十の密室と11人の姫 〜或いは稀覯館のフルコース〜

水02:草壁絽亜は映画を見て

エピソードの総文字数=2,362文字

映画……終わっちゃった……。

なんだか簡単なようで難しかったな。

ええっと……おかしいって言うか、気になった点が5つあるかも……。

一つ目は、山口博士が「自分は認知症か」と感じたシーン。私にも心当たりがあるからかもね。この前「弁証法的唯物論」って本を買ったんだけど、正しく理解できなかた。理解できた部分は恐らく正しくは認知されていない。

ある意味、全人類は認知症なのかもしれない。負けると知っていてもパチンコに行く人は典型なのかもね。「パチンコは負けるギャンブルだ」という認知ができていないのだから。
ま、認知症の定義は知らなから、これは単に気になっただけだよね。

二つ目は、山口博士が唐突に映画の世界を仮装現実だと仮定し始めた事。流れが少し不自然? まあ、映画だって言われればそこまでなんだけどね。

三つ目は「あいうえ」と「イロハ」の仮定の部分。狂人的な博士を描写したかったんだろうけど、あの思考は「ワンストーン」という結論になった。事実「ワンストン博士」と話す流れにはなるのだけど、あの時点でなぜ「ワンストーン」と言えたのかは描写されていない。

これも、映画だって言われればそこまでの話、単なる意見に過ぎないけど……。

四つ目はラストの部分。最後は確か…………。

      …… 
     …………
   ……………………
  ……………………………
………………………………………

やあ、ワンストン博

………………………………………
  ……………………………
   ……………………
     …………
      …… 

そうそう、こんな感じで台詞が途切れていた。これ自体は消された事を印象づけるための演出なんだろうけど、おかしな点がある。それは、なぜ山口博士のこの台詞が「山口博士から見た一個上の世界/系」で起きたのかって事。

Z次元が、世界の境界を駆け上がるのが脅威ならば、最初の世界、つまり「ワンストン博士の作った環境シミューレータの世界」の山口博士の情報を操作するなり、消すなりすればよかった。

ここまでは映画の話と言えば終わりでもあるんだけど、そうじゃないのが最後である五つ目。

…………………………………………。

どう考えても映画を途中から見た記憶しか無いって事!

ここは映画館にある休憩用のソファーだけど、私は誰?

可能性を考えればスッキリするかもね。ええっと……。

可能性1:記憶喪失になった。


可能性は確かにあるよね。記憶喪失なら、現状を説明できる。なんで記憶喪失なんだろう?
……これ以上考えてもダメみたい。

どんな記憶喪失なんだろう?


一定の過去、私の場合はさっきの映画「Z次元」の途中くらい、15分くらい前? の記憶しか保てない病気があるって聞いたことある。その場合は、今みたいな考えもできるらしい。ある瞬間以降の記憶が保てなくなる病気だったっけ、前方性健忘症は。
ただ、映画を見終えてからの記憶は抜けていないように思える。十数分だけ短期記憶ができる前方性健忘症ではないみたい。

待って……前方性健忘症って。


物理的な衝撃で起こるんじゃなかったっけ? 痛いところはある?
…………あちこち触ったり、意識を向けたけど痛みも傷もない。

仮に記憶喪失になっているなら、どうするか?


これも大切な考えだと思う。私がある種の記憶喪失になって長いなら、メモやノートを持ち歩くと思う。脳が信用できないなら、外部記憶装置に依存すればいいと考えるから。でも、私は何も持ってないみたい。財布も持っていないからには、特別チケットを使ってあのSF映画を観てたのかな?

って、SFって何? 


何で私はスラッと思考できたんだろう。「エスエフ」って何かの略? これって何??

トイレに行ってみようかな。私の外見が分かり、ごく若いならば学生の可能性も出てくるよね。

「私」って言うからには、髪も長いし、私は多分女。そして、おそらくだけどかなり冷静な判断ができる方だと思う。普通、自分がいきなり記憶喪失になったら、パニクるだけだろうから。さ、女性トイレで確認してこよう。

あれ、絽亜ちゃん! 草壁絽亜ちゃーん!

(私に言っているのかな?)

絽亜ちゃん、SF好きだったのぉ? 言ってくれれば一緒に行けたのにぃ!

(この女性の勘違いの可能性もあるけど、私は草壁絽亜と言うらしい。この子は大学生くらいかな? そうか、これ以上の沈黙はまずいね)

ええ、たまにはSFもいいなって思ってね。

そっかそっか。私もSFはたまに見たくなるんだよ。この後の予定ってあるの?

(予定も何もない。強いて言うなら、記憶を取り戻す作業をしなくてはならない。おそらく、どこかに行こうというお誘いしたいのだろう、ここは甘えておこうか。何か情報が得られるかもしれないし)

予定は無いよ、今日は映画を見るだけにしておいたんだ。

じゃあさ、私も予定が無いからぁ、一緒に帰ろうよ!

帰るって……駅とかまで?

ああ、そかそか。絽亜ちゃんこっちに来て間もないからしょうがないよね。この映画館って私たちのマンションから歩いてすぐなんだよ!

(そのマンションに行けば、個人情報が集まるかも。この女性の名前はなんだろう? とにかく、あまり賢いタイプじゃないみたいだ。歩いて近いなら、私は自宅マンションから映画館に来た可能性が高いから。でも、それが最高に好都合。少しくらい記憶喪失である事がばれても、感づかないでいてくれそう)

何考えてるの??

いいえ、何でもないよ。

じゃあ、しゅっぱーつ!!

……………………………

………………………
…………………
……………
………

キャーーーーーーーーーーーッッ!!!

!!?

悲鳴!?

ヤバいよ、絽亜ちゃん……私たちのマンションの方からだよ! しかも、上の方だったから、絽亜ちゃんの部屋に近いかも……?

記憶を取り戻すのはしばらく後になりそうかも……ね……。

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ