ギルド!~お仕事斡旋いたします~

お仕事斡旋カウンター

エピソードの総文字数=1,376文字

【ギルド職員】

「いらっしゃいませ。本日はどのようなお仕事をお探しですか?」

【ルシェ】(見本)

「あの……僕にも出来る簡単な仕事ってある……?」

【ギルド職員】

「では、こちらの町の中にある一軒屋の地下室のお掃除はいかがでしょうか? ちょっとしたモンスターも出るようですが、初心者でも簡単に倒すことができますよ。報酬は700リン、期限は一週間となっております」

【ルシェ】(見本)

「お掃除だったら僕にもできそう! 行ってみる!」

【ギルド職員】

「かしこまりました。それではこちらは依頼票となりますので、こちらを持ってその一軒屋へ向かってくださいね」

【ルシェ】(見本)

「わかった! ありがとう! いってきまーす!」

【ギルド職員】

「いってらっしゃいませ。
次の方どうぞ」

【フラメイ】

「修行をしに来た。中型以上の討伐を受けたい……と本来なら言いたいところだが。
最近腕がなまっていてね。討伐でなくとも護衛でもいい。
何か肩慣らしができる依頼はないかな?」

【ギルド職員】

「いらっしゃいませ。
では、この町からちょっと辺鄙な場所へ行く商人の護衛はいかがでしょうか?
道中にはゴブリンなどの小型のモンスターがいるようです」

【フラメイ】

「ゴブリン……書物でしか知らないな」
(ふふ。ついでに色々見れそうだ)

「では、それを頼もう」

【ギルド職員】

「承知いたしました。
それではこちらが依頼票となります。
お気をつけていってらっしゃいませ」

【フラメイ】

「了解だ。感謝する」

【ギルド職員】

「次の方、どうぞ」

【ザーフリー】
誰かの護衛で、
なおかつ強いモンスターと戦えるような依頼を。
あ、依頼請負人の名前はミラクルマン名義でお願いします。
その仲間の代わりに依頼を受けに来たんです。

【ギルド職員】

「それでは、領主の護衛と討伐任務はいかがでしょうか?
危険地帯への見回りと危険モンスター討伐をしたいため、腕が立つものを探しております。
危険地帯は湿地帯で、主に出没するモンスターはリザードマンやビッグナメクジとなっているのですが……最近、ここにリザードマンジェネラルというかなり強く他のリザードマンを統率するモンスターが出没したそうなんです」

リザードマンジェネラル、か……。

わかった。それにするよ。

【ギルド職員】

「かしこまりました。では、こちらが依頼票となります。
お気をつけて、いってらっしゃいませ」

【ギルド職員】

「次の方、どうぞ」

【クランジェ】

襲撃任務がほしい。

一応依頼請負人は私名義だが、もう1人仲間がいるからな。

できれば、強いやつがいいのだが。

【ギルド職員】

「襲撃任務でございますか……。
では、盗賊団の討伐はいかがでしょうか?
最近、首都でうわさになっている団でして……かなり危険です。
盗みに入った家は老若男女問わずすべての人を虐殺しています。
被害も相当なのですが、問題はその団が今まではぱっとしない団だったことですね。
何か強力な力を得たのではないかと目されています。
その盗賊団を壊滅していただくお仕事となります。
アジトはわかっていますので、そこへ襲撃をかけていただければ……。
いかがでしょうか?」

【クランジェ】

なるほど…受けさせてもらおう。

盗賊団への襲撃に対する対価に見合うだけの戦果は出す。勿論のことだが。

【ギルド職員】

「では、こちらが依頼票となりますので、お持ちください。
お気をつけていってらっしゃいませ」

ページトップへ