古典新訳文庫、丘沢 静也 訳『ツァラトゥストラ』 」
「おお、大きな星よ! お前に照らされる者がいなかったら、お前は幸せだろうか!」
「これはわかりやすい感じね。深く考えなくても、そのまま意味がわかりますわ」
「ほんと、現代(いま)の言葉の感じがしますね。わたしやっとここの意味がわかりました。それと、表紙がいちばんかわいいです♪」
「ツァラトゥストラのイメージの絵なのかもしれないな。今風に読みやすい口語体で訳したのがこの翻訳のようだ。

 さて、まだあるから続けるぞ。

 つぎ、岩波文庫、氷上 英廣 訳『ツァラトゥストラはこう言った』」

「偉大なる天体よ! もしあなたの光を浴びる者たちがいなかったら、あなたははたして幸福といえるだろうか!」
「へえ、いろんな言い回しがあるんですねぇ」
「ラスト、河出文庫、佐々木 中 訳『ツァラトゥストラかく語りき』」
「君よ、大いなる星よ、いったい君の幸福もなにものであろうか、もし君にひかり照らす相手がいなかったならば。」
「これは現代っぽいけどすこし硬いかんじかしら……」
「それなりにシッカリしているイメージね」
「人によって、誰の訳はよかった、誰の訳は合わなかったなんていう話も聞くからな、どの本を手に取るかは君たちに任せよう。
各自で気に入った本から、何が読み取れるのか、一緒に見ていこうじゃないか。
ニーチェがここまで言い切った、人類最高の謎で最高のプレゼントってやつをね」
「うーん……。どうしよう、迷っちゃいますねぇ」
「わたくしはこちらの本にしようかしら。いちばんわかりやすそう、光文社古典新訳文庫の丘沢 静也さんの訳」
「あ、表紙がかわいいやつ! いいなー!」
「うふふ。早いもの勝ちですわよ」
「えーっとぉ、じゃあ私は次に表紙が可愛いコレにします! 河出文庫、佐々木 中 訳!」
「写真付きのやつか。みなビジュアル重視だな」
「見た目はやっぱり重要ですわよ」
「では、あえて僕はこれだな。中公文庫、手塚 富雄 訳だ。」
「さすが! 渋い奴ですね!」
「実は単に厚さで選んだのだがね。上下巻の本を除いて、この本が一番厚いのだ」
「なーんだ、そういうこと」
「厚い方がいいなんて、やっぱりさすがです! 分厚い本、萌えますよね!」
「あらあら、こんな所にも本の虫がいましたわ」
「図書委員は伊達ではないな」
「えへへー」
「では、これより、皆で選んだそれぞれの本を読み進めてみよう。ときどき交換したり、見せ合うのもおもしろそうだ」
「選んでいないほかの本はどうしますか?」
「必要とあらば参照してみるのも良いとおもうが、あまりいろいろ手を出すと混乱するのではないか?」
「そうね、まずはわたくしが選んだツァラトゥストラを読みこんでみたいですわ」
「ですね、まずはわたしのツァラさんのキャラクターを掴んでみます」
「ははは、私のツァラさんとは。なかなか面白い」
「じゃ、わたくしのはツァラちゃん? かしら?」
「君たち……。(まあ、おもしろいからいいか)」
〈つづく〉

◆作者をワンクリックで応援!

8人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ