チートなガチャ運でVRMMOで無双する!?~没入型MMO「ラスト・オンライン」

第百四話『騎乗講習』

エピソードの総文字数=1,257文字

「さて、さっきのお兄さんが教えてくれた。馬がいるところに行ってみよう!」
2017/06/11 14:12
と、僕が本題を思い出して、サラと奈緒子の二人に言った。
ついつい、脱線してしまっていた。「ラスト・オンライン」の技術は総合的に凄いので、突出しているノウハウがたくさんあるのだ。
2017/06/11 14:12
「確か、まっすぐ行って・・・右だったっけ??」
2017/06/11 14:12
と僕が、頑張って思い出す。お兄さんが、馬小屋のへの生き方を教えてくれていた。人工知能の話で脱線していたので、忘れつつあり自信はなかった。
2017/06/11 14:12
「はい、そうです!まっすぐ行って右です!」
2017/06/11 14:12
と、僕とは違って、きちんと聞いていたであろう魔法使いの少女、奈緒子が微笑んだ。
2017/06/11 14:13
「よっし、行こう!!」
2017/06/11 14:13
と、サラがこちらを見ながら、後ろにピョンピョン動きながら進みつつ、右手を上げて、二人にジェスチャーする。馬がいるということで、少しテンションの上がっているサラ。

数分歩くと、田舎っぽい雰囲気になる。
『はじまりの街』は中心部は都会っぽい雰囲気だが、少し歩くといきなり畑などがあってもおかしくない感じになる。千葉や埼玉の『快速が止まる地方都市』のイメージだ。駅前はビルやデパートがあるが、少し歩くと畑などもたくさんある。
2017/06/11 14:13
「あ、ほんとに馬小屋がある!」
2017/06/11 14:14
と、僕が馬小屋を見つけて言う。
2017/06/11 14:14
「あ、お馬さんもたくさんいる!!」
2017/06/11 14:14
と、サラのテンションが上がる。

僕らが、ワイワイいいながら、馬小屋を見ていると、その動きに気がついた人がいた。ぼくらに聞こえる程度の声を出して聞いた。
2017/06/11 14:14
「あ、お客さんですかー?」
2017/06/11 14:15
と馬小屋の掃除や餌やりをしていた、若い男の子が、話しかけてくれた。
2017/06/11 14:15
「はい、『騎乗 - ライディング』を覚えたいんですけど、と街の人に聞いたら、ここにくればわかるって」
2017/06/11 14:15
と、僕が教えてもらった事をそのまま、伝えた。賢そうな少年だったので、この説明で汲みとってくれそうだった。
2017/06/11 14:15
「あ、はい、そうですね。わかりました、少々お待ち下さい」
2017/06/11 14:15
と、自分の作業をさっと終わらせ、奥にいく少年。
この状況になれているであろうこと、と本来の賢さで、少ない動作で話を進めてくれる少年。

すると、すぐ戻ってきた。
馬を3頭「こっちこっち」と馬に話しかけながら、誘導する。一人で3頭を誘導するのは、かなり大変そうだが、その少年は、簡単そうにこなす。
2017/06/11 14:15
「わ!お馬さんだ!!」
2017/06/11 14:15
とはしゃぐサラ。
2017/06/11 14:15
「こちら乗せていただけるんですか??」
2017/06/11 14:15
と、少年に訊ねる奈緒子。
2017/06/11 14:16
「はい、もちろん!」
2017/06/11 14:16
と言う少年。
2017/06/11 14:16
「みなさんC級英雄ですよね?でしたら可能ですよ」
2017/06/11 14:16
と、僕らの事をÇ級と見抜き話を進める少年。
2017/06/11 14:16
「『騎乗 - ライディング』覚えますよね?」
2017/06/11 14:16
と確認する少年。
2017/06/11 14:16
「はい!」
2017/06/11 14:16
「はい!」
2017/06/11 14:17
「はい!」
2017/06/11 14:17
と応える僕ら三人。
2017/06/11 14:17
「承知しました。これから「騎乗 - ライディング」講習を始めます!」
2017/06/11 14:17
少年は3頭綺麗に等間隔に並べて立たせて、そう言った。
2017/06/11 14:17
「こちらに乗馬して、このトラックを十周してみてください!成功すれば「騎乗 - ライディング」レベル1がつきます!」
2017/06/11 14:17
と、少年が言った。
2017/06/11 14:17
「それはおもしろそう!!」
2017/06/11 14:17
サラが笑顔でそう言いながら、屈伸を始めた。
2017/06/11 14:17

◆作者をワンクリックで応援!

0人が応援しました。

◆コメント欄は未記入でもOK! 公開されないのでお気軽に。

ページトップへ